基幹システム

基幹システムは自作できる!作成ツールとプログラミング言語をご紹介!

基幹システムを導入することで業務の効率化に期待できます。

「勤怠管理システム」「在庫管理システム」は有名ではないでしょうか。

しかし「基幹システムは自作できるの?」「基幹システムを自作して効率化を学びたい」

こんな疑問もあるかと思います。

そこで今回は、基幹システムを自作できるツールと、必要なプログラミング言語をご紹介します。

基幹システムを自作してみたい方は参考にしてみて下さい。

そもそも基幹システムとは?

基幹システムとは「販売管理」「在庫管理」など企業が業務を行うときに必要なシステムです。

今まで人力で行っていた「売上管理」「請求書発行」などをシステム化することで工数削減に繋がります。

ほとんどの場合、販売管理、購買管理、在庫管理がセットの物を基幹システムと呼びますが、企業によっては生産管理システム、会計システムなど導入する場合もあります。

経営状況が可視化できる

基幹システムを導入することで、経営状況を可視化できます。

基幹システムの汎用例を見ていきましょう。

・販売管理システム 

・在庫管理システム 

・受発注管理システム 

・勤怠管理システム

それぞれのシステムは経営状況を可視化できるものです。

勤怠管理システム:社員の労働時間を可視化

販売管理システム:販売データを可視化

在庫管理システム、受注管理システムでは、主に商品の流動性を可視化できます。

当初はすべて人力で管理されていましたが、基幹システムを用いたことで経営状況を自動で可視化できるようになりました。

基幹システムは自作できる?

基幹システムは自作可能です。

ここでは、基幹システムを作成するツールをご紹介します。

・Excel・Accessを活用する

・FileMaker Proを活用する

それぞれ順番に見ていきましょう。

Excel・Accessを活用してみよう

在庫管理システムを自作する最もカンタンな方法です。

Excel・Accessが提供しているテンプレートをダウンロードすれば、初心者の方でもカンタンに基幹システムを自作できます。

Excel・Accessの特徴は以下のとおり。

・テンプレート・ツールが豊富

・無料で利用できるテンプレートも多い

・テンプレートをカスタマイズできる

テンプレートをカスタマイズする場合は少し難易度が高くなります。難しいプログラミングこそ必要ありませんが、「関数」「マクロ」の知識が必要です。

ExcelやAccessの操作に慣れていない人にとっては難しいかもしれません。

まずはテンプレートをダウンロードして簡易的な在庫管理システムを自作してみましょう。

Access:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/access

Excel:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/excel

FileMaker Proを活用してみよう

FileMaker Proはプロコード機能が付いているローコードツールです。

FileMaker Proを利用することで、プログラミング言語の知識が無くてもデータベースが作成できます

これは「ローコード開発」と呼ばれており、初心者でも簡単にアプリの自作が可能です。

使用する専門用語

・テーブル

・フィールド

・レコード

上記の用語を理解すればデータベースは容易に構築できます。

FileMaker Proは、簡単操作でアプリを自作できるソフトウェアです。

難しいプログラミング知識も必要ないので、ぜひ一度試してみてはどうでしょうか。

Claris FileMaker Pro >>

基幹システムで使うプログラミング言語は?

プログラミング言語を習得すれば、より高度な基幹システムが作成できます。

具体的には、以下のプログラミング言語を学習しましょう。

・Java

・C言語

・C++

それぞれ順番に確認していきます。

①Java

Javaは、処理速度が早くバグが発生しにくい特徴があります。

その安定性の高さから主に金融系の業務システムに使用されることが多く、信頼性にも定評がある言語です。

また、Javaは処理速度が速いという特徴もあります。

そのため、大量のデータを扱う基幹システムでは、Javaの処理速度が役立ちスムーズな開発が可能です。

安定性や処理速度の高さから、Javaは基幹システムの作成で最適なプログラミング言語と言えます。

②C言語

C言語は、1972年に開発されたプログラミング言語です。

主に「在庫管理システム」「経理システム」の開発に利用されており、幅広い分野の基幹システムに利用されています。

基幹システムだけでなくゲーム開発にも使用される

C言語は汎用性が高いことでも有名です。基幹システムだけでなく、スマホアプリ開発やゲーム開発の分野でも活用されています。

プログラミングの実行速度が早い特徴もあり、「Safari」「Chrome」のブラウザでも使用されています。

しかし汎用性が高い反面、習得する難易度が高い特徴もあります。

ハードウェアを制御する要素が多くあり、メモリやCPUといった知識の学習も必要となります。

③C++

C++は、C言語では対応できない規模の開発をするために開発されました。つまり、C++は、C言語を進化させた言語と言えます。

もちろんC言語との互換性もあるため、C言語で運営されている企業の基幹システムとも相性が合います

アップデートによる機能拡張では、新たな基幹システムとも互換性をもたせることが可能です。

また、webサイトやアプリケーションの開発にも活用されています。使用頻度は低いものの古くから提供されているゲームやサービスにもシェアのある言語です。

基幹システムの個別指導なら『Tech Teacher』

引用元:Tech Teacher

このBlogを運営するTech Teacherは、基幹システムを学習する社会人を対象に、初心者から挫折した人まで、一人ひとりの目的や学習状況にあわせた個別指導を行っています。

また、オンライン指導も選べるので、自宅でも対面でも受講できます。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導で着実に身につく!

Tech Teacherでは専任の教師が完全マンツーマン指導を行います。
学習状況や目標をしっかり把握した教師が、生徒様のご要望もふまえながら最適なオーダーメイドの指導をご提供します。

お仕事と両立しながら続けられる!

Tech Teacherなら、受講日時や回数を生徒様のご都合に合わせて柔軟に調整することができます。
そのため、お仕事との両立がしやすく、プログラミング学習を継続的に学習することができます。忙しい合間にプログラミングを学びたいという方におすすめです。

授業料は受けた分だけ!

Tech Teacherでは、生徒様が受けた授業の時間分だけ後払いで請求させていただきます。そのため、気軽にプログラミングの学習を始めることができます

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

今回は、基幹システムの自作方法を解説してきました。

基幹システムは自分で作成可能です。具体的には以下のツールを利用してみて下さい。

・Excel・Access

・FileMaker Pro

また、より高度な基幹システムを自作する場合、プログラミングの学習も必要です。

基幹システムでは主にJava、C言語、C++、が利用されています。

初心者の方は、まずは処理速度が速いJavaから勉強してみましょう。