基幹システム

基幹システムとは?スキルを習得する方法と自社に導入する方法を解説

基幹システムとは?スキルを習得する方法と自社に導入する方法を解説

基幹システムとは?スキルを習得する方法と自社に導入する方法を解説

さまざまな企業で業務の効率を上げようと、IT化が進みつつあります。その中でも基幹システムは、企業の経営に欠かせない会計や販売管理などの業務を効率化するためのシステムです。

しかし、基幹システムがどのようなもので、導入するために必要なスキルがなにかを知らない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、基幹システムの基礎から導入するメリット、扱うためのスキルについて解説します。

これから基幹システムの導入を検討しているのであれば、最後までご覧ください。

基幹システムとは?

基幹システムとは、企業の経営に欠かせない会計や販売管理、給与などをコンピュータで管理するシステムを指します。

基幹とは、主要部分という意味があります。ここでは企業を経営していく上で中心部分を担う業務のことです。例えば、会計や給与、販売管理、在庫管理は企業の基幹業務であり、その業務が止まってしまうと経営は成り立ちません。

基幹システムは、基幹業務の一部、もしくは全てをコンピュータで管理し、業務の効率化を図ろうとするシステムです。

ERPとの違いは?

基幹システムと一緒に使われる言葉にERPがあります。

ERPとは?

Enterprise Resource Planningの略であり、企業の業務全般を一括で管理するシステムを指します。一括で管理できるため、さまざまな部署が情報を共有できるメリットがあります。

基幹システムとERPの違いは、業務を一括して管理するか、それぞれの業務に分けてシステム化するかに違いがあります。

ERPが一括で管理するのに対して、基幹システムは会計システム在庫管理システムなどそれぞれの業務に分けて管理するシステムのことです。

基幹システムを導入するメリット

企業が基幹システムを導入するメリットは主に以下の3つがあります。

  • 業務の効率化
  • 業務の標準化
  • 経営内容の可視化

それぞれのメリットを詳しく解説します。

業務の効率化

基幹システム導入の最大のメリットといえるのは、業務の効率化です。

業務が煩雑な会計や在庫管理をコンピュータで管理することで、時間の短縮になるだけでなく、必要な人材も少なくて済みます。

さらに、コンピュータで処理することで人的なミスを減らすことができるため、修正などの手間が省けます。

業務の標準化

基幹システムを導入すると、業務を標準化できます。業務の標準化とは、誰が操作しても問題なく作業を完結できることです。

基幹システムを導入すると、誰がシステムを操作しても業務を行えるため、リスクを抑えられます。

経営内容の可視化

基幹システムを導入すると、会計や在庫管理、給与などがシステム化されるため、経営の状況が可視化されます。

経営内容が可視化されると、業務のどこに問題があるかが明確になるため、経営改善にも繋がります。

基幹システムの導入で、統計処理も容易になるため、問題点や改善点の抽出が可能です。

基幹システムの種類

基幹システムは、オンプレミス型とクラウド型に分かれます。それぞれの型の内容とメリットを紹介します。

オンプレミス型

オンプレミス型とは、自社にサーバーをおいて、ネットワーク上にシステムを構築する方法です。

大規模なサーバーが必要となるため、コストも大きくなります。しかし、自社にサーバーを置くため、メンテナンスや改善はしやすいメリットがあります。今まではオンプレミス型が主流であったため、大企業しか導入できない現状がありました。

クラウド型

オンプレミス型に変わって主流になりつつある構築方法がクラウド型です。

サーバーの代わりにクラウドを使用するため、コストを大幅に削減できます。

コストが削減でき、大きなサーバーも必要ないため、中小企業でも導入しやすいメリットがあります。これからはクラウド型の基幹システムが主流となるため、クラウドの知識も必要になってきます。

基幹システムに必要なスキル

基幹システムのためのスキル紹介

基幹システムを自社で導入するためには、主に以下の3つのスキルが必要です。

  • プログラミングの基礎
  • 分野ごとの専門知識
  • サーバーやクラウド

それぞれのスキルが必要な理由を解説します。

プログラミングの基礎

基幹システムを構築するためには、コンピュータに命令を出すためのプログラミングのスキルを習得しなければなりません。

システムは全てコンピュータが解析するため、どのシステムを作るためにもプログラミングが必要です。すでに完成されているパッケージ型の基幹システムを導入する場合は、専門的な知識は必要ないにしろ、簡単なプログラミングの基礎は習得しておかないと、メンテナンスやエラーへの対応が難しくなります。

