スキルアップ

【初心者向け】C言語は難しい?効率的な上達方法を解説します!

C言語を上達したいと思っても、中々上達しない人は多いのではないかと思います。

C言語はプログラミング言語の中でもかなり難しい分類です。特にポインタは初心者にとってややこしいものであり、挫折する人が多くいますね。

そこで本記事では、C言語の効率的な上達方法について解説します。C言語の特徴やおすすめの勉強方法を詳しくまとめました。

C言語を勉強中の方は、本記事が参考になるでしょう。ぜひ本記事を最後までお読み頂ければと思います。

C言語の特徴

C言語は1972年に登場したプログラミング言語です。
50年近く現役で活躍し続けている言語でもありますね。C言語は、Webアプリやロボット開発など、様々な分野で活躍しています。

そんなC言語には主に3つの特徴があります。

  • 習得難易度が高い
  • 色々な言語の元になっている
  • 実行速度が速い

1つ1つの特徴について詳しくみていきましょう。

習得難易度が高い

C言語は、習得難易度が高い傾向があり、初心者の多くが途中で挫折してしまいます。C言語は言語の性質上、エラーが出てもエラーの箇所を特定しにくいです。
そのため、本当は問題あるのに、表面上ちゃんと動いているときがあります。

また、C言語にはポインタというものもあり、これも初心者の多くを悩ませてきました。このような理由で、C言語は難しいと言われているのです。

色々な言語の元になっている

C言語は、様々な言語の土台になっているのも特徴です。

たとえば、C++という言語はC言語にオブジェクト指向を取り入れて作られました。
そのため、Cを知っているとC++の取得が容易になるメリットがあります。

またC#という言語は、C++とJavaを元に作られました。C#はゲーム開発やWebアプリ開発などに使われており、求人数が豊富な言語でもあります。

このように、色々な言語の元を辿るとC言語にたどり着くことがあるのです。
それだけ、C言語がプログラミング言語として完成度が高いためでしょう。

実行速度が速い

C言語はコンパイラ言語であるため、実行速度が速いのも特徴です。
コンパイラ言語とは、ソースコードを機械語に一括翻訳してから実行する言語のこと。一括で翻訳するために実行が速いのです。

プログラミング言語の中には、インタプリタ言語というものもあります。インタプリタ言語は、ソースコードを1行ずつ機械語に翻訳する形式を取っているため、処理速度が遅いです。

C言語は速度が速いため、リアルタイム処理が必要な場面などで多く使われています

C言語を上達させるコツ

C言語は上達が難しい言語と言われています。
しかし、それでも工夫次第でC言語を着実に上達させることは可能でしょう。上達のコツは次の3つです。

  • 基礎的な文法をまずは理解する
  • ポインタを理解する
  • 難しいなら他の言語から勉強する

これらのコツを意識すれば、C言語の上達が早くなりますよ。1つ1つのコツについて詳しく解説します。

基礎的な文法をまずは理解する

まずは参考書などでC言語の基礎的な文法を理解しましょう。「Hello World」の出力から始まり、ifやwhile、forなど各構文を1つずつ理解していきます。

途中で分からなくなったら、前の単元に戻って復習し直した方が良いです。C言語は難しいため、短期間で一気に攻略するのは至難の技ですので、ゆっくり理解していった方が良いでしょう。

ポインタを理解する

C言語を上達させる上で問題となるのが、ポインタという概念ですね。
ポインタとは、変数のアドレスを記憶するためのものです

ポインタを厳密に理解するには、ハードウェアに関する理解も要求されます。そのため、初心者にはハードルが高いものとなっているのです。

また、ポインタは長めのソースコードを書くようになって、初めて便利さを実感できるものです。そのため、始めのうちは「ポイントは本当に必要?」と疑いながら勉強していくことになり、モチベーションを保ちにくいときがあります。

ポインタのみを集中的に解説している参考書もあるので、そういうものを使って勉強していきましょう。

難しいなら他の言語から勉強する

C言語がどうしても難しい場合は、他の言語から勉強するのも手です。
たとえば、PHPやPythonなどのWeb系言語は、C言語に比べとても簡単ですよ。開発環境を構築するのもすぐにできます。

また、C言語は最近、案件数が減ってきているのが現状です。C言語に拘る必要性は薄くなってきています。別の言語をマスターし、それからC言語に手を出しても、遅くはありません。

