プログラミング教室・スクール

Javaを学べるおすすめプログラミングスクール6選

Javaは、さまざまなシステムのプログラミング言語として使われています。

たとえば

  • 交通信号制御
  • ATMを含む金融システム
  • クレジットカードの決済処理
  • ブルーレイディスクプレイヤー
  • 「ファインディングニモ」「トイストーリー」など多くのCG
  • EvernoteなどのWEBアプリ
  • Minecraftなどのゲーム
  • Androidアプリ

など、私たちの生活に密着した多くのシステムで活躍していることからわかるように、非常に人気があり、2021年現在、C言語と常に1,2位を争っているプログラミング言語です。

現在Javaエンジニアは、世界中に900万人以上いるといわれています。

Javaはオブジェクト指向だから難しい・文法を覚えるのが大変といわれますが、扱えるようになるとメリットがたくさんある言語です。

Javaを学ぶメリットとデメリット

メリット

Javaエンジニアの求人数が豊富

Javaは現時点で、WEBアプリ・ゲーム・モバイルアプリなどさまざまなネットワーク対応アプリの基盤となる世界標準の言語なので、求人も多いです。

日本では最も求人数の多いプログラミング言語で、Javaエンジニアは就職・転職にほぼ困りません

Javaエンジニアは高年収

レバテックフリーランスによると、2021年3月現在のJava求人・案件の月額単価相場は、

最高単価:145万円、最低単価:25万円、平均単価:69万円

フリーランスの最高年収:1740万円、最低年収:300万円、平均年収828万円

となっています。

会社に所属するシステムエンジニアの平均年収が約600万円、フリーランスのシステムエンジニアの年収は平均で700万円から1000万円程度といわれるなか、Javaエンジニアは高収入といえます。

デメリット

初心者には難しい

Javaは初心者にとっては難しい言語なので、挫折する可能性も高いです。

Javaの学習で最もつまずきやすいのは「オブジェクト指向」という概念の理解です。
オブジェクト指向の理解が不十分だとプログラムの「独立性」「再利用性」「拡張性」を活かすことができず、質の高いプログラムを作れません。

そのほか「文法の記述が長くて覚えにくい」「WEBで動かすまでの設定が多い」などいくつものハードルがあります。

リモートワーク向けではない

Javaは個人で作成するプログラムや小規模のシステム開発より、大規模システム開発で使われることが多いため、 Javaを使う案件の割合は、リモートワークよりオフィスに常駐して行う方が高いです。

したがって、Javaはリモートワークを希望するエンジニアにはあまり向いていません

Javaを学ぶなら資格も取った方がいいの?

Javaには資格がいくつか用意されています。資格を持つことは必須ではありませんが、学習やキャリアアップの際の一助になります。

次の3つの資格が代表的です。

  • Oracle認定Javaプログラマ(公式ベンダー資格)
  • Javaプログラミング能力認定試験(民間資格)
  • Android技術者認定試験(民間資格)

Oracle認定Javaプログラマ

Oracle認定Javaプログラマは、Javaの正規ベンダーであるOracle社が提供している試験で、Javaの知識と技能を認定する資格です。

資格に有効期限はありませんが、Javaのバージョンアップに合わせて認定試験のバージョンも上がります。ちなみに、2021年3月時点の最新バージョンは「Java SE11」です。

この資格は「Bronze」「Silver」「Gold」の3つのランクに分類されており、資格として評価されるのは「Silver」および「Gold」の2ランクです。

Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験は、能力技能検定を行う株式会社サーティファイが提供しています。
基本知識やオブジェクト指向に基づくプログラムの作成能力を問う内容の試験です。
この試験も3つのランクに分かれています。

Android技術者認定試験

Android技術者認定試験は、Androidアプリ開発やプラットフォームに関する知識を問う試験で、一般社団法人IT職業能力支援機構によって実施されています。

「アプリケーション技術者認定試験」「プラットフォーム技術者認定試験」の2種類があります。

Java資格を持つメリット

就職・転職に有利になることがある

Java資格を持っていれば、Javaが扱える人材としてIT企業への就職、転職に有利になることが多いです。
特に
「Oracle認定Javaプログラマ」の「Silver」および「Gold」は、世界で通用する資格なので、高評価につながります。

スキルアップにつながる

資格取得のためにバランスよく学びなおすと、知識や技術面の穴を埋めることができます。また、資格取得によりキャリアアップの可能性も拡がります。

プログラミングスクールに通うメリット

Javaの独学は不可能ではありませんが、覚えるべき内容が多く、現場で使えるレベルになるためにはある程度の実践を重ねる必要があるため、効率的な学習方法とはいえません

