プログラミング教室・スクール

転職・就職サポートが充実しているプログラミングスクール3選

受講生の多くが転職や就職を目的で通うプログラミングスクール。
現在は多くのプログラミングスクールで転職サポートを行なっています。料金も無料から100万円に近い金額までさまざまです。

こちらではエンジニア転職の基礎知識の解説と、転職・就職サポートが充実しているプログラミングスクールのご紹介をします。

プログラミングの家庭教師Tech Teacher(PR)

引用元:Tech Teacher
本Blogを運営するTech Teacherは、プログラミング学習を一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導で提供します。
また、オンライン指導も可能なので、全国どこにいても家庭教師の授業を受けることができます。

Tech Teacherのさらに詳しい情報は以下のボタンからご覧にいただけます。

プログラミングスクールに通って転職・就職できるって本当?

プログラミングスクールに行く≠エンジニアで転職

プログラミングスクールに通えばエンジニアに転職・就職できるというわけではありません。

「高額の料金を払ったのだからスクールにお任せで転職・就職できる」と考えていると、望むような転職をすることはできません。
あなたがどこに転職できるかは、あなたが身につけるスキルによって変わってきます

エンジニア転職先の形態

スクールのサイトに「転職」と大きく書いてあっても、「転職先」の記載のないものもあります。しかし実際は、どんな会社にどのような身分で就職するかは大変重要なことです。

一般的に転職先の形態は「自社開発企業」・「受託開発企業」・「SES」の3つに分けられます。まずはそれらの違いを解説します。

自社開発企業

自社でサービスを企画・開発・販売をして利益を生み出す形態の企業です。
即戦力になる人材を求めているので、未経験者がいきなり就職する難易度はかなり高いです。入社には
経験やアピールできるスキルが必要です。

受託開発企業

顧客から依頼を受けてシステムを納品する形態の企業です。こちらもまた、未経験者がエンジニアとして就職することは難しく、入社には経験やアピールできるスキルが必要です。

SES

顧客の会社に出向いて作業する、実質は派遣社員の業務形態です。入社に際し、高いスキルやアピールのための成果物が必要ないので、比較的転職しやすい形態です。
しかし、身分はアルバイトや非正規社員のことが多いです。

良い条件でエンジニアに転職するには

このように、プログラミング未経験で好条件のエンジニアに転職することは簡単なことではありません。ランクの高い「自社開発企業」「受託開発企業」へ転職するには、即戦力となるスキルが必要となります。
それには
プログラミングスクールに通って短期間でスキルを身につけるのが効果的です。

転職・就職支援があるプログラミングスクールの真実

実質無料?プログラミングスクールの転職支援のしくみ

プログラミングスクールの中には、受講料無料のコースや受講後に転職できなかったら全額返金保証のコースのものがあります。
これは、スクールが高いスキルを身につけた受講者の転職によって
紹介先企業から紹介料をもらっているからで、受講者にもスクールにもうれしい仕組みなので、ぜひ利用しましょう。

ただし、受講料無料にするためには一定の条件があります
また、
スクールから紹介される転職先が、必ずしもエンジニアとしての仕事ができるとは限らないので、申込み前に必ず確認しましょう。

「転職保証」と「転職サポート」の違いは?

転職をうたったスクールには、転職サポートの他に「転職保証」のあるものがあります。転職サポートでは、

  • キャリアカウンセラーへの相談
  • 希望条件に合う企業の紹介
  • 履歴書作成支援
  • 面接対策

などを受けることができ、「転職保証」のスクールでは、その名のとおり転職できなかった場合は全額返金保証などの手厚いサポートがついています。
より確実に転職や就職を成功させたいという方におすすめです。

しかしその分、年齢制限や定員があるほか、細かい条件があるので注意しましょう。

「転職保証」コースの注意点は紹介先企業の”質”

では「転職保証」のあるスクールで受講した場合、どんな企業を紹介してもらえるのでしょう?また、サイトで紹介されている企業に自分が採用されるかどうかはわかりません

仮に大企業を受けて落ちた場合、そこよりレベルの低い会社を勧められ、そこが受からなければさらにレベルの低い会社を勧められる…といったように、本人にとって不本意な企業でも、紹介されたらそこに就職しないと受講料が無料にならないという負のスパイラルに陥る可能性もあります。

このようなことにならないよう、自社開発企業の紹介のあるスクールを選び、そこで確かなスキルを磨くことが肝要になってきます。

スクールによって紹介企業が違うことも

スクールが紹介する企業には差があります。スクールを運営する企業母体がエンジニア転職支援サービスの会社なら、自社開発企業の紹介が多い・即戦力になる教育がしっかりしているなどのメリットがあります。

逆に、SESの紹介が多いスクールもあります。最初はSESでもその後自社開発企業への転職の道が拓ける場合もあれば、成長しにくい現場に配属されることもあるなどの当たりはずれがありますので、無料相談会や転職サポートを受けるときにしっかり相談しましょう。

このような面を満たした厳選おすすめのプログラミングスクールは、以下の校です。

転職・就職サポートが充実しているプログラミングスクール3選 

自社開発企業の紹介が多いPOTEPAN CAMP Railsキャリア


引用元:POTERAN CAMP

ポテパンキャンプは企業母体がエンジニア転職支援サービスの会社で、自社開発企業の紹介が多いスクールです。

学習内容が高度で、数あるプログラミングスクールの中でも最高レベルに質の高い内容と言われています。Rubyエンジニアとして就職率が高いのが特徴です。

対象 制限なし
受講形態 オンライン
授業形式 基礎~実戦課題・チーム開発
週15~20時間(計400時間)の学習時間の確保が必要です
言語 HTML/CSS・JavaScript・Ruby・SQLなど
コース Railsキャリアコース:エンジニア転職に必要な全て
講師 現役エンジニア
学習サポート 現役エンジニアによる質の高いレビュー
最初の1ヵ月は週1回のビデオ通話が可能
質問対応受付 10時~23時(チャットサポート)
無料体験・相談 〇(予約制)
転職サポート コース受講後にキャリアカウンセラーによるサポート
履歴書・経歴書の添削やオリジナルポートフォリオのサポート(無期限)
紹介企業 自社開発企業に転職可能
オウチーノ・IBJ・grooves・SAKURA Internet 他非公開求人多数
20代向けにはポテパンキャリアでの紹介もあり
料金 Railsキャリアコース:440,000円
スタート時のスキルに応じて飛び級スタート可能
期間 5か月
返金保証 転職保証なし

RailsキャリアコースにはMacが必要です。
詳細は公式サイトで最新情報をご確認ください

転職保証つき TECHCAMP エンジニア転職 


引用元:TECHACADEMY

TECHCAMPエンジニア転職には、昼間に受講できる10週間「短期集中スタイル」と半年かけて学習するエンジニア転職「夜間・休日スタイル」があります。
エンジニアとして転職活動をして内定が出なかった場合は
受講料が全額返金されます(条件あり)。

2000名を超える上場企業や急成長ベンチャーへの転職成功実績をうたっていて、まったくの初心者をひとりで稼げるプロの人材になるまで導くことを最大の目標としています。

対象年齢 39歳以下、学生・社会人いずれも可
受講形態 オンライン・通学・オンライン+通学(2021年4月~)
授業形式 オリジナル学習カリキュラムを使用、自己学習形式
600時間の学習時間の確保が必要です
言語 HTML/CSS・JavaScript・Ruby・SQLなど
コース エンジニア転職
講師 学生~現役エンジニア
学習サポート わからないところをビデオ通話やチャットで質問(回制制限なし)
進捗管理やメンタリングサポートもあり
質問対応受付 11時~22時
無料体験相談 〇(予約制)
転職サポート 受講後も無期限でキャリアサポート
紹介企業 非公開・テックキャンプだけの求人枠を紹介
自社サービス開発企業33.3%
正社員85.7%
サイバーエージェント・DMM.com・GMO CLOUDなど
料金 夜間・休日スタイル×オンラインプラン 877,800円
夜間・休日スタイル×通学プラン 987,800円
短期集中スタイル×オンラインプラン 657,800円
短期集中スタイル×通学プラン 767,800円
期間 短期集中スタイル:10週間
夜間・休日スタイル:6か月
返金保証 転職保証あり
受講終了後6か月以内に内定が出なかった場合は受講料を全額返金(条件あり)

受講にはMacが必要です
詳細は公式サイトで最新情報をご確認ください

受講料無料のGEEK JOB スピード転職コース(社会人対象)


引用元:GEEK JOB

GEEK JOB スピード転職コースは受講料無料で、かつ最短22日でエンジニアに転職できるとうたっているプログラミングスクールです。
過去には600名以上が異業種・実務未経験からエンジニアへの転職に成功しています

即戦力となる人材を育てるカリキュラムです。

対象 20代社会人のみ
受講形態 オンライン
授業形式 実践的な完全オリジナル教材
メンターとのメンタリングで学習計画を決定
週30時間の学習時間の確保が必要です
言語 PHP・Java・Ruby・SQLなど
コース スピード転職コース
講師 現役プログラマー・インフラエンジニア
学習サポート 講師によるチャットおよびビデオ通話のサポート
質問対応受付 10時~18時
無料体験相談 〇(予約制)
転職サポート 転職メンターによるキャリアサポート
関東圏内への就職を前提
紹介企業 正社員紹介500社以上
サイバーエージェント・DMM.com Labo・BOOK OFFなど
料金 無料(条件あり)
期間 約3か月

詳細は公式サイトで最新情報をご確認ください

まとめ

エンジニアの転職・就職についての基礎知識とおすすめプログラミングスクールのご紹介をしました。プログラミングスクールに入るのは転職が目的ではなく、転職できるほどのスキルを磨くことです。
スクールを利用して集中的に学ぶことで、さらなるキャリアアップを目指しましょう。