挫折

プログラミングができない場合辞めるべき?記事に答えがあります

「プログラミングできない、辞めたい」と考えている人は、結構多いかもしれません。
勉強したての頃は楽しくても、徐々に難しくなってくると、勉強が辛くなってくる人は多いです

勉強が辛い方は学習方法を見直してみるのがおすすめです。
しかしそれでも、どうしても辞めたい方もいるでしょう。ただ、辞めたくてももう就職してしまっていて、辞めるのに抵抗ある人もいますよね。

そこで本記事では、プログラミングができなくて辞めたい方へ、どうすべきか提案を行います。辞めたい場合の対処方法と、プログラミングを辞める際の不安の解消方法、辞めた後に仕事の探し方などを解説できたらと思います。

プログラミングが辛いという方は、本記事に解決方法が隠されているかもしれません。ぜひお読みください。

プログラミングができなくて辞めたいとお悩みの方へ

プログラミングができなくて辞めたい方へ、まず言っておくべきことをまとめました。まずはこちらをお読みください。

辞めたいと思ったら辞めてもよい

結論を先に言うと、プログラミングの勉強は辞めたいと思ったら辞めるべきです。どうしても辛いなら、無理をすることはありません。その理由は次の4つです。

  • 楽しくないことは続けない方が良い
  • 辛いままプログラミングをやっても上達しない
  • 3年勤める必要はない
  • 他にも仕事はある

1つ1つの理由について詳しく解説していきましょう。

楽しくないことは続けない方が良い

何事も楽しくないことを続けるのは良くありません。
楽しくないことを続けるのは、時間を無駄にしているとも捉えられます

特にプログラマーの場合、ずっと勉強を続けなくてはいけません。自分でアプリやサイトを作れるようになっても、まだまだ学ぶことはあります。

それに、技術というのはどんどん新しいものに変わっていきます。勉強した身につけた技術が古くなったら、新しいことを勉強しなくてはいけません。

こういった理由で、楽しくないことは続けない方が良いと言えます。プログラミングが楽しくないなら、別の仕事にチャレンジするのも良いでしょう。

辛いままプログラミングをやっても上達しない

辛いままプログラミングをやっても上達はせず、中々会社に貢献することができません。

プログラミングができる先輩などは、本当の楽しくてやっている場合が多いです。家に帰ってからも自分でサービスを作っている場合もあります。

そういった人に追いつこうと思ったら、楽しくないと難しいでしょう。

3年勤める必要はない

よく「最低でも3年は勤めないといけない」と言われることがあります。
たしかに3年勤めないと、スキルは身につきませんし、自分に向いているかも分からないので、一理あると言えるでしょう。

ただ、本当に楽しくないなら「3年」という時間に拘る必要はないです。1年以内で辞めても問題はありません。

他にも仕事はある

プログラマーを辞めても、他に仕事は世の中に山程あります
プログラマーも人手不足ですが、建設業界や飲食店、介護職も同じくらい人手不足です。こういった仕事なら、そこまで転職は難しくないでしょう。

こういった仕事にブラックなイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実際は職場によって労働時間や労働環境は異なります

また、その他の職種にも転職は可能です。特に若い内でしたら、そこまで心配することでもないと思います。

ただし辞めたい理由を分析すること

ただし、プログラミングを辞める上で1つ注意点があります。それはプログラミングを辞めたい理由を、きちんと分析することです。

辞めたい理由がぼんやりしたまま辞めるのは良くありません。
なぜなら、その理由を解決できない仕事に就いてしまえば、また早期退職することに繋がるからです。早期退職は一度目ならともかく、二度目以降はその後の転職が厳しくなっていきますよ。

たとえば、「椅子に長時間座るのが苦痛」という理由でしたら、デスクワークの仕事は次に選ばない方が良いでしょう。

プログラミングを辞めたい理由には、他にもこういったものがあると思います。

  • 納期を守るのが辛い
  • 残業時間が長い
  • 勉強が辛い
  • 英語が分からない
  • エラー解決がしんどい

納期を守るのが辛いや、残業時間が長い、などは、プログラミングを辞めなくても、会社を変えるだけで解決可能です。最近ではIT企業でも働き方改革に努めている企業は多く、そういった企業を探すと良いですよ。

他の理由に関しても、上司に相談するなどして、解決できることはあるかもしれません。
どうしても解決が難しいと判断したら、プログラミングを辞めるのが良いですね。

プログラミングを辞めても大丈夫!不安要素をなくします!

先程解説したように、プログラミングを辞めても問題はありません。しかしそうは言っても、色々不安はあると思います。そこで、不安の原因と解決方法について解説します。

  • 転職できるだろうか
  • 途中で投げ出したら根性ないと思われる
  • 今までの勉強が無駄になる

これら3つの不安の解決方法を紹介していきます。不安要素をなくしたい方はぜひお読みください。

不安要素①転職できるだろうか

転職できるだろうか、と不安を感じる方は多いのではないでしょうか。
特にプログラマーを1年程度で辞めると、「どうしてプログラマーを辞めたんですか」と面接で聞かれるのが不安という人はいるはずです。

若い方でしたら、転職できないことにそこまで不安を感じることはありません。人手不足の仕事は山程ありますし、IT企業に入社できる程の人材ならそこまで難易度は高くないでしょう。

ただ、転職先を決めてから転職する方が良いですね。転職先を決めてから辞めれば、空白期間を全く作ることなく、次の職場に移れます。
また、仕事を辞めることに関して不安を感じず、堂々と辞めることができるでしょう。

とはいえ、プログラマーは忙しいことも多く、転職活動との両立が難しいことがあるのも事実。ハローワークにも中々通えない方が多いと思います。

そこで、「リクナビNEXT」などの求人サイトを使いスピーディーに転職活動するのが良いです。転職サイトを使えば、空き時間にサクッと転職活動できます。転職サイトは求人が探しやすくなっている上に、ボタン1つで求人に応募することができますよ。

また、求人サイトには「スカウト機能」も存在します。求人サイトにプロフィールを登録しておくと、企業側からスカウトメールが来る場合があるのです。スカウトされれば、自分から仕事を探す手間が省けます。こういった機能も活用すると良いでしょう。

このような方法を使って、転職活動をスピーディーに行うのがおすすめです。

不安要素②途中で投げ出したら根性ないと思われる

転職する際に周囲の目が気になる方も多いかと思います。1年目などで辞めたいと言った場合、上司から怒られたり、根性がないと言われたりするのを恐れている人もいるかもしれません。

ですが、これもそこまで気にする必要はないでしょう。根性があるかどうかは、プログラミングでは判断できません。プログラミングが楽しい人と楽しくない人がいるのは、当然のことだからです。

そのため、周囲からそのようなことを言われても、気にしないようにしましょう。

不安要素③今までの勉強が無駄になる

今までの勉強が無駄になってしまうことを心配する方もいると思います。特にプログラマーを長く続けたきた方なら、余計に思うかもしれませんね。

しかし、これもそこまで考える必要がありません。
なぜなら、IT分野は流行り廃りが激しく、どの道今まで勉強したことが数年後無駄になることはありえるからです。基本的に今役立たせるために勉強するのであって、将来もずっと使うために勉強するのではないのです。

そのため、今まで勉強したことが無駄になることは、気にする必要はありません。

また、プログラマー以外の仕事に就いても、プログラミングを通じて得た基本的な考えや論理的思考力や役立つことが多いです。
たとえば、分からないエラー文を検索して解決した経験は、他の仕事で問題点を解決するのに役立ちます。

他にも、論理的に考える力が身についていると、営業職などでもお客さん相手に道筋立てて商品の説明ができるでしょう。

こういった能力は、面接でアピールすることも可能です。プログラミングを1年、2年続けたということは、決して無駄にはなりませんよ。

不安要素④育ててくれた会社に申し訳ない

育ててくれた会社に申し訳ない、というのもよくある悩みだと思います。
たしかに会社からすれば、高い採用コストをかけて雇った人材には、早期退職しないで欲しいでしょう。

プログラマーは3年勤めて、ようやく会社に貢献できると言われています。1年目では、会社の役に立っていないことが多いのは事実ですね。

しかし、そもそも何のために働くかというと、会社のためではなく、自分のためのはずです。自分のやりたいことを犠牲にしてまで、会社に貢献する必要はないです。

また、プログラミングが楽しくないのであれば、上達スピードも遅くなり、中々会社に貢献することができません。むしろ辞めたい場合はすぐ辞めた方が、会社のためになる場合もあります

育ててくれた会社に申し訳ないと感じる場合は、こういったことを思い出してみましょう。

転職活動のコツ①自己分析ももう一度しっかり行う

早期退職する場合、大切なのが自己分析を今一度しっかり行うことです。自分が本当にやりたいことは何か、深く考え直す必要があります。

自己分析をする場合もう一歩踏み込んで、自分の今後のキャリアプランまで考えてみましょう。5年後、10年後、自分がどういうポジションについているか、を想像してみるのです。そうすることで、自分に本当に合う仕事が見つかりやすくなるでしょう

たとえば、営業職に転職する場合も、5年後も同じ仕事を続けていられるか、別の職種にキャリアアップした方が良いか、などを考えます。

このように、キャリアプランを細かく考えることで、自己分析を深く行うことができるでしょう。

転職活動のコツ②転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用するのもおすすめです。
転職エージェントに登録すると、担当者が1人自分についてくれ、自分に合った求人を紹介してくれます。自分の希望に合わせた求人を紹介してくれるので、ミスマッチを防ぐことができ、再度早期退職しないことに繋がりますよ。

さらに、転職エージェントの担当者は、自己分析も手伝ってくれます。転職のプロからみて、自分はどの仕事に向いているか、分析してくれるのです。

自分一人で自己分析しても主観的なものになりがちですよ。第三者の視点を加えることで、より自己分析が強固なものとなるでしょう。

こういった面からも、転職エージェントを使うのがおすすめです。第二新卒向けの転職エージェントもありますので、自分に合ったサービスを探してみてくださいね。

プログラミングの家庭教師『Tech Teacher』


引用元:Tech Teacher

「スクールに通い続ける自信がない…」
「時間がなくてスクールに通えない…」

そんな方にはプログラミングの家庭教師『Tech Teacher』がおすすめです。
Tech Teacherはマンツーマン指導なので、生徒様一人ひとりに最適な指導を行うことができます。また、オンライン指導も可能なので、全国どこにいても家庭教師の授業を受けることができます。

Tech Teacherの3つの特徴


生徒様に最適化されたマンツーマン指導
完全マンツーマンの指導なので、生徒様の目的・学習状況・ご要望に合わせて、最適な指導をご提供いたします。

指導力・人柄・相性の優れた教師のご紹介
Tech Teacherには採用率20%の選考を突破した、指導力の高い教師が在籍しています。また、選考では指導力だけではなく人柄も重視しております。

1,000人の教師が在籍!幅広い指導に対応可能
業界トップレベルの1,000人の教師が在籍しています。そのため、幅広い言語・ツール・目的に対応することができます。

家庭教師ならではの5つの魅力


オーダーメイドのカリキュラム
生徒様一人ひとりに習熟度・目的・期間に応じて最適なカリキュラムを提供いたします。

きめ細やかなフォローが可能
生徒様からのご要望にきめ細やかに対応し、学習計画や勉強法などの指導もできるので、普段の勉強も捗ります。

習い事・学業・お仕事との両立が簡単
教室に通う必要がないので親御様の送迎も不要です。授業時間・頻度を生徒様のご都合に合わせて自由に調節することができます。

自分のペースで進められる
生徒様の理解度や意欲に応じて授業のスピードを調節できます。不明点や疑問点は都度立ち止まって解消できるので、着実に理解して進むことができます。

すぐ質問できるから挫折しない
先生を独り占めできるので、周りの目を気にすることなく分からないところをいつでも質問できます。

Tech Teacherへのお問い合わせ

無料体験授業・資料請求のお問い合わせはこちらから

まとめ

本記事では、プログラミングができなくて辞めたい場合の対処方法を解説しました。不安要素を解決するコツや転職活動のコツがお分かり頂けたでしょうか?

プログラミングは辞めたい場合は辞めても問題ありません。特に若い方なら転職先は多くあります。

ただし転職する場合は、辞めたい理由をしっかり分析しましょう。辞めたい理由が分からないと、また転職を繰り返すことになりがちです。本記事が、プログラミングを辞めたい方にとって、有意義なものとなれば幸いです。