その点スクールで学ぶと、

  • レベルや目的に合わせて効率よく学習ができる
  • わからないところをすぐに質問して解決できる
  • 受講生ひとりひとりに合った最適な学習プランを組み立ててもらえる

などのメリットがあります。

また、スクールではJavaエンジニアの求人紹介も行ってくれます。
未経験者を転職までサポートしてくれるのは大きな魅力の一つです。

Javaスクールを選ぶポイント

Javaのプログラミングスクールを選ぶ際には次のようなポイントを押さえて選びましょう。

オンライン型か通学型か

プログラミング学習は、多くのスクールでオンライン受講が可能です。
オンライン受講は
自宅でできるので効率的に学習ができますが、モチベーションが下がりやすい・集中しにくいなどのデメリットもあります。

逆に通学型は通うのに時間や手間がかかりますが、周りの受講生と一緒に学習するためモチベーションが下がりにくいというメリットもあります。

資格取得の支援があるか

Java資格の取得を考えている場合は、資格取得支援コースがあるかどうかを確認しましょう。おすすめはOracle認定Javaプログラマの「Silver」以上です。

就職・転職サポートがあるか

エンジニアとして就職や転職を考えているなら、就職・転職サポートのあるスクールを選びましょう。母体が転職エージェントのスクールの転職率は特に良好です。

無料体験・相談会があるか

ほとんどのスクールで無料体験・相談会を実施しています。
スクールの説明だけでなく、
目標設定の仕方や受講生の目的に合ったカリキュラムの提案などを行っていますので、ぜひ申し込みましょう

また、サポート体制や卒業生の動向など具体的な質問をたくさん準備して臨むと、自分が実際に学ぶイメージができるのでおすすめです。

Javaを学べるおすすめのプログラミングスクール6選

Tech Academy Javaコース


引用元:TECH ACADEMY

TECH ACADEMYの特徴は、オリジナルサービスを開発できるレベルまでメンターが手厚くサポートしてくれる点です。多くのコースがあるので、Java以外も学べます

講師の質が高いという口コミの多いスクールです。

受講形式 オンライン
授業形式 マンツーマン(週2回)
質問対応 毎日15時~23時のチャットサポート
無料体験レッスン あり
就職・転職支援 あり
期間 4週間~
受講料 174,900円~
その他の特徴 無料説明会動画あり
回数無制限の課題レビュー

詳細は公式サイトで最新情報をご確認ください

CodeCamp Javaマスターコース


引用元:Code Camp

経験豊富なエンジニア講師による手厚い個別指導をうたっていて、課題の添削を無制限で受けられたり、毎日7時〜23時40分までマンツーマン指導の予約を入れられたりできるのが大きな特徴です。

Javaを用いたWEBアプリの開発スキルを基礎から実践まで学べます

受講形式 オンライン
授業形式 マンツーマン
質問対応 毎日7時〜23時40分
無料体験レッスン あり
就職・転職支援 あり
期間 2か月~
受講料 165,000円~
入学金 33,000円
その他の特徴 レッスンごとに講師を選んで予約できる

詳細は公式サイトで最新情報をご確認ください

侍エンジニア


引用元:侍エンジニア

プログラミング習得からオリジナルポートフォリオの作成を完全オンラインで面倒をみてくれるスクールです。

専属講師のマンツーマンレッスンのほか、専属コーチがモチベーション維持や学習の進捗管理のサポートを、キャリアサポート支援担当は転職をサポートします。

受講形式 オンライン
授業形式 マンツーマン
質問対応 8時~22時
無料体験レッスン あり
就職・転職支援 あり
期間 4週間~
受講料 88,000円~(入学金が別に必要です)
その他の特徴 専属講師・メンターの学習サポート・キャリア担当のサポート

詳細は公式サイトで最新情報をご確認ください

KENスクール Java系13講座


引用元:KENスクール

KENスクールにはJava系のコースだけで13コースもあり、1~2コースしかない他のスクールと比べて、Javaの習得に力を入れています。
コースの中には、
OCJP Silver資格取得対応コースもあります。

通学型のスクールで「好きな校舎」・「好きな時間帯」の選択が可能、各校舎ではパソコンを無料で使うことができます。

受講形式 通学型(東京・横浜・名古屋・大阪・札幌に7教室)
授業形式 マンツーマン
質問対応 教室にて対応
無料体験レッスン あり
就職・転職支援 あり
期間 3か月~
受講料 入学金33,000円、136,400円~
その他の特徴 Oracle認定Javaプログラマ Silver資格取得対応
Javaだけで全13コースあり

