スキルアップ

稼げるJavaエンジニアになるためのスキルの磨き方!

Javaは多くの大手企業で使われている言語であり、求人数も豊富です。
オブジェクト指向であるため大規模開発に向いており、JVM言語でもあるため様々な開発に使うことができます

これからJavaを勉強しスキルを磨きたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
しかし、JavaはPHPやPythonに比べると少し難しめなのと、覚えることがやや多いです。しっかりと対策を立てて勉強していく必要がありますね。

そこでJavaのスキルを高めるための方法を本記事で解説します。
Javaの勉強をこれから始める方はぜひ読んで欲しいですね。

Javaのマンツーマン指導を提供するTech Teacher(PR)


引用元:Tech Teacher

本Blogを運営するTech Teacherは、Java学習を一人ひとりに最適化された形の完全マンツーマン指導で提供します。Javaのスキルアップを目指す方におすすめです!

また、オンライン指導も可能なので、全国どこにいても家庭教師の授業を受けることができます。

Tech Teacherのさらに詳しい情報は以下のボタンからご覧にいただけます。

Javaエンジニアになるために必要なスキル

JAVAエンジニアになるために必要なスキルは、いくつかあります。

  • Javaの文法知識
  • オブジェクト指向
  • システム開発に関する知識
  • Androidアプリ開発の知識

これら4つのスキルを一通り身につければ、Javaエンジニアとして現場で問題なく働くことが可能です。1つ1つのスキルについて詳しく解説しましょう。

Javaの文法知識

まずはJavaの文法知識を得る必要があります。「Hello World」を表示するところから始め、四則演算や標準入力、ループ処理、条件分岐など、各処理の基礎を習得していきましょう。

文法を覚えるのは大変かもしれませんが、1つ1つ丁寧に習得していくのが肝心です。
途中で分からなくなったら、もう一度前の単元からやり直し、基礎を完璧に固めてから先へ進むのがコツです。前の単元が分かっていないのに先へ進むと、どんどん分からないことが増え、勉強が辛くなりがちですよ。

Javaは人気言語であるためネットに多くの情報が掲載されています。分からないことがあれば検索して調べることでも解決しやすいです。

オブジェクト指向

オブジェクト指向とは、データやメソッドを「オブジェクト」という一つの単位にまとめて管理していく開発手法のことです。
Javaは基本的にこのオブジェクト指向によって書かれています。そのため、オブジェクト指向を理解しないとJavaを習得したとは言えないでしょう

オブジェクト指向の理解は人によっては時間がかかるかもしれません。Javaの文法を覚えると同時に習得してしまうのがコツです。

オブジェクト指向に関する参考書籍は多く販売されています。本を一冊読んで理解を深めるのが良いですね。

システム開発に関する知識

Javaは大規模な開発で使われることが多いです。
大規模なシステム開発では、開発手順がきっちり決められていることが多く、開発手順を予め知っておくことで、現場に配属されてからもスムーズに働くことができますよ

システム開発は、企画、要件定義、設計、開発、テスト、リリース、という流れで行われます。1つ1つでどのようなことを行うのか、理解しておくのが良いですよ。

システム開発に関する知識も習得しておきましょう。

Androidアプリ開発の知識

Javaでスマホアプリを開発したい場合は、Androidアプリ開発の知識も必要です。Androidアプリ開発に必要な「Android Studio」の使い方や、開発完了したアプリを「Google Play」に登録する方法などを抑えておきましょう。

なお、最近Androidアプリ開発では、Kotlinという言語が用いられることも増えました。もし、Androidアプリのみを開発したいなら、Kotlinを先に覚えた方が良いかもしれません。

Javaの方がもっと幅広い開発に使えるので、様々な開発に携わりたい場合はJavaの方がおすすめです。

Javaエンジニアに必要なスキルを身につける方法

上記で紹介したスキルを効率よく得る方法を紹介します。

  • 参考書を購入して勉強する
  • プログラミングスクールに通う
  • 研修が手厚いIT企業に就職する

これらの方法を用いることで、Javaエンジニアとしてのスキルを効率的に得ることが可能です。1つ1つの方法に関して詳しく解説していきますね。

参考書を購入して勉強する

参考書を購入し、1ページずつ読み込んでいくのが最も一般的な勉強方法でしょう。
Javaに関連する書籍は多く販売されています。書籍の中には初心者向けにわかりやすく解説されているものや、イラストが多く用いられ視覚的に理解しやすいものもありますので、自分にとって分かりやすいものを選択しましょう

複数の参考書を購入するよりも、一冊を完璧にこなすことを意識するのが重要ですね。一冊やるだけでも十分なJavaエンジニアとしてのスキルが身につきます。参考書に掲載されている問題も解いていきましょう。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールに通うのもおすすめの方法です。最近ではプログラミングスクールの数も増えました。スクールでは先生が分からないところを教えてくれますし、その人に合った最適な学習プランを組み立ててくれるので、挫折率が低いです。

また、教室では同じくJavaを学びたい受講生が多数います。彼らと切磋琢磨していくことで、更に学習効率が上がっていきますよ

加えてプログラミングスクールでは、Javaエンジニアの求人紹介も行ってくれます。未経験者でも現場で活躍できるまで、責任を持ってサポートしてくれるのです。

Javaを学べるプログラミングスクールには「レイズテック」「TechAcademy」「KENスクール」などがありますね。

研修が手厚いIT企業に就職する

研修が手厚いIT企業に就職するのも選択肢の1つですよ。
Javaを使っている企業は人数が多く、研修にも人手を回す余裕がある場合が多いです。研修が手厚い企業なら、未経験からでも一人前のJavaエンジニアに成長することができますよ

ただし、研修が手厚いことを謳っている会社でも、入社してみたらそうでもなくOJT(上司から実際の業務を通じて行われる教育)が中心だった、という場合もあります。
そのため、入社前に会社の研修に関する評判はよく確認しておいた方が良いでしょう。

おすすめは「転職会議」「openwork」などのクチコミサイトを利用することです。クチコミサイトには、研修の内容に関する口コミも多数掲載されているので、参考になりますよ

このような方法で研修で手厚いIT企業を探して就職してみましょう。

まとめ

本記事では、Javaエンジニアとしてのスキルを身につける方法を解説しました。どういったスキルが必要か、どのような勉強方法が効果的か、お分かり頂けたでしょうか。

Javaエンジニアは年収も高く、仕事量も安定しているのが特徴です。Javaは何年も現役で使われて続けている言語でもあるため、今後も仕事がなくなる心配が少ないでしょう。

また、Javaを覚えることで、他の言語を習得する際にも役立ちます
特にオブジェクト指向の概念は他のプログラミング言語でも使われますので、Javaを勉強しながらぜひ習得してみてくださいね。

本記事がJavaエンジニアとしてのスキルを得たい方にとって、有意義なものとなれば幸いです。