Excel

【Excel初心者向け】VLOOKUP関数がわかる!エラーの対処法も解説

「エクセルのVLOOKUP関数がわからない。そもそも書式はどうなってるの?エラーが発生したときはどうすれば良いの?」

本記事ではこのような悩みを解決します。

エクセルの関数にはややこしいものが多く、VLOOKUP関数も初心者がつまずきがちな関数の1つです。しかしVLOOKUP関数は便利なのでぜひ使いこなせるようになっておきたいところです。

ここではVLOOKUP関数の使い方を、初心者でもわかるように丁寧に解説していきます。エラーが発生した場合の対処法も掲載しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

本記事を読んでVLOOKUP関数をマスターしましょう!

VLOOKUP関数とは

VLOOKUP関数とは一言で言うと、検索条件に一致したデータを縦方向に検索する関数です。

エクセルに情報が増えてくると、どこになんの情報があるのか探しにくくなります。そういうときにはVLOOKUP関数を使って知りたい情報のみを別の表にまとめるのが便利です。

1つの表だけですべてをまとめようとすると、わけがわからなくなりがちですよね。VLOOKUP関数を使って、複数の表を作成すると一気に見通しが良くなりますよ。

VLOOKUPのvは「Vertical」で「垂直に」という意味です。lookupはそのまま「調べる」という意味。つまりVLOOKUPは、「垂直方向に検索条件に一致したデータがないか調べる」という関数なのです。

横方向に探す場合はHLOOKUPという関数が便利です。こちらも覚えておくと良いですね。

VLOOKUP関数の使い方

それではVLOOKUP関数の使い方をみていきましょう。ここでは以下の項目に分けて説明していきます。

  • VLOOKUP関数の書式
  • VLOOKUP関数の具体的な使い方
  • エラーが発生した場合の対処法

VLOOKUP関数の書式

エクセルの関数を理解するときは、まず関数の書式を知ることが大切になります。VLOOKUP関数は次のような書式になっています。

=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, [検索の型])

VLOOKUP関数は引数を最大で4つ持ちます。引数とは、カッコ内に入れる情報のことで、関数が処理を実行するために必要な入力データのことです。

VLOOKUP関数では、4つの引数はそれぞれ以下のような意味を持っています。

  • 検索値・・・検索したい値や文字列。
  • 範囲・・・「検索値」を検索するセルの範囲。 例:B2、C5など
  • 列番号・・・取り出したい値がある列の番号。番号は「範囲」の一番左から数える。
  • [検索の型]・・・※以下で説明

4つ目の引数「[検索の型]」を入れるかどうかは任意です。つまり、「[検索の型]」はなくても動きますが、指定すればデータの探し方を変更することができます。

「[検索の型]」には次のどちらかを入れることができます。

  • FALSE・・・「検索値」と完全に一致するデータのみを探す。
    例:「検索値」が「4」なら「4」を探す
  • TRUE・・・「検索値」以下の最大値を探す。
    例:「検索値」が「4」なら「4以下の最大値」を探す

「検索値」と完全一致する数値を探したいか、「検索値」以下の最大値を探したいかで、「[検索の型]」を変更してくださいね。

なお、「VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号)」のようにして「[検索の型]」を省略した場合「TRUE」を入れたのと同じになります。

細かい違いではありますが、「VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, )」のように最後に「,」を入れてしまうと、「0」すなわち「FALSE」を入れたことになってしまうので注意してくださいね。

VLOOKUP関数の具体的な使い方

それでは実際にVLOOKUP関数を使ってみましょう。まずは以下の表を準備してくださいね。「商品情報」の表と「個人情報」の表、2つが必要になります。


ここではVLOOKUP関数を使って「購入情報」の表を入力していきます。具体的には「IDを入力するだけで商品と値段が自動的に入力される」ことを目指します。

まずはD14のセルを選択し、セル内に「=VLOOKUP(C14,$B$6:$D$8,2,FALSE)」と入力してください。


「=VLOOKUP(C14,$B$6:$D$8,2,FALSE)」は「C14のデータと完全一致するものを商品情報の表から探し、表の2列目からデータを取得する」という意味です。この場合、C14に入力されたIDの商品名をD14に入力します。

「$B$6:$D$8」は「B4からD6までのセル」という意味になります。

このように入力したら「Enter」を押してください。すると「#N/A」と表示されますがひとまず置いておきましょう。

次にE14セルを選択し、今度は「=vlookup(C14,$B$6:$D$8,3,FALSE)」と入力します。さっきと違い第3引数が「3」になっています。


「=VLOOKUP(C14,$B$6:$D$8,3,FALSE)」は「C14のデータと完全一致するものを商品情報から探し、表の3列目からデータを取得する」という意味です。この場合、C14に入力されたIDの商品の値段をD14に入力します。

これで「Enter」を押してください。

後はC14にIDである「1」を入力してください。すると「#N/A」となっていたD14とE14に次の画像のようにデータが入ります。


これで商品IDが「1」のものの商品名と値段が「購入情報」の表に表示されました。こうなればVLOOKUP関数が正常に動いています。

このように別の表からデータを検索して表示してくれるのがVLOOKUP関数です。

後は「個数」と「合計金額」を埋めましょう。「個数」に「2」と記入し「合計金額」に「=E14*F14」と記入します。


これで合計金額欄に、「値段×個数」の数値を表示することができました。


これで14列目が埋まりましたね。他の列もVLOOKUP関数を使って同じように作成することができますので、自力で挑戦してみてください。

VLOOKUP関数はこのように使っていくことになります。便利な関数だとわかっていただけたでしょうか?

エラーが発生した場合の対処法

今回紹介した例は簡単なものでしたが、今後VLOOKUP関数で複雑な処理を行っていくと、エラーが発生することがあります。上記の例では、IDを入力したら「#N/A」が数値に変わりましたが、IDを入力しても「#N/A」のままでエラーになっていることがあるのです。

また、想定していた出力結果が返ってこないこともあるかもしれません。

こういった場合の対処方法を考えてみましょう。

エラーが出てしまった場合は、以下を確認することで解決する可能性があります。

  1. VLOOKUP関数のスペルが間違っていないか? 引数の「,」がちゃんと入っているか?
  2. 「検索値」が検索範囲の左端の列にあるか?
  3. 完全一致検索をしたくないのに、第4引数の「[検索の型]」でFALSEを選択していないか?
  4. 第2引数の「範囲」が絶対参照になっているか?
  • まずはスペルミスや「,」の入力ミスがないか確認してください。関数のスペルミスは意外と多く、慣れている人でもミスに気がつかないことがあります。
  • VLOOKUP関数は、「検索値」が検索範囲の最初の列にない場合、検索を行うことができません。IDなどの検索値は表の左端に書くようにしましょう。
  • 第4引数に「FALSE」を入れると完全一致検索になります。完全一致検索をするつもりでないのに「FALSE」を指定すると正しい結果にはなりません。
  • 第2引数の「範囲」は「$」がついている絶対参照で指定してください。たとえば、B6からD8までを検索範囲としたいなら「B6:D8」ではなく「$B$6:$D$8」と記入します。絶対参照でない場合、数式をコピペしたときなど、検索範囲がずれてしまうことがあります。

これらを順に確認していけばエラーの原因を突き止められます。エクセルの関数でエラーが出た場合はこのように1つずつ原因を潰していくのがコツです。

プログラミングの家庭教師『Tech Teacher』


引用元:Tech Teacher

「スクールに通い続ける自信がない…」
「時間がなくてスクールに通えない…」

そんな方にはプログラミングの家庭教師『Tech Teacher』がおすすめです。
Tech Teacherはマンツーマン指導なので、生徒様一人ひとりに最適な指導を行うことができます。また、オンライン指導も可能なので、全国どこにいても家庭教師の授業を受けることができます。

Tech Teacherの3つの特徴


生徒様に最適化されたマンツーマン指導
完全マンツーマンの指導なので、生徒様の目的・学習状況・ご要望に合わせて、最適な指導をご提供いたします。

指導力・人柄・相性の優れた教師のご紹介
Tech Teacherには採用率20%の選考を突破した、指導力の高い教師が在籍しています。また、選考では指導力だけではなく人柄も重視しております。

1,000人の教師が在籍!幅広い指導に対応可能
業界トップレベルの1,000人の教師が在籍しています。そのため、幅広い言語・ツール・目的に対応することができます。

家庭教師ならではの5つの魅力


オーダーメイドのカリキュラム
生徒様一人ひとりに習熟度・目的・期間に応じて最適なカリキュラムを提供いたします。

きめ細やかなフォローが可能
生徒様からのご要望にきめ細やかに対応し、学習計画や勉強法などの指導もできるので、普段の勉強も捗ります。

習い事・学業・お仕事との両立が簡単
教室に通う必要がないので親御様の送迎も不要です。授業時間・頻度を生徒様のご都合に合わせて自由に調節することができます。

自分のペースで進められる
生徒様の理解度や意欲に応じて授業のスピードを調節できます。不明点や疑問点は都度立ち止まって解消できるので、着実に理解して進むことができます。

すぐ質問できるから挫折しない
先生を独り占めできるので、周りの目を気にすることなく分からないところをいつでも質問できます。

Tech Teacherへのお問い合わせ

無料体験授業・資料請求のお問い合わせはこちらから

質問のみのお問い合わせも受け付けております。