挫折

プログラミングが理解できない?6つの原因と6つの解決方法を解説!

プログラミングの勉強を進めても、理解できない壁に当たってしまい、勉強を挫折してしまう人は多いです。プログラミングの挫折率は90%と言われています。ほとんどの人はプログラミング学習を途中で諦めてしまいます。

しかし、プログラミングが理解できない原因を突き止め、正しい方法で解決すれば、その壁は乗り越えられることが多いです。とはいえ、正しい解決方法が分からないという方は大半なのではないでしょうか。

そこで本記事では、プログラミングが理解できない原因、解決策についてまとめました。本記事を読むことで、プログラミングが理解できない問題を解決することが可能ですよ。

プログラミング学習につまずいている方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

プログラミングが理解できない6つの原因

プログラミングが理解できない原因は、人それぞれです。
以下に理解できない原因の代表的なものをまとめました。この中に自分が該当しているものがないか、確認してみてください。

  • 自分はプログラミングができないと決めつけている
  • 英語が理解できない
  • エラーを解決方法が分からない
  • オブジェクト指向が難しい
  • ポインタが難しい
  • 暗記しようとしている

これらの原因は未経験者がよりつまずきがちな部分ですので要注意です。
1つ1つのプログラミングが理解できない原因について、詳しく解説していきましょう

①自分はプログラミングができないと決めつけている

意外にも多いのが、自分はプログラミングができないと決めつけているパターンです。
文系だから、数学が苦手だから、理解力がないからと、心のどこかで諦めてしまっている人は多いのではないでしょうか。

プログラミング学習で大事なのはまず自信を持つことです。自信を持って取り組むことで、どんどん新しいことを学ぶ意欲が湧いてきます。
逆に自信がないと、ソースコードを読むのに抵抗が出てくるなど、勉強が思うように進まなくなってしまうこともあるでしょう。

プログラミング学習に才能は必要ありません。必要なのは一定の学習時間と正しい学習方法です。そのことを念頭に入れて学習を進めていきましょう。

②英語が理解できない

英語が理解できずに、プログラミング学習で躓く人も多いです。プログラミングは至る所に英語が使われていますよね。「if文」や「while文」もそうですし、実行時のエラー文も全て英語で書かれていますね。

そのため、英語に苦手意識があると、プログラミングを拒絶してしまう可能性があるのです。特にエラー文の意味が分からないと、エラーがいつまで経っても解決できず、勉強が進まなくて嫌になる可能性が高いですね。

英語が理解できないというパターンも非常に多いです。

③エラーを解決方法が分からない

プログラミング学習で多くの人が躓くのが、エラーの解決方法です。プログラミングのソースコードは一文字でも間違うと、エラーが出てしまって動くことがありません。

たとえば、参考書のソースコードを書き写す際に「{」を付け忘れてしまってエラーが出ることがあります。「{」を付け忘れていたことに気が付かず、エラー文に1時間も格闘してしまうことはよくありますね。

エラー文の解決に時間がかかりすぎると、プログラミング学習が面倒になってしまいがちです。

④オブジェクト指向が難しい

プログラミングの中でも難しいのが、オブジェクト指向を理解することです。
オブジェクト指向とは、関係性のあるデータをひとまとめにする考え方のことであり、オブジェクト指向を使うことで、プログラムの修正が楽になります。

オブジェクト指向は実務を経験する段階になって、始めて便利さが分かるものです。
そのため初心者の間は、「なんでこんなややこしい書き方するんだろう」と疑問に感じてしまいがちですよね。

加えて、オブジェクト指向は結構複雑で、理解するまで大変です。
正直、エンジニアの方でもちゃんと理解していない人はいます。理解してしまえば便利なのですが、理解するまでに時間を有するのがオブジェクト指向です。

⑤ポインタが難しい

プログラムの中でも難しい概念に、ポインタというものがあります。ポインタはC言語やC++で使われるものです。ポインタを理解できず、C言語などを挫折してしまう人は多いです。

ポインタをしっかり理解するには、コンピュータの内部処理まで知っておく必要があります。しかし、情報工学の大学に通うか、基本情報技術者試験の合格を目指すかしないと、コンピューターについて学習する機会はないでしょう。

ポインタは、今でも初心者プログラマーにとって大きな壁となっているのです。

⑥暗記しようとしている

プログラミングの文法や関数名などを暗記しようとしている人がいます。暗記しようとすると、覚えることが多すぎて、大抵挫折してしまいますよ。

プログラミングは暗記するものではありません。ベテランエンジニアであっても、全ての関数名を覚えていることは少なく、開発しながらその都度検索して調べることが普通です。

プログラミングは暗記するものではなく、理解するものですので、そこを間違えないようにしましょう。

プログラミングが理解できないのを克服する6つの方法

プログラミングが理解できないのを克服する、具体的方法をまとめました。

方法は全部で6つです。

  • まずは分からない部分を明確化する
  • プログラミングスクールに通う
  • ドットインストールを使う
  • 簡単なプログラミング言語から始める
  • エラー文はまず日本語に翻訳して考える
  • 質問サイトを利用する

