AI

機械学習が組み込まれているWebアプリとは?例と必要な知識やスキルを紹介!

本記事では、機械学習が組み込まれているWebアプリについて解説しています。機械学習に興味がある方はぜひ参考にしてください。

機械学習とは

機械学習とは、その名の通り機械自身が自動的に学習することです。

機械学習は、Webアプリの開発やデータサイエンスを行う際の、データ分析、処理などで利用される手法であり、機械がアルゴリズムによって構築されたルールで自動的に学習し、データ分析を行うため、機械学習を応用するとデータ収集を自動的に行えるようになり、業務の効率化をはかれます。

機械学習は現在、大きく進化している領域であり、世界中で注目されています。機械学習により機械が今までのデータをもとに予測や判断を行えるようになりつつあります。

機械学習による、予測や判断の精度が高まることで自動運転自動車など近未来的な技術を搭載した機器や医療やインフラが発展する可能性が高まります。

機械学習で必要不可欠なものが人工知能(AI)です。現在利用されている人工知能の多くがディープラーニングという手法によるデータ分析を行っており、分析するデータが膨大なほど、賢く精度の高い予測や判断ができる人工知能を構築できる可能性が高まります。

そのため、膨大なデータが必要不可欠であり、良質なデータが多ければ多いほど、機械学習の進化する効率が上がり、高い精度のものを開発できるようになります。また、最近では機械学習にビッグデータが利用されることもあり、ビッグデータには良質なデータが多いため、機械学習のさらなる進化が期待できます。

機械学習はその特性上、データサイエンス等にも用いられています。機械学習を用いたデータサイエンスにより、膨大なデータを分析、処理が行えることにより、最先端の技術の開発や現在の技術の進化、発展などさまざまなメリットがあるため、現在世界中で注目を集めている分野です。

機械学習が組み込まれているWebアプリ

機械学習が組み込まれているWebアプリは現在、さまざまな場面で利用されています。そこでここでは、機械学習が組み込まれているWebアプリの例を紹介していきます。機械学習が組み込まれているWebアプリは以下の通りです。

  • 顔認識
  • マッチングサービス
  • 自動検知システム
  • 言語翻訳
  • 採点

顔認識

顔認識を行うWebアプリの多くに機械学習が組み込まれています。顔認証を行うWebアプリでは、個人の顔を人工知能が判断し、登録している人と同一人物である場合にロックが解除されます。

その他に、顔写真をもとに似ている顔をしている有名人や歴史上の人物を検索するWebアプリやペットの表情を認識し、病気などの異変があることを予測するWebアプリまであります。

このように、機械学習を組み込んでいる顔認識Webアプリは現在多く存在し、国際指名手配をされている人間を空港で検知するシステムもあります。

そのため、機械学習による顔認識の精度が高まることでさまざまな分野で活用できるようになり、事件や事故を未然に防ぐことも可能になる可能性があります。

マッチングサービス

マッチングサービスを行うWebアプリでも機械学習が組み込まれてるものが多いです。マッチングサービスに登録した人の属性を機械が認識し、その人に合う属性を持っている人にマッチングさせるという仕組みです。

機械学習が組み込まれているマッチングサービスのWebアプリは現在、出会い系のものから求人系のものといった幅広い分野で利用されています。

機械学習で自動的にマッチングするため、精度の高いWebアプリを作ってしまえば、バグやアップデートなど以外では特に何もしなくてもWebアプリの運営を行えます。

また、多くの人がWebアプリを利用することでそこからデータを収集し、自動で学習するため、人工知能が賢くなり、時間とともに精度が高まっていきます。

自動検知システム

自動検知システムを行うWebアプリのほとんどに機械学習が組み込まれています。

工場の製造ラインの監視や試験の監視などで自動検知システムが利用されており、不正なものや不正な行為を機械学習によって人工知能に学習させ、自動的に検知するシステムです。

そのため、人間が監視する必要がなくなり、人件費や時間的なコストの削減につながります。

また、自動検知システムは多くの分野で活用できるため、精度が高まることでよりよい生活が送れるようになります。

言語翻訳

言語翻訳を行うWebアプリの多くに機械学習が組み込まれています。

以前の言語翻訳を行うWebアプリは構築したアルゴリズムのままであったため、応用が利かないことが多く、良いものと言えませんでした。

しかし、最近の言語翻訳を行うWebアプリは機械学習を行える人工知能が組み込まれているため、多くの人が利用していくことで翻訳の精度が高まっています。

そのため、海外旅行などで外国人の人と別言語で話す場合があったとしてもスマホさえあれば対応できる時代になりつつあります。また、機械学習と言語翻訳は相性が良いため、Webアプリのレベルアップが早いです。

採点

採点機能を行うWebアプリにも機械学習が組み込まれています。テストの採点やカラオケの採点などさまざまな分野の採点を人工知能が行っています。採点と機械学習はとても相性が良く、データ収集が行いやすいため、人工知能の精度が高まりやすいです。

また、人工知能の精度が高まることで機械が採点を行うようになるため、感情での採点がなく平等に採点を行えるようになります。

そのため、企業の面接やプレゼンの採点などにも利用される可能性があり、採点という分野では今後、機械学習が必要不可欠になる可能性が高いです。

このように、機械学習が組み込まれているWebアプリは現在多く、機械学習を組み込んだWebアプリを開発するためには次の項目で解説する3つの知識やスキルが必要になります。

機械学習に必要な知識やスキル

機械学習に必要な知識やスキルは以下の通りです。

  • 統計学
  • 情報工学
  • 英語力

統計学

統計学では、「数学的知識」や「データ分析の手法」などの知識やスキルが必要になります。

数学的知識では、確率や統計、微分積分、アルゴリズムや解析モデルの知識が必要です。

データ分析の手法では、統計処理や数理モデルの作成のスキルが必要です。

情報工学

情報工学では、「プログラミング言語」や「データベース」、「ビッグデータの処理」の知識やスキルが必要になります。

プログラミング言語では、機械学習で利用する「Python」と統計解析で利用する「R言語」の知識やスキルが必要です。

データベースでは、機械学習で利用するデータの保管、管理を行うために必要になります。

ビッグデータの処理では、扱うことが難しいビッグデータの分析、処理するための知識やスキルが必要になります。

情報工学の中でもプログラミング言語を扱えなければ機械学習を組み込んだWebアプリを開発することは不可能です。そのため、プログラミング言語の学習はとても重要になります。

英語力

英語力が必要な理由は、機械学習を行う際に利用する情報のほとんどが日本語翻訳されていない英語のものが多いからです。

機械学習を行うためには、英語の情報を得る必要があり、英語の情報が一番鮮度が高く、信頼性が高い情報になります。そのため、機械学習によってキャリアを進めたい人は英語力も同時に高めるようにしましょう。

機械学習の個別指導なら『Tech Teacher』

引用元:Tech Teacher

このBlogを運営するTech Teacherは、機械学習を学習する社会人を対象に、初心者から挫折した人まで、一人ひとりの目的や学習状況にあわせた個別指導を行っています。

また、オンライン指導も選べるので、自宅でも対面でも受講できます。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導で着実に身につく!

Tech Teacherでは専任の教師が完全マンツーマン指導を行います。
学習状況や目標をしっかり把握した教師が、生徒様のご要望もふまえながら最適なオーダーメイドの指導をご提供します。

お仕事と両立しながら続けられる!

Tech Teacherなら、受講日時や回数を生徒様のご都合に合わせて柔軟に調整することができます。
そのため、お仕事との両立がしやすく、プログラミング学習を継続的に学習することができます。忙しい合間にプログラミングを学びたいという方におすすめです。

授業料は受けた分だけ!

Tech Teacherでは、生徒様が受けた授業の時間分だけ後払いで請求させていただきます。そのため、気軽にプログラミングの学習を始めることができます

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

本記事では、機械学習が組み込まれているWebアプリについて解説しました。機械学習を組み込んだWebアプリの開発を行いたい方は、機械学習に必要な知識やスキルの学習を行うようにしましょう。