分野ごとの専門知識

基幹システムを構築する上では、システムを導入する分野の専門知識を有している必要があります。たとえば、会計にシステムを導入する場合には会計の専門知識が必要ですし、販売管理にシステムを導入するのであれば、販売の専門知識が必要です。

専門知識を有している人材と一緒に開発する方法もありますが、少しでも専門知識を勉強し、開発することでスムーズにシステムの構築が可能となります。

サーバーやクラウド

基幹システムを導入するためには、サーバーの知識、もしくはクラウドの知識が必要です。

上述したように、基幹システムを導入する方法は、自社にサーバーを置くオンプレミス型とクラウド型に分かれるためです。

オンプレミス型で基幹システムを導入するのであれば、サーバーやデータベースの知識が必要となります。

クラウド型であれば、クラウド上にシステムを構築する方法を習得しなければなりません。

基幹システムのスキルを習得する方法

基幹システムを構築するためのスキルを習得する方法は、主に以下の2つがあります。

  • 独学
  • プログラミングスクールや家庭教師

それぞれの習得方法について簡単に紹介します。

独学

基幹システムのスキルであるプログラミングの知識やデータベース、クラウドの知識は独学でも習得可能です。

独学で基幹システムのスキルを習得するには以下のような方法があります。

  • 書籍
  • Webサイト
  • 動画

現在は、最新の情報がWebサイトや動画にアップロードされているため、独学でも習得できます。しかし、スキルの習得までに時間を要することや学習の途中で挫折するリスクがあるなど独学のデメリットは大きいといえます。

プログラミングスクールや家庭教師

基幹システムのスキルを習得するには、プログラミングスクールや家庭教師を活用する方法があります。

必要な知識を効率よく習得するためにカリキュラムが組まれているため、挫折せずに短期間で学習できます。

しかし、料金が高かったり、時間が縛られたりするデメリットがあることは理解しておかなければなりません。

基幹システムを理解するためにはプログラミングの知識から

基幹システムを自社で開発する場合でも、ERPを導入する場合でもンテナンスやエラーへの対応が必要であるため、プログラミングの知識は必要です。

まずはプログラミングの知識から学習し、基幹システムを導入するための準備をしなければなりません。

プログラミングの学習は挫折しやすいといわれているので、マンツーマンで指導を受けられる家庭教師は最も効率の良い学習方法といえます。

機械学習の個別指導なら『Tech Teacher』

このBlogを運営するTech Teacherは、プログラミングを学習する社会人を対象に初心者から挫折した人まで、一人ひとりの目的や学習状況にあわせた個別指導を行っています。

また、オンライン指導も選べるので、自宅でも対面でも受講できます。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導で着実に身につく!

Tech Teacherでは専任の教師が完全マンツーマン指導を行います。
学習状況や目標をしっかり把握した教師が、生徒様のご要望もふまえながら最適なオーダーメイドの指導をご提供します。

お仕事と両立しながら続けられる!

Tech Teacherなら、受講日時や回数を生徒様のご都合に合わせて柔軟に調整することができます。
そのため、お仕事との両立がしやすく、プログラミング学習を継続的に学習することができます。忙しい合間にプログラミングを学びたいという方におすすめです。

授業料は受けた分だけ!

Tech Teacherでは、生徒様が受けた授業の時間分だけ後払いで請求させていただきます。そのため、気軽にプログラミングの学習を始めることができます

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

基幹システムは、会計や在庫管理、販売管理の業務を効率化するためのシステムを指します。基幹システムを導入することで、業務の効率化や標準化、経営の可視化などのメリットが得られます。

システムを導入するためには、プログラミングや専門分野のスキルが必要であるため、人材を確保するか社内で教育しなければなりません。

特にプログラミングの知識は必須となるため、まずはプログラミングの基礎から学習し、基幹システムのスキルを獲得してください。