挫折

【脱スランプ】プログラミングがつまらない場合に乗り越える具体的方法

プログラミングがつまらないと感じてしまった人もいるかもしれません。しかし、プログラミングがつまらないのは、実は当たり前ということを知って欲しいです。

そのため、つまらなくても辞めずに続けた方が良いです。その理由について今回は解説して頂けたらと思います。

本記事ではプログラミングがつまらないと感じる理由と、楽しむための具体的方法を解説しましょう。プログラミングがつまらなくて悩んでいる方は、ぜひ本記事を参考にして頂けたらと思います。

プログラミングがつまらないのは当たり前

まず、プログラミングがつまらないのは当たり前ということを認識しましょう。その理由は以下の2つに集約されます。

  • プログラミングは目的ではなく手段
  • プログラミング学習に挫折する人は多い

1つ1つについて詳しく解説していきましょう。

プログラミングは目的ではなく手段

プログラミングはあくまで、仕事や趣味をより良くするための手段に過ぎません。プログラミングをやること自体が目的ではないのです。

なので、プログラミング作業自体に面白みを感じるというよりは、自分で作ったプログラムを動かし、便利になったときに喜びを感じる人が多いです。

プログラミング学習に挫折する人は多い

プログラミング学習に挫折する人は多いです。恐らく、実務レベルまで到達できる人より、途中で挫折する人の方が多いのではないかと思います。

こういったことからも、プログラミングがつまらないのは、当たり前ということが言えますね。プログラミングがつまらなくても、「自分は向いていないのでは」などと悲観する必要はありません。そう感じる人の方がむしろ多いからです。

プログラミングがつまらないと感じる理由

プログラミングがつまらないと感じる具体的理由を解説します。理由は大きく分けて次の4つです。

  • 目的があやふやになっている
  • タイピングが面倒
  • エラーの解決方法が分からない
  • 覚えることが多い

これらが原因で、プログラミングを余計につまらなくしている可能性もあります。改善点も含めて解説していきましょう。

目的があやふやになっている

プログラミングを学ぶ目的があやふやになっている人は多いです。勉強を始める前にまず、何を作りたいかを明確にしましょう。

何を作りたいか明確にすれば、後はそこへ向かって行くだけです。ゴールを決めないと、いつまでも勉強しないといけないと感じてしまい、余計に苦痛になってしまうでしょう。