これらの方法を実践することで、プログラミングが理解できない問題を解決することができます。普段の学習に取り入れられるものがあれば、ぜひ実践してみてください。

1つ1つのプログラミングが理解できないのを克服する方法について、詳しく解説します。

①まずは分からない部分を明確化する

始めにやるべきことは、分からない部分を明確化することです。なぜなら、分からない部分が分からない、というのに陥ると、中々抜け出すことができなからです。

自分の普段の勉強を振り返り、どの部分が分からないか紙に書き出してみましょう。紙に書くことで、どこが分からないのか明確化されやすいです。

②プログラミングスクールに通う

プログラミングが理解できないという方は、プログラミングスクールに通うのも手です。
プログラミングスクールでは先生が分からないところを1から教えてくれるので、挫折する人がぐっと減ります。

また、プログラミングスクールでは学習のカリキュラムを組み立ててくれるため、効率的に学習することが可能です。

ただし、プログラミングスクールは料金が高いです。
また、一口にプログラミングスクールと言っても、質の高いもの、低いものがあります。基本的には独学で学習を進め、どうしても難しい場合にスクールを利用しましょう。

③ドットインストールを使う

理解できない項目があるなら、ドットインストールを使うのがおすすめです。
ドットインストールとは、動画を使って学習できるサービスであり、月額1,000円程度で学ぶことができます。

動画内では実際にソースを書いて実行してくれるため、プログラムのイメージが湧きやすいです。参考書で勉強しても上手くいかない方は、ドットインストールのような動画学習サイトを利用するのがおすすめです。

④簡単なプログラミング言語から始める

まずは簡単なプログラミング言語から、始めるのも基本です。
たとえばC言語は、ポインタなど初心者がつまずきやすいポイントが多く難しいです。しかし、PHPやPythonなどは簡単な言語として知られています。

比較的最近リリースされたプログラミング言語は、初心者でも理解しやすいように作られています。代表的な簡単な言語は次の通りです。

  • PHP
  • Python
  • Ruby
  • Kotlin
  • Swift

こういったプログラミング言語を先に勉強するのがおすすめです。1つの言語をマスターすれば、別の言語を勉強するときもスムーズになります。

⑤エラー文はまず日本語に翻訳して考える

初心者の多くを挫折させてきたのがエラー文です。エラー文はまず日本語に翻訳して考えるのが良いです。

英単語の意味は「{単語名} 意味」で検索すれば、すぐに日本語訳が出てきますので、わざわざ辞書を使う必要がありません。一々辞書を使うと学習が面倒になってしまいがちです。

エラー文はそこまで複雑な構文も使われていないため、単語の意味さえ分かれば書いてあることは理解できます

⑥質問サイトを利用する

質問サイトを利用するのも、プログラミング学習のコツです。質問サイトに分からないことと、自分の開発環境を書き込めば、有志の方が教えてくれることがあります。

質問は無料でできる訳ですし、これを利用しない手はありません。質問サイトを利用したことがない方は、一度使ってみるのをおすすめします。

プログラミングの家庭教師『Tech Teacher』


引用元:Tech Teacher

「スクールに通い続ける自信がない…」
「時間がなくてスクールに通えない…」

そんな方にはプログラミングの家庭教師『Tech Teacher』がおすすめです。
Tech Teacherはマンツーマン指導なので、生徒様一人ひとりに最適な指導を行うことができます。また、オンライン指導も可能なので、全国どこにいても家庭教師の授業を受けることができます。

Tech Teacherの3つの特徴


生徒様に最適化されたマンツーマン指導
完全マンツーマンの指導なので、生徒様の目的・学習状況・ご要望に合わせて、最適な指導をご提供いたします。

指導力・人柄・相性の優れた教師のご紹介
Tech Teacherには採用率20%の選考を突破した、指導力の高い教師が在籍しています。また、選考では指導力だけではなく人柄も重視しております。

1,000人の教師が在籍!幅広い指導に対応可能
業界トップレベルの1,000人の教師が在籍しています。そのため、幅広い言語・ツール・目的に対応することができます。

家庭教師ならではの5つの魅力


オーダーメイドのカリキュラム
生徒様一人ひとりに習熟度・目的・期間に応じて最適なカリキュラムを提供いたします。

きめ細やかなフォローが可能
生徒様からのご要望にきめ細やかに対応し、学習計画や勉強法などの指導もできるので、普段の勉強も捗ります。

習い事・学業・お仕事との両立が簡単
教室に通う必要がないので親御様の送迎も不要です。授業時間・頻度を生徒様のご都合に合わせて自由に調節することができます。

自分のペースで進められる
生徒様の理解度や意欲に応じて授業のスピードを調節できます。不明点や疑問点は都度立ち止まって解消できるので、着実に理解して進むことができます。

すぐ質問できるから挫折しない
先生を独り占めできるので、周りの目を気にすることなく分からないところをいつでも質問できます。

Tech Teacherへのお問い合わせ

無料体験授業・資料請求のお問い合わせはこちらから

質問のみのお問い合わせも受け付けております。

まとめ

本記事では、プログラミングが理解できない原因と解決方法について解説しました。どうすればプログラミングが理解できない原因を解決できるか、お分かり頂けたかと思います。

プログラミングは確かに習得は容易ではなく、挫折率の高さがその難しさを表していると言えるでしょう。
しかし適切な方法で学習を進めていけば、そこまで難しいものでもありません

本記事でまとめたことを参考に、プログラミングが理解できない問題を解決してみてくださいね。