Uncategorized

【理系就職】就活はプログラミングを武器にせよ!できない時の解決法とともに解説!

理系大学生の皆様、就活に向けての準備は順調でしょうか?
学歴のみで就職できる時代が終焉を迎え、これからの就活は能力やスキルベースになっていきます。

TOEIC、日商簿記、FPなどのポピュラーな資格に加えて、理系学生の中ではプログラミングスキルが真っ先に思い浮かぶでしょう。

本記事では就活におけるプログラミングスキルの有用性について解説します。また、プログラミングができない時の様々な解決法も合わせてご提案します。
ぜひ最後までお読み下さい。

大学の授業について

授業について。理工学部の多くもプログラミング授業を取り入れていますが、最もプログラミング授業に注力している学部は情報学部です。
授業の難易度については、まさに千差万別です。つまり自身が難しいと感じたら、個人で補習する必要があります

言語について、C言語、Java、Pythonなどが多いです。それぞれ特徴がありますが、取り敢えず授業で扱う言語を学びましょう。
因みにそれぞれの言語については以下の記事にまとめてありますので是非ご覧ください。

課題について、0からコーディングするワークやエラーを修正するワークなど様々です。
いずれも根本を理解する必要があるので、テストの際に付け焼き刃で望むのは無謀でしょう…。

理系学生の就職にプログラミングスキルは必須?

では大学の授業から離れて、理系大学生の就職に求められるプログラミングスキルはどうでしょう?

以下のように、レバレック株式会社が運営するレバテックルーキーによると、50%以上の企業が1年以上のプログラミング年数を求めています
そして全くの未経験でも構わないとしているのは僅か5%程です。

具体的なスキルレベルとしては以下のように、学校でのプログラミング授業は22.1%程度で、授業外でのプログラミング経験がかなり求められていることが分かります。

参考:新卒エンジニアに求めるプログラミング経験年数、3社に1社が「1年以上」と回答

つまり、理系学生が多く勤めるIT企業やIT職には、ある程度のプログラミングスキル/キャリアが実質必須と言えます。

プログラミングスキル習得のメリット

プログラミングスキルの就活市場における価値を理解した所で、全体的なメリットとしてはいかがでしょう?
授業の単位を取るだけでなく、プログラミングスキルを習得するまで学ぶことを勧める理由は以下の通りです。

・卒業研究など、在学中の学習に困らない
→プログラミングは、理系学部の学習の基盤になります。完全に習得することで、
在学中の様々な課題に安定して向かうことができます。

・プログラミングスキル自体の将来性が高い
→人工知能や仮想通貨など、今後の世界の発展に欠かせない技術全てにプログラ
ミングは携
わっています。プログラミングが未来を作っていくと言っても過言
ではありません。

・就活に有利になる
理系の就職において最も優遇されるスキルの一つです。エンジニア人口が全く足
りていないので、就職市場における価値がかなり高くなります。

上記の通り、大学での価値、スキル自体の価値、就活での価値全てを鑑みると、プログラミングスキルは理系大学生の最優先学習事項と言えます!

プログラミングができない人向け解決法3選

1.外部ツールの活用

まずは外部ツールの活用によるプログラミングの習得です。

外部ツールには、スクール、質問サイト、個別指導などがあります。
その中で大学生に最もお勧めするのは個別指導です。理由は以下の通りです。

メリット

・柔軟な学習ができる
時間も自由に設定でき、学習内容も学習者にあわせて柔軟に変えることができます。

・サービスの手厚さに対して価格が安い
→プログラミングスクールなどと比べて、大学生でも十分払える価格です。
また、サービス内容も「課題を教えてほしい」「分からない部分だけ学びたい」など大学
 生にあっています

デメリット

・意思が必要
→柔軟な学習ができる分、スケジューリングなど主体性が大切です。

2.プログラミング以外のスキル習得

スキルの習得という意味では、英語や金融系スキルも就活には有効です。

しかし、文系学生との競合を考えると、理系学生はプログラミングをお勧めします。

3.就活に有利とされる他ステータスを持つ

就活に有利とされる他ステータスも存在します。
例えば部活動やサークルの経験、長期インターンシップ、留学などです。

もちろんスキルが全てではありませんが、就職後のことも考えると、スキルを身に付けておくのは一石二鳥なのではないでしょうか?

理系大学生にマンツーマン家庭教師を行うTech Teacher

Tech Teacher本Blogを運営するTech Teacherは、大学生のプログラミング学習を一人ひとりに最適化された形の完全マンツーマン指導で提供します。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導

集団授業は周囲の生徒に進度を合わせる必要があったり、雰囲気に呑まれてしまったり…といったお悩みが多くあります。

完全マンツーマン指導ならプログラミングに没頭することができます。

決められたカリキュラムやコースがない

カリキュラムやコースが決められていると、教材の難易度が合わなかったり、やりたいことができなかったりといったお悩みがあります。

Tech Teacherでは、あえてカリキュラムやコースを用意せず、小学生のお子様の性格・目的・プログラミング経験などに合わせて講師や指導を調整します。

ご家庭様の負担を最小限にする柔軟なシステム

Tech Teacherは家庭教師形態のサービスであるため、例えば以下のような柔軟な対応が可能です。

オンライン/オフラインの選択が可能(送迎の必要なし!)

スケジュールを固定にする必要なし!不定期にすることが可能

月ごとに授業の頻度を変更することが可能

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

いかがでしょうか?

まずは就活におけるプログラミングスキルの重要性習得のメリットはご理解いただけましたか?

プログラミングは難しく、逃げる道ももちろんあります。
しかし、自身の未来の市場価値から逆算して、皆様にはぜひスキルを完全習得していただきたいです。

そしてTech Teacherがその一助になれたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。