Uncategorized

【IT人材】情報学部ならプログラミングは必須!課題ができない時の学習法4選!

情報学部の学生の皆様、プログラミング学習は順調でしょうか?
大学のプログラミング授業は難しいですよね…。

そもそも皆様は、情報学部におけるプログラミングの重要性、さらにはプログラミング学習自体のメリットをご存知でしょうか?
この2点をご理解頂くことで、プログラミング学習へのモチベーションが高まることでしょう。

本記事では、プログラミングの課題解決に必要なものから、情報学部におすすめのプログラミング学習法までご紹介しています。
最後までお読みいただくことで、プログラミングへのモチベーションを高め、ご自身に合った学習法を見つけて下さい。

情報学部のプログラミング授業事情

そもそも情報学部とは、高度情報社会の現代において、情報活用の仕組みや過程について、社会的あるいはシステム的側面から学ぶ場です。

現代の高度情報社会の主体は間違いなくインターネットで、そのシステムを構築しているのがプログラミングです。
つまり情報活用におけるシステム的側面の中核です。

必然的に、ほぼ全ての情報学部でカリキュラムにプログラミングが組み込まれており、到底避けられるものではありません。

具体的に、言語はC言語、Java、Pythonなどメジャーな言語が多く、課題は0からコーディングしたり、エラーを修正したりするなど多岐にわたります。

情報学部の就職事情

まず事実として情報学部の就職先は、図抜けて“IT業界”が多いです。

「IT業界と言えばプログラミング」のようなイメージの通り、IT業界の就職においてプログラミングスキルは間違いなく優遇されます。理由は主に以下の通りです。

・IT人材の不足
→IT人材は常に足りていません。どの企業も未経験の人材でも採用している程です。

・市場規模の拡大
→AIや機械学習など、今後の社会の発展を担っている技術の根幹にプログラミングがあります。プログラミング市場は益々拡大していきます。

・異業種、業界からの需要
→現在、あらゆる企業がDX化を課題に抱えています。IT業界への就職のみに留まらず、非常に汎用性の高いスキルになっています。

・育成コストの削減
→企業は常に、人材の育成コストに悩まされています。特にプログラミングは新卒の段階で習得している人がまだまだ少ないため、重宝されることでしょう。

情報学部のプログラミング授業事情と就職事情をご理解いただけましたか?

プログラミングを学ぶメリット

今までの説明と重複する部分もありますが、プログラミングを学ぶメリットは以下の通りです。

・卒業研究など、在学中の学習に困らない
→プログラミングは、理系学部の学習の基盤になります。完全に習得することで、
在学中の様々な課題に安定して向かうことができます。

・プログラミングスキル自体の将来性が高い
→人工知能や仮想通貨など、今後の世界の発展に欠かせない技術全てにプログラ
ミングは携
わっています。プログラミングが未来を作っていくと言っても過言
ではありません。

・就活に有利になる
理系の就職において最も優遇されるスキルの一つです。エンジニア人口が全く足
りていないので、就職市場における価値がかなり高くなります。

プログラミングの授業は大変かもしれませんが、それでも学ぶべきである、自身で習得する価値があると断言できます!

市場価値や将来性から逆算して自己研鑽する場合、理系大学生は真っ先にプログラミングを習得しましょう!

プログラミングの課題解決に必要なもの

では、プログラミングの課題解決に必要なものは何でしょうか?

本記事では3つの本質的要素を挙げます。

・時間
→外部ツールを使おうと、独学で学ぼうとプログラミングには非常に多くの時間を要します。自身が費やせる時間を認識することが大切です。

・お金
→プログラミング学習の外部ツールにはとにかくお金がかかります。現実的には自身の予算から学習ツールを決めることになるかもしれません。

・モチベーション
→プログラミングは非常に挫折の多い学習です。そして、その最大の理由がモチベーションの維持の難しさと言われています。

この観点から自身にあった学習法を選択してみて下さい。

おすすめのプログラミング学習法4選

結論、独学はおすすめしません。
何故なら独学とは、基本的知識を有した上で行う学習法、あるいは全てを一から体系的に学ぶ際の地道な学習法だからです。

例えば、中学一年生がいきなり英語を独学で学び始められるでしょうか?
例えば、簿記のような資格と量子力学のような学問では、どちらが体系的に学ぶことが難しいでしょうか?

読者の理系大学生の皆様にとって、直近の目的が授業の課題である場合、外部ツールを使うことを強くおすすめします!

