ソフトウェア開発

Androidアプリ開発で作れるゲームとは?

Androidアプリ開発で作れるゲームとは?

本記事では、Androidアプリ開発で作れるゲームについて解説しています。また、必要なスキルや知識の解説も行っています。

Androidアプリ開発に興味がある方はぜひ参考にしてください。

Androidアプリとは

Androidアプリとは、AndroidのOSを搭載するモバイル端末に向け、開発されたアプリのことです。基本的には、Androidを搭載したスマートフォンやタブレット端末での利用を目的に開発されています。しかし、最近ではAndroidを搭載したデジタルカメラなどの製品も販売されており、このような製品でも利用が可能です。

Androidアプリの利用方法は、Androidを搭載したモバイル端末のGoogleplayから利用したいアプリをダウンロードします。その後、ダウンロードしたアプリのアイコンをタッチすることで利用可能です。利用が簡単なことからAndroidアプリは、現在世界中で多くの方にシェアされています。

また、Androidは2003年にアメリカのカリフォルニア州に携帯電話向けソフトウェアプラットフォームとしてGoogleによって設立されました。Androidは、Linuxカーネルやオープンソースソフトウェアをベースとして開発されており、2022年現在30億を超えるアクティブデバイスが存在しています。

androidのOSを搭載したアクティブデバイスの競合は、AppleのiOSのデバイスです。それぞれが高い技術を持っているため、今後さらにモバイル端末の進化が期待できます。

Androidアプリ開発に必要な知識やスキル

Androidアプリの開発には専門的な知識やスキルが必要不可欠になります。そこでここでは、Androidアプリを開発するために必要な知識やスキルについて解説していきます。Androidアプリを開発するために必要な知識やスキルは以下の通りです。

  • システム開発スキル
  • プログラミングスキル
  • データベースの知識
  • フレームワークの知識
  • ビジネススキル
  • 情報収集スキル

システム開発スキル

Androidアプリを開発するために必要な1つ目の知識やスキルは、システム開発スキルです。Androidアプリの開発にかかわらず、アプリ開発などのエンジニア業務ではシステム開発スキルが必要不可欠になります。

なぜなら、アプリ開発は基本的にチームで行うため、全員がシステム開発スキルを理解している必要があるからです。

そのため、エンジニア業務ではシステム開発スキルを理解していることが必須であり、アプリ開発を円滑に進めるためにはとても重要になります。特に、システム開発のスキルは、アプリの設計や動作テスト、運用、保守などといった工程に必要になるため、システム開発スキルがなければ、アプリ開発を行えません。

このようなことから、Androidアプリを開発するためには、システム開発スキルがとても重要になります。

プログラミングスキル

Androidアプリを開発するために必要な2つ目の知識やスキルは、プログラミングスキルです。Androidアプリなどの端末アプリやWebアプリなどを開発する際にプログラミングスキルは必要不可欠なスキルになります。なぜなら、プログラミングにより、アプリの内部構造や外部構造を構築するからです。

プログラミングスキルがなければアプリの開発が行えません。そのため、Androidアプリ開発を行うためにはプログラミングスキルが必要不可欠になります。特に、Androidアプリ開発では「Java」、「Kotlin」のスキルが必要です。

Javaは、難易度が高いプログラミング言語であるため、習得に苦戦する可能性が高いです。そのため、Androidアプリを開発しながら、習得していくことで、挫折する可能性が軽減します。

Kotlinは、Androidアプリ開発の公式言語に選ばれているプログラミング言語です。そのため、Androidアプリ開発を行うためには必須なスキルになります。Javaと比べると難易度が低いため、習得しやすく、Javaとの相互利用が可能になっています。

また、「Android Studio」を利用することでアプリ開発を高速化できます。Android Studioとは、Androidアプリを開発するための公式開発ツールであり、JavaとKotlinをツール内で使用可能です。このようなことから、Androidアプリを開発する際には、Android Studioを利用することで、自分の理想のAndroidアプリ開発を行えるようになります。

