挫折

Javaは挫折しやすい?対処方法を解説!

Javaはプログラミング言語の中でも難易度がやや高く、途中で挫折してしまう人が多いです

途中でJavaの勉強を挫折しないためには、Javaの学習で挫折する原因を特定し、解決策を見つけていくことが大切でしょう。

そこで本記事では、Javaの学習で挫折するポイントと、それらの解決方法を解説していきます。本記事を読むことで、Javaで挫折したときにどんな行動を取れば良いのか分かりますよ。

Javaの勉強をやっている方は、勉強効率アップのためにもぜひ本記事を参考にしてください。

Javaの学習で挫折する原因

Javaの学習で挫折する原因は様々です。しかし、特に多い原因は次の4つなのではないでしょうか?

  • 開発環境構築ができない
  • オブジェクト指向の理解ができない
  • 文法が覚えられない
  • Javaで何ができるのか分からない

これら4つは、Java特有の挫折原因と言えます。Javaを習得したいなら、これらの解決方法を知らないと難しいでしょう。

それでは、1つ1つのJavaの学習で挫折する原因について詳しく解説していきます。

開発環境構築ができない

開発環境構築ができず、最初の段階でJava学習に挫折する人は意外と多いです。
Javaは他のプログラミングと比較しても、開発環境構築が複雑で、途中で分からなくなる人が多くいます。

たとえば、参考書の説明通りにJavaをインストールしても、Javaのバージョンが違うがために、インストールが上手くいかないときがあります。参考の解説が古くなっていないか、確認する必要がありますね。

このように、Javaの開発環境構築は初心者にとって難関となっており、この段階で挫折してしまいがちなのです。

オブジェクト指向の理解ができない

オブジェクト指向が理解できず、Java学習に挫折する人は多いです。オブジェクト指向はプログラミング経験者でも、きちんと理解している人は多くありません。それだけ理解するのが難しいということです。

特に、「なぜオブジェクト指向を使う必要があるのか」という部分に関しては、本当に理解できるのは、実際に実務をこなしてからです。自分でアプリを作っている段階では、オブジェクト指向の便利さは実感できないでしょう。

そのため、オブジェクト指向を理解できなくても、落ち込むことはありません。オブジェクト指向が完璧でなくても実務を経験し、徐々に理解していくのが望ましいです。

文法が覚えられない

Javaの文法が覚えられなくて、途中で挫折する人も多いです。JavaはPythonやPHPと異なり、ソースの記述量が多いのが特徴ですね。そのため、Javaの関数名などが覚えられず、嫌になってしまいがちです。

プログラミングは、暗記ではなく理解することが大切です。忘れてしまった箇所は、その都度調べていけば良いのです。そのため、無理して文法や関数を覚える必要はありません。理解していけばそれで問題ないと捉えましょう。

Javaで何ができるのか分からない

Javaで何が作れるのか分からないのも、挫折の原因になります。何が作れるか分からないと、プログラミングを学習するモチベーションが湧いてこないものです。

Javaはデスクトップアプリやスマホアプリ、業務アプリの開発に使われることが多いです。ただ、初学者がこれらを1人で開発するのは難しいでしょう。そのため、Javaで実際に何かを作ってみる、という学習方法がやりにくいのです。

ある程度Javaの学習が進んだら、実際に実務を経験してみるのが良いかもしれません。その方が、Javaで何ができるのかも、実感しやすいのではないかと思います。

実際Javaの学習の難易度は他のプログラミング言語に比べて高いのか

Javaは学習難易度が高いプログラミング言語と良く言われますが、果たして本当なのでしょうか。実は、Javaより難しい言語は他にもたくさんあります。

たとえば、C言語はJavaよりも難しいと言われています。C言語はポインタなど、パソコンの内部処理まで理解していないと、習得が難しい分野もあるからです。他にも、特に昔の言語は、Javaより難しいことが多いです。

一昔前はJavaは、むしろ簡単な言語であると言われていました。ただ、最近はJavaより簡単な言語が多く出てきたがために、相対的にJavaは難易度の高い言語ということになっているのです。

たとえば、Kotlinという言語があります。KotlinはJava同様Androidアプリ開発使われています。KotlinはJavaよりも文法が平易で分かりやすく、これからスマホアプリ開発に参入する人の多くは、Kotlinを選択しています

Javaは難しい言語ではないが、もっと簡単な言語はある、というのが結論ですね。

とはいえ、Javaは多くの現場で使われているため、Javaを最初に勉強するという選択も間違ってはいません。Javaを学習することで、転職できる企業が増えます。特にJavaは大規模開発で多く使われるので、大規模開発に関わりたいという方は、Javaから勉強するのが良いでしょう。

Javaの学習で挫折しない方法

Javaはプログラミング言語の中でも、そこそこの難易度です。Javaの学習で挫折しないためにはいくつかコツがあるので、それを紹介しましょう。

Javaの学習で挫折しない方法は次の5つです。

  • エラーの解決方法を知る
  • 初心者向けの参考書を活用する
  • Java関連の資格を取得する
  • プログラミングスクールに入会する
  • 他の言語からチャレンジする

これらを普段の勉強で意識することで、Javaを挫折しにくくなりますよ。1つ1つの学習で挫折しない方法について、詳しく解説していきましょう。

エラーの解決方法を知る

Javaの学習で大切なのは、エラーの解決方法を知ることです。初心者にとって鬼門なのが、エラーが出たときにどうやって解決するか、ということ。エラーが出た場合、ソースを眺めても、どこが問題か分からず、1時間以上格闘しないといけない場合があります。

エラーを解決している時間は楽しくないため、なるべく早くエラーを解決する術を身につけた方が良いでしょう。

たとえば、ネットで検索するテクニックを知るなどです。最終更新日が1年以内の記事のみ表示させたり、日本語の情報のみ表示させたりする検索テクニックを知っていますか。こういった方法を知っておくと、エラーが早く解決できるようになりますよ。

プログラミング初学者の方は、エラーの解決方法を学んでみましょう。

初心者向けの参考書を活用する

Javaの学習で大切なのは、初心者向けの参考書を活用することです。参考書の中にはかなり難しめのものも多くありますが、それらは避けるようにしましょう。

初心者向けの参考書は図が多く使われていたり、パソコン用語の説明も書かれていたり、途中で学習が挫折しにくくなっています

Amazonのレビューを読めば、参考書の難易度はだいたい分かります。そういったものを参考にしつつ、自分に合った参考書を選択しましょう。

どの参考書を手に取るかによって、学習の成功確率が変わりますよ。

Java関連の資格を取得する

Javaの文法を覚えた後に何をすべきか分からない、という方はJava関連の資格を取得するのもおすすめです。なぜなら、資格取得を目指すことで、Javaプログラマーに必要な知識を体系的に身につけられるからです。

たとえば、Java関連の資格には「Oracle認定Javaプログラマ」というものがあります。この資格はBronze・Silver・Goldの三段階に分かれており、Bronzeは最も簡単で初心者でも取得しやすいです。BronzeからGoldまで全て獲得できれば、優秀なJavaプログラマーと言えるでしょう。

他にも、「Javaプログラミング能力認定」という資格があります。こちらは実技試験もあるため、実践的なスキルを身につけることが可能です。

こういったJava関連の資格を習得するのも手ですね。

プログラミングスクールに入会する

どうしてもJavaの独学が続かない場合、プログラミングスクールに入会するのがおすすめです。プログラミングスクールなら先生が教えてくれるため、Javaのオブジェクト指向など難しい部分も、理解することができます。

たとえば「レイズテック」というスクールは、短期間でJavaの基礎を一通り教えてくれます。他にも「侍エンジニア」というスクールは、1人1人に合ったカリキュラムを組み立ててくれるため、効率的にJavaを習得可能です。

こういったプログラミングスクールは他にも数多くあるので、自分にあったものを探してみましょう。

他の言語からチャレンジする

Javaが難しい場合は他の言語からチャレンジするのも手です。Javaより簡単な言語は多くリリースされています。

たとえば、スマホアプリ開発に携わりたいなら、Kotlinから勉強するのが良いでしょう。Kotlinは文法も平易ですし、覚えることが少ないので、初心者向きと言えます。

Web開発に携わりたいなら、PHPが良いでしょう。PHPはJava同様求人数が豊富で、習得すれば仕事に困らないと言われています。

こういった言語を最初にマスターすることで、後にJavaを学習する際にも、スムーズに習得することが可能です。

プログラミングの家庭教師『Tech Teacher』


引用元:Tech Teacher

「スクールに通い続ける自信がない…」
「時間がなくてスクールに通えない…」

そんな方にはプログラミングの家庭教師『Tech Teacher』がおすすめです。
Tech Teacherはマンツーマン指導なので、生徒様一人ひとりに最適な指導を行うことができます。また、オンライン指導も可能なので、全国どこにいても家庭教師の授業を受けることができます。

Tech Teacherの3つの特徴


生徒様に最適化されたマンツーマン指導
完全マンツーマンの指導なので、生徒様の目的・学習状況・ご要望に合わせて、最適な指導をご提供いたします。

指導力・人柄・相性の優れた教師のご紹介
Tech Teacherには採用率20%の選考を突破した、指導力の高い教師が在籍しています。また、選考では指導力だけではなく人柄も重視しております。

1,000人の教師が在籍!幅広い指導に対応可能
業界トップレベルの1,000人の教師が在籍しています。そのため、幅広い言語・ツール・目的に対応することができます。

家庭教師ならではの5つの魅力


オーダーメイドのカリキュラム
生徒様一人ひとりに習熟度・目的・期間に応じて最適なカリキュラムを提供いたします。

きめ細やかなフォローが可能
生徒様からのご要望にきめ細やかに対応し、学習計画や勉強法などの指導もできるので、普段の勉強も捗ります。

習い事・学業・お仕事との両立が簡単
教室に通う必要がないので親御様の送迎も不要です。授業時間・頻度を生徒様のご都合に合わせて自由に調節することができます。

自分のペースで進められる
生徒様の理解度や意欲に応じて授業のスピードを調節できます。不明点や疑問点は都度立ち止まって解消できるので、着実に理解して進むことができます。

すぐ質問できるから挫折しない
先生を独り占めできるので、周りの目を気にすることなく分からないところをいつでも質問できます。

Tech Teacherへのお問い合わせ

無料体験授業・資料請求のお問い合わせはこちらから

質問のみのお問い合わせも受け付けております。

まとめ

本記事では、Javaの挫折原因と解決方法について解説しました。Javaの勉強が進まないときに何をすべきか、お分かり頂けたかと思います。

Javaはプログラミング言語の中では、中難易度と言えるため、初心者が手を出す場合、1つずつ着実に理解していく必要があるでしょう。独学では難しい場合は、プログラミングスクールに通うのも手です。プログラミングスクールに通えば、途中で挫折する確率が低くなります。

本記事が、Java初心者の方にとって、有意義なものとなれば幸いです。