  • Javaプログラマー養成コース
  • 速習Javaシステムエンジニア就転職総合コース
  • OCJP Silver 資格対策講座
  • 10日間マスターJava講座

詳細は公式サイトで最新情報をご確認ください

GEEK JOB(Java選択)

プログラミング教養コース・プレミアム転職コース


引用元:GEEK JOB

GEEK JOBは、初心者でも90%以上がわずか1カ月~3カ月の間にプログラミングを習得、即戦力のプログラマーを育てて就職を目指すカリキュラムが特徴です。

受講形式 オンライン
授業形式 マンツーマン
質問対応 10時〜18時(祝日を除く月曜日〜土曜日)
無料個別カウンセリング あり
就職・転職支援 プレミアム転職コースにあり(母体が転職エージェント)
期間 2か月~
受講料 217,800円~
その他の特徴 毎週木曜日はオンラインで無料体験会もあり

受講料無料のスピード転職コース(Java /インフラ)もあります
詳細は公式サイトで最新情報をご確認ください

プログラマカレッジ


引用元:プログラマカレッジ

Java以外に、HTML/CSS・JavaScript・PHPも合わせて、基礎から実践までを学びます。計420時間の研修期間で、即戦力レベルの技術習得を目指しています

受講料は完全無料です。転職保証をうたった多くのスクールは受講料無料としていても条件を満たさないときの違約金を設けていますが、こちらのスクールは違約金なしの完全無料なのが大きな特徴です。求人紹介は常時3500社以上です。

受講形式 通学型(東京)コロナ対応でオンライン受講もあり
授業形式 マンツーマン
質問対応 教室にて対応
無料相談 あり
就職・転職支援 あり(母体が転職エージェント)
期間 3か月~
受講料 無料
その他の特徴 年齢制限あり(30歳未満)

詳細は公式サイトで最新情報をご確認ください

プログラミングの家庭教師『Tech Teacher』


引用元:Tech Teacher

「スクールに通い続ける自信がない…」
「時間がなくてスクールに通えない…」

そんな方にはプログラミングの家庭教師『Tech Teacher』がおすすめです。
Tech Teacherはマンツーマン指導なので、生徒様一人ひとりに最適な指導を行うことができます。また、オンライン指導も可能なので、全国どこにいても家庭教師の授業を受けることができます。

Tech Teacherの3つの特徴


生徒様に最適化されたマンツーマン指導
完全マンツーマンの指導なので、生徒様の目的・学習状況・ご要望に合わせて、最適な指導をご提供いたします。

指導力・人柄・相性の優れた教師のご紹介
Tech Teacherには採用率20%の選考を突破した、指導力の高い教師が在籍しています。また、選考では指導力だけではなく人柄も重視しております。

1,000人の教師が在籍!幅広い指導に対応可能
業界トップレベルの1,000人の教師が在籍しています。そのため、幅広い言語・ツール・目的に対応することができます。

家庭教師ならではの5つの魅力


オーダーメイドのカリキュラム
生徒様一人ひとりに習熟度・目的・期間に応じて最適なカリキュラムを提供いたします。

きめ細やかなフォローが可能
生徒様からのご要望にきめ細やかに対応し、学習計画や勉強法などの指導もできるので、普段の勉強も捗ります。

習い事・学業・お仕事との両立が簡単
教室に通う必要がないので親御様の送迎も不要です。授業時間・頻度を生徒様のご都合に合わせて自由に調節することができます。

自分のペースで進められる
生徒様の理解度や意欲に応じて授業のスピードを調節できます。不明点や疑問点は都度立ち止まって解消できるので、着実に理解して進むことができます。

すぐ質問できるから挫折しない
先生を独り占めできるので、周りの目を気にすることなく分からないところをいつでも質問できます。

Tech Teacherへのお問い合わせ

無料体験授業・資料請求のお問い合わせはこちらから

質問のみのお問い合わせも受け付けております。

まとめ

Javaは習得に時間や経験を要しますが、一度Javaエンジニアになれば仕事に困ることはありません

また、扱うシステムの規模が大きいので、経験を積んで上流工程の設計ができるエンジニアも目指せます。キャリアアップのためにスクールに通って、資格取得や高収入のJavaエンジニアを目指しましょう。