データベースの知識

Androidアプリを開発するために必要な3つ目の知識やスキルは、データベースの知識です。アプリ開発は、システム開発スキルやプログラミングスキルだけでは対応できません。

そこで、データベースの知識があることでネットワーク上にあるデータをわかりやすく保存できるようになります。そのため、欲しいデータを即座に見られるようになるため、開発効率の向上につながります。

また、データベースの知識を習得することで、ネットワーク上にある新しい情報に触れる機会が増えます。そのことにより、新技術への対応も可能になるため、アプリ開発を行う際には、データベースの知識を習得することが重要です。

フレームワークの知識

Androidアプリを開発するために必要な4つ目の知識やスキルは、フレームワークの知識です。フレームワークとは、アプリ開発を行う際の骨組みのようなものです。アプリ開発を行う際に利用することで作業の工数が削減されるため、開発を効率的に行えます。また、チームで開発する際に共通のコードで統一できるため、フレームワークの知識はとても重要になります。

ビジネススキル

Androidアプリを開発するために必要な5つ目の知識やスキルは、ビジネススキルです。「アプリ開発とビジネススキルはあまり関係ないのでは?」と思う方もいるでしょう。しかし、アプリを開発した後にユーザーにシェアしてもらうためには、ユーザーのニーズ調査などが必要になります。その際に必要になる知識やスキルがビジネススキルです。そのため、アプリのニーズ調査などのためにビジネススキルが必要になります。

 

情報収集スキル

Androidアプリを開発するために必要な6つ目の知識やスキルは、情報収集スキルです。アプリ開発を行うIT業界は、日々目まぐるしく進化しています。例えば、現在利用されている手法が数か月後にはあまり利用されなくなるということもあります。そのため、情報収集を行い、最新の知識を知っておくことが重要です。

また、アプリ開発の際に情報収集が行えなければ、非効率的な開発を行ってしまうことやユーザーのニーズに応えていないものを開発してしまうということもあります。このようなことから、アプリ開発を行う際には、情報収集スキルがとても重要になります。

Android Studioによって開発できるゲームとは

Androidアプリ開発によってさまざまなアプリが開発できます。また、Android Studioを利用することで効率的な開発が可能になります。そこでここでは、Android Studioによって開発できるゲームを紹介していきます。

Android Studioによって開発できるゲームは、JavaやKotlinで開発できるゲームになります。Javaで開発された有名なゲームは「マインクラフト」です。しかし、マインクラフトのようなゲームを開発するのはとても困難になります。また、JavaとKotlinは汎用言語であるため、複雑な構造のゲーム開発には向きません。

そのため、Android Studioを利用し、JavaとKotlinでゲームを開発する際には、「クイズゲーム」や「じゃんけんゲーム」、「トランプゲーム」など単純なゲームがおすすめです。このようなことから、Android Studioはゲーム開発にはあまり向いていないツールになっています。しかし、Android端末用のアプリの開発を効率的に行えるため、Androidアプリ開発を行いたい方にはおすすめです。

本格的な端末ゲームアプリの開発を行いたい場合には、「C++」や「C#」、「Java Script」などのプログラミング言語を習得することがおすすめになります。

アプリ開発の個別指導なら『Tech Teacher』

このBlogを運営するTech Teacherは、プログラミングを学習する大学生、社会人を対象に、初心者から挫折した人まで、一人ひとりの目的や学習状況にあわせた個別指導を行っています。

また、オンライン指導も選べるので、自宅でも対面でも受講できます。60分の体験授業も行っております。

以下のボタンからAndroidアプリ開発講座についてさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

本記事では、Androidアプリ開発で作れるゲームについて解説しました。Androidアプリ開発によってゲームを作る際には、Android Studioを利用することがおすすめです。また、本格的な端末ゲームアプリの開発を行いたい場合には、「C++」や「C#」、「Java Script」などのプログラミング言語を習得することがおすすめです。

【参照】