それではおすすめ度と共にツールを紹介していきます。

プログラミングスクール おすすめ度☆☆☆

プログラミングと聞いて、真っ先に思いつく学習法がプログラミングスクールでしょう。
プログラミングスクールは、集団の学習塾のように講師が複数の生徒に対して授業をする形式で行われます。

メリット

・教える人の質が高い
→元エンジニアなど、プログラミングのプロが教えてくれます。

・対面で質問などができる
→対面することでリアルタイムで情報を共有できます。

デメリット

・費用が高い
→図抜けてお金がかかります。大学生が自身で費用を捻出するのは厳しいでしょう。

・柔軟性が低い
→集団塾なので、時間や学習内容などの自由度は低いです。

書籍・YouTube おすすめ度☆

書籍・YouTubeは大学生が最も学習に使うツールでしょう。
しかし、結論として、書籍・YouTubeはプログラミングの授業外学習にはおすすめできません。理由は以下の通りです。

メリット

学習を始めるハードルが低い
初期費用も安く、ツールとしても使い慣れています。

デメリット

質問ができない
授業外学習のポイントとして、“教えてくれる人がいること”が一つあります。教える人が
いないと疑問点の解消が難しく、自身の学びたい部分をピンポイントで学べません。

学習の継続性が低い
誰とも関わらずに学習すると、挫折率が高くなります。「今日はサボろう…」という気持
ちの抑制が大切です。

質問サイト おすすめ度☆☆☆

質問サイトと言うと、Yahoo!知恵袋をイメージするでしょう。実はプログラミングに特化して、プログラミングに関する質問だけを集めるプラットフォームが存在します

プログラミング質問サイトについては以下で詳解しているので、是非ご覧ください。

メリット

手軽に質問できる
→インターネットで24時間どこからでも疑問点を解消できます。

低コストでピンポイントで学べる
→場合によっては無料のサイトもあり、自身の学びたい部分だけ学ぶには最も安価なツール
です。

デメリット

情報の信憑性が担保できない
→自身の質問に答えてくれた人が正しいことを言っているとは限りません。

ある程度の知識がないと、“何を聞けば良いのか分からない”現象が起きる
文章や画像だけで自身の疑問点を相手に伝える必要があります。

個別指導 おすすめ度☆☆☆☆☆

冒頭で述べた通り、本記事で最もおすすめするツールがプログラミング個別指導です。
何故なら個別指導の特徴が理系大学生の皆様のニーズに限りなく近いからです。以下をご覧ください。

メリット

・柔軟な学習ができる
時間も自由に設定でき、学習内容も学習者にあわせて柔軟に変えることができます。

・サービスの手厚さに対して価格が安い
→プログラミングスクールなどと比べて、大学生でも十分払える価格です。
また、サービス内容も「課題を教えてほしい」「分からない部分だけ学びたい」など大学
 生にあっています

デメリット

・意思が必要
→柔軟な学習ができる分、スケジューリングなど主体性が大切です。

大学生にマンツーマン家庭教師を行うTech Teacher

Tech Teacher本Blogを運営するTech Teacherは、大学生のプログラミング学習を一人ひとりに最適化された形の完全マンツーマン指導で提供します。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導

集団授業は周囲の生徒に進度を合わせる必要があったり、雰囲気に呑まれてしまったり…といったお悩みが多くあります。

完全マンツーマン指導ならプログラミングに没頭することができます。

決められたカリキュラムやコースがない

カリキュラムやコースが決められていると、教材の難易度が合わなかったり、やりたいことができなかったりといったお悩みがあります。

Tech Teacherでは、あえてカリキュラムやコースを用意せず、小学生のお子様の性格・目的・プログラミング経験などに合わせて講師や指導を調整します。

ご家庭様の負担を最小限にする柔軟なシステム

Tech Teacherは家庭教師形態のサービスであるため、例えば以下のような柔軟な対応が可能です。

オンライン/オフラインの選択が可能(送迎の必要なし!)

スケジュールを固定にする必要なし!不定期にすることが可能

月ごとに授業の頻度を変更することが可能

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

いかがでしょうか?
情報学部に関するプログラミング授業・就職事情から、学習法までご理解いただけましたか?

繰り返しになりますが、プログラミングは間違いなく理系大学生が最優先で学習すべきスキルです!

本記事で、皆様がプログラミング学習へのモチベーションを高め、次の具体的行動に繋がれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。