C言語でおすすめの学習方法

最後に、C言語のおすすめの学習方法を解説します。

  • 参考書を買って勉強する
  • paizaで練習問題を解く
  • プログラミングスクールに通う

これら3つのやり方で学習すると、より効率的にC言語が習得できます。1つ1つの学習方法について、詳しく解説しましょう。

参考書を買って勉強する

もっとも王道の方法は、参考書を購入して勉強することでしょう。C言語は昔からある言語のため、参考書の量が豊富です。

ただし、参考書の中には上級者向けだったり、解説が分かりにくかったりするものもあります。イラストや図が多く使われ、説明も分かりやすい参考書を選びましょう

Amazonなどのレビューを参考に、自分に合った参考書を見つけていくと良いです

paizaで練習問題を解く

C言語は難しい言語であるため、参考書を読んだだけでは理解が不十分であることも多いです。ある程度文法を覚えたら、次は練習問題を解いていきましょう

おすすめは、paizaというサイトを使うことです。paizaにはプログラミングの練習問題が数多くあります。paizaの問題を全部解けるようになれば、プログラミング中級者レベルでしょう。

プログラミングスクールに通う

独学では難しかったり、モチベーションが続かなかったりする人も多いです。そんな方は、プログラミングスクールへ入会するのも検討しましょう。プログラミングスクールなら、分からないところを先生が丁寧に教えてくれます。

また、教室には一緒に勉強する仲間もいるので、学習のモチベーションを保ちやすいです。とはいえ、プログラミングスクールは結構な高額です。ひとまず独学で勉強してみて、難しそうならプログラミングスクールの利用を考えましょう。

プログラミングの家庭教師『Tech Teacher』


引用元:Tech Teacher

「スクールに通い続ける自信がない…」
「時間がなくてスクールに通えない…」

そんな方にはプログラミングの家庭教師『Tech Teacher』がおすすめです。
Tech Teacherはマンツーマン指導なので、生徒様一人ひとりに最適な指導を行うことができます。また、オンライン指導も可能なので、全国どこにいても家庭教師の授業を受けることができます。

Tech Teacherの3つの特徴


生徒様に最適化されたマンツーマン指導
完全マンツーマンの指導なので、生徒様の目的・学習状況・ご要望に合わせて、最適な指導をご提供いたします。

指導力・人柄・相性の優れた教師のご紹介
Tech Teacherには採用率20%の選考を突破した、指導力の高い教師が在籍しています。また、選考では指導力だけではなく人柄も重視しております。

1,000人の教師が在籍!幅広い指導に対応可能
業界トップレベルの1,000人の教師が在籍しています。そのため、幅広い言語・ツール・目的に対応することができます。

家庭教師ならではの5つの魅力


オーダーメイドのカリキュラム
生徒様一人ひとりに習熟度・目的・期間に応じて最適なカリキュラムを提供いたします。

きめ細やかなフォローが可能
生徒様からのご要望にきめ細やかに対応し、学習計画や勉強法などの指導もできるので、普段の勉強も捗ります。

習い事・学業・お仕事との両立が簡単
教室に通う必要がないので親御様の送迎も不要です。授業時間・頻度を生徒様のご都合に合わせて自由に調節することができます。

自分のペースで進められる
生徒様の理解度や意欲に応じて授業のスピードを調節できます。不明点や疑問点は都度立ち止まって解消できるので、着実に理解して進むことができます。

すぐ質問できるから挫折しない
先生を独り占めできるので、周りの目を気にすることなく分からないところをいつでも質問できます。

Tech Teacherへのお問い合わせ

無料体験授業・資料請求のお問い合わせはこちらから

質問のみのお問い合わせも受け付けております。

まとめ

本記事ではC言語の上達方法について解説しました。C言語の特徴や、なぜC言語が難しいと言われているか、などがお分かり頂けたでしょうか。

C言語はプログラミング言語の中でも難しいため、中々理解できなくても、落ち込む必要はありません。1つずつ、着実に理解していくことが肝心です。

どうしてもC言語が難しい場合は、他の言語から勉強してみるのも良いでしょう。特にWeb系の言語なら、文法が平易に作られており、習得は難しくありません。

本記事がC言語を上達させたい方にとって、有意義なものとなれば幸いです。