Uncategorized

【卒業研究】短期間でプログラミングの習得は不可能?必要な分野のみ学ぶ方法3選!

理系大学生の皆様、卒業研究は順調でしょうか?

プログラミングを卒業研究で扱う場合、研究の過程で当然不明点が出てきますよね。
しかし、プログラミング言語の習得は卒業研究における本質ではないため、あまり時間もかけられません。

プログラミング言語とは研究の負担にならない程度の短期間で習得できるのでしょうか?
もしできないのであれば、卒業研究においてプログラミングをどう解決していくべきなのでしょうか?

本記事では、卒業研究におけるプログラミングの解決法をご紹介します。
皆様のプログラミングの負担を軽減できるので、ぜひ最後までお読み下さい。

プログラミングを扱う卒業研究について

卒業研究でプログラミングを扱うことはあるのでしょうか?
多くの場合、情報学部の学生は何かしらプログラミングを用います

言語はC言語やJava、Pythonなどのメジャーなものが多く、論文のテーマは多岐に渡ります。
共通点としては、いずれも授業を超えたレベルのプログラミングが求められます

プログラミングを扱う卒業研究について一概に言えることは、“授業外でプログラミングレベルを高める必要がある”ということです。

短期間でプログラミングは習得できるのか?

では、卒業研究の期間にプログラミングを習得できるのでしょうか?
結論から申し上げます。短期間でのプログラミング言語の習得は不可能です。

プログラミング言語の習得に必要な時間の目安は以下の通りです。

初心者レベル(基本的な文法レベル):約200〜250時間

中級者レベル(現場で最低限のスキルレベル):約1000時間

上級者レベル(エンジニアレベル):約2700〜7000時間(3年の実務経験)

卒業研究で必要なスキルは中級者レベルでしょう。つまり、1000時間の学習時間が必要です。
仮に大学の授業である程度学んでいるとしても、180分(授業時間+予習復習)×30回(1年の授業回数)×3年間(大学1〜3年生)=16200分、つまり270時間程度でしょう。到底届きません。

では発想を転換させましょう。
全て学ぶことで不明点を生まないのではなく、不明点のみ部分的に解決するのです。
卒業研究においては、不明点の効率的な解決こそが要です。

プログラミングの必要な部分だけ学ぶ方法3選

では不明点の部分的な解決法には何があるでしょうか?
おすすめ度と共にメリット・デメリットをご紹介します。

書籍・YouTube おすすめ度☆

書籍・YouTubeは大学生が最も学習に使うツールでしょう。
しかし、結論として、書籍・YouTubeはプログラミングの授業外学習にはおすすめできません。理由は以下の通りです。

メリット

学習を始めるハードルが低い
初期費用も安く、ツールとしても使い慣れています。

デメリット

質問ができない
授業外学習のポイントとして、“教えてくれる人がいること”が一つあります。教える人が
いないと疑問点の解消が難しく、自身の学びたい部分をピンポイントで学べません。

学習の継続性が低い
誰とも関わらずに学習すると、挫折率が高くなります。「今日はサボろう…」という気持
ちの抑制が大切です。

質問サイト おすすめ度☆☆☆

質問サイトと言うと、Yahoo!知恵袋をイメージするでしょう。実はプログラミングに特化して、プログラミングに関する質問だけを集めるプラットフォームが存在します

プログラミング質問サイトについては以下で詳解しているので、是非ご覧ください。

メリット

手軽に質問できる
→インターネットで24時間どこからでも疑問点を解消できます。

低コストでピンポイントで学べる
→場合によっては無料のサイトもあり、自身の学びたい部分だけ学ぶには最も安価なツール
です。

デメリット

情報の信憑性が担保できない
→自身の質問に答えてくれた人が正しいことを言っているとは限りません。

ある程度の知識がないと、“何を聞けば良いのか分からない”現象が起きる
文章や画像だけで自身の疑問点を相手に伝える必要があります。

個別指導 おすすめ度☆☆☆☆☆

冒頭で述べた通り、本記事で最もおすすめするツールがプログラミング個別指導です。
何故なら個別指導の特徴が理系大学生の皆様のニーズに限りなく近いからです。以下をご覧ください。

メリット

・柔軟な学習ができる
時間も自由に設定でき、学習内容も学習者にあわせて柔軟に変えることができます。

・サービスの手厚さに対して価格が安い
→プログラミングスクールなどと比べて、大学生でも十分払える価格です。
また、サービス内容も「課題を教えてほしい」「分からない部分だけ学びたい」など大学
 生にあっています

デメリット

・意思が必要
→柔軟な学習ができる分、スケジューリングなど主体性が大切です。

大学生にマンツーマン家庭教師を行うTech Teacher

Tech Teacher本Blogを運営するTech Teacherは、大学生のプログラミング学習を一人ひとりに最適化された形の完全マンツーマン指導で提供します。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導

集団授業は周囲の生徒に進度を合わせる必要があったり、雰囲気に呑まれてしまったり…といったお悩みが多くあります。

完全マンツーマン指導ならプログラミングに没頭することができます。

決められたカリキュラムやコースがない

カリキュラムやコースが決められていると、教材の難易度が合わなかったり、やりたいことができなかったりといったお悩みがあります。

Tech Teacherでは、あえてカリキュラムやコースを用意せず、小学生のお子様の性格・目的・プログラミング経験などに合わせて講師や指導を調整します。

ご家庭様の負担を最小限にする柔軟なシステム

Tech Teacherは家庭教師形態のサービスであるため、例えば以下のような柔軟な対応が可能です。

オンライン/オフラインの選択が可能(送迎の必要なし!)

スケジュールを固定にする必要なし!不定期にすることが可能

月ごとに授業の頻度を変更することが可能

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プログラミングを扱う卒業研究には、外部ツールを用いて、自身の不明点を効率的に解決していくことが重要です。

そして、理系大学生には個別指導をお勧めします!
是非個別指導を活用して、卒業研究を進めて下さい。

皆様の卒業研究が素晴らしいものになることを願っております。
そしてTech Teacherがその一助になれたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。