Java

Windows/Mac対応!Javaのインストール方法を分かりやすく解説!

これからJavaプログラミングを学びたい人にとって、まず必要なのがJavaをインストールすること。
Javaプログラミングを学習する上では必須の過程ですが、分かりにくいのも事実です。

この記事ではJavaをインストールする方法を分かりやすく解説していきます。
Javaのインストールで迷った時はぜひ参考にしてみてくださいね。

基本的なJavaのダウンロード・インストール方法

それでは、実際にJavaをダウンロード・インストールする方法を解説していきます。

それぞれの詳しい解説に入る前に、まずは基本的な流れを解説します。ここで全体の流れをざっくりと理解しておいてくださいね。

基本的なダウンロード方法

ダウンロードについては、Java公式サイトのダウンロードページにアクセスして、インストーラーをダウンロードするだけになります。

Java公式サイトのダウンロードページでは、自動的にWindowsかMacOSかを認識してくれるので、インストーラーを間違える心配もありませんよ。

基本的なインストール方法

インストール方法も簡単です。ダウンロードしたインストーラーを起動して、手順通りに進めていくだけになります。

ダウンロードだけでなく、インストールも簡単なのは助かりますね。

WindowsでJavaをインストールする方法

まずは、WindowsでJavaをダウンロード・インストールする方法を解説していきます。
WIndowsパソコンを使用している方はこちらを参考にしてくださいね。

オンラインダウンロードとオフラインダウンロード

WindowsでJavaをインストールする際には、オンラインダウンロードとオフラインダウンロードの2種類からダウンロード方法を選ぶことができます。

オンラインダウンロードはインターネットを使ってインストールに必要なファイルをダウンロードする方法です。
インターネットを使って必要なファイルをダウンロードするので、インストール中はインターネットに繋いでおく必要があります。

オンラインダウンロードでは必要なファイルのみをダウンロードできるため、オフラインダウンロードと比較して、最初にダウンロードするインストーラーの容量が小さいのが特徴です。

オフラインダウンロードはインターネット接続を利用せずにJavaをダウンロードする方法です。
最初にダウンロードするインストーラーにインストールするためのファイルが含まれており、インストーラーの容量が大きくなるのでパソコンのハードディスク容量に注意が必要です。

どちらの方法でも同じようにJavaをインストールできるので、自分に合った方法を試してください。

オフラインダウンロードの方法

①Java公式サイトのダウンロードサイトにアクセスする

まず、Java公式サイトのダウンロードページにアクセスします。
「無料Javaのダウンロード」をクリックすると、自動的にパソコンのOSが認識され、対象となるインストーラのダウンロードページにアクセスされます。

②インストーラーをダウンロードする

インストーラのダウンロードページで「同意して無料ダウンロードを開始」をクリックすることで、インストーラのダウンロードが始まります。

オンラインダウンロードの方法

今まではオフラインダウンロードの方法を解説しました。
ですが、容量が小さくすむオンラインダウンロードにしたい方もいるかもしれませんね。

そこで、ここではオンラインダウンロードの方法も解説していきます。

①インストーラーのダウンロードページにアクセスする

オンラインダウンロード用のインストーラーをダウンロードできるページにアクセスします。ダウンロードページはこちらになります。

②インストーラーをダウンロードする

ダウンロードページにアクセスしたら「Windowsオンライン」をクリックしてインストーラーをダウンロードします。

Javaのインストール方法

①ダウンロードしたインストーラーを起動する

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックで起動します。
ダブルクリックした際に警告文が出ても「はい」をクリックして次に進んで下さい。

②Javaをインストールする

インストーラーが起動すると次の画像のように表示されます。

インストーラーの中にある「インストール」をクリックするとJavaをインストールすることができます。

ファイアーウォールを無効化する方法

オンラインダウンロードでインストールを実行する場合には、ファイアウォールを無効化しましょう。
ファイアウォールとは、WIndowsのインターネット通信セキュリティです。ファイアウォールが初期設定のままだと、オンラインインストールを無効化してしまう可能性があるのです。

ファイアウォールの無効化方法は以下の通りです。

①コントロールパネルを開く

ファイアウォールの設定はコントロールパネルから行えます。まずはコントロールパネルを開きましょう
コントロールパネルはデスクトップ左下にあるWindowsマークをクリックして表示されるソフト一覧から開くか、検索窓に「コントロールパネル」と入力して開くことができます。

②ファイアウォールの設定を開く

コントロールパネルが表示されたら、コントロールパネル内にある「Windowsファイアウォール」をクリックします。

③ファイアウォールを無効化する

ファイアウォールの設定画面が表示されたら、左側にある「Windowsファイアウォールの有効化または無効化」をクリックします。

クリックした先に「Windowsファイアウォールを無効にする(推奨されません)」が2箇所あるので、それぞれにチェックを入れて、下部にある「OK」ボタンをクリックしましょう。
これでファイアウォールの無効化ができました。

ファイアウォールを無効にしているとセキュリティが弱くなるため、オンラインインストールが終わった後は、ファイアウォールを有効にしておきましょう

インストールされているかの確認を忘れずに

Javaをインストールした後はきちんとJavaがインストールされているかの確認を忘れずに行いましょう。
Windowsでのインストール確認方法は以下の通りです。

①コントロールパネルを開く

Javaがインストールされているかを確認するため、まずはコントロールパネルを開きます。
コントロールパネルはデスクトップ左下にあるWindowsマークをクリックして表示されるソフト一覧から開くか、検索窓に「コントロールパネル」と入力して開くことができます。

②プログラム一覧を開く

コントロールパネル内にある「プログラムと機能」をクリックして、プログラム一覧を開きます。

③Javaがインストールされているかを確認する

インストール済みのプログラム一覧を開くことができたら、Javaがインストールされているかを確認します。
下の画像のようにJavaのプログラムがあればインストールできていることになります。

MacOSでJavaをインストールする方法

次にMacOSでJavaをダウンロード・インストールする方法を解説していきます。
MacOSを利用している方はこちらを参考にしてください。

Javaのダウンロード方法

①Java公式サイトのダウンロードサイトにアクセスする

Windowsの場合と同様に、Java公式サイトのダウンロードページにアクセスします。「無料Javaのダウンロード」をクリックすると、自動的にパソコンのOSが認識されて対象となるインストーラのダウンロードページにアクセスされます。

②インストーラーをダウンロードする

「同意して無料ダウンロードを開始」をクリックすることで、インストーラのダウンロードが始まります。

Javaのインストール方法

①インストーラーを起動する

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックで起動します。起動すると下の画像のようなものが出てきます。

MacOSにJavaをインストールする時は管理者権限が必要になるため、キーボードにある「control」ボタンを押しながらインストーラーをクリックして、開きます。

パスワードが要求されたら、パソコンで使用しているパスワードを入力してください。

②Javaをインストールする

パスワードを入力するとインストーラーが起動するので、「インストール」ボタンをクリックすれば、Javaのインストールができます。

MacOSでもインストールの確認を忘れずに

MacOSでもインストール後はきちんとインストールされているかを確認しましょう。
MacOSでのインストール確認方法は以下の通りです。

①システム環境設定を開く

Javaがインストールされているかを確認するためにはシステム環境設定を開く必要があります。
システム環境設定はデスクトップ左上部にあるリンゴマークをクリックするか、デスクトップ下部にあるドッグのLaunchPadから開くことができます。

②システム環境設定内にJavaのアイコンがあるかを確認する

Javaがきちんとインストールされていれば、システム環境設定内にJavaのアイコンが表示されます。

アイコンがなければインストールできていないことになるので、もう1度ダウンロード、インストールを行いましょう。

インストーラーは流用できないので注意しましょう

WindowsとMacOSのパソコンを両方持っている場合でも、一方のOSでダウンロードしたインストーラーをもう一方のOSで使用することはできないので注意が必要です。

Windowsでのインストーラーの拡張子は「.exe」、MacOSでの拡張子は「.dmg」となります。
そのため、WindowsでダウンロードしたインストーラーをMacOSで利用したり、MacOSでダウンロードしたインストーラーをWindowsで利用したりすることはできないので気をつけましょう。

まとめ

Javaのインストール方法はWindowsとMacOSで異なります。
ぜひこの記事を参考にして、自分の対象となる方法でJavaのインストールを行ってみてくださいね。

プログラミングの家庭教師『Tech Teacher』


引用元:Tech Teacher

「スクールに通い続ける自信がない…」
「時間がなくてスクールに通えない…」

そんな方にはプログラミングの家庭教師『Tech Teacher』がおすすめです。
Tech Teacherはマンツーマン指導なので、生徒様一人ひとりに最適な指導を行うことができます。また、オンライン指導も可能なので、全国どこにいても家庭教師の授業を受けることができます。

Tech Teacherの3つの特徴


生徒様に最適化されたマンツーマン指導
完全マンツーマンの指導なので、生徒様の目的・学習状況・ご要望に合わせて、最適な指導をご提供いたします。

指導力・人柄・相性の優れた教師のご紹介
Tech Teacherには採用率20%の選考を突破した、指導力の高い教師が在籍しています。また、選考では指導力だけではなく人柄も重視しております。

1,000人の教師が在籍!幅広い指導に対応可能
業界トップレベルの1,000人の教師が在籍しています。そのため、幅広い言語・ツール・目的に対応することができます。

家庭教師ならではの5つの魅力


オーダーメイドのカリキュラム
生徒様一人ひとりに習熟度・目的・期間に応じて最適なカリキュラムを提供いたします。

きめ細やかなフォローが可能
生徒様からのご要望にきめ細やかに対応し、学習計画や勉強法などの指導もできるので、普段の勉強も捗ります。

習い事・学業・お仕事との両立が簡単
教室に通う必要がないので親御様の送迎も不要です。授業時間・頻度を生徒様のご都合に合わせて自由に調節することができます。

自分のペースで進められる
生徒様の理解度や意欲に応じて授業のスピードを調節できます。不明点や疑問点は都度立ち止まって解消できるので、着実に理解して進むことができます。

すぐ質問できるから挫折しない
先生を独り占めできるので、周りの目を気にすることなく分からないところをいつでも質問できます。

Tech Teacherへのお問い合わせ

無料体験授業・資料請求のお問い合わせはこちらから

質問のみのお問い合わせも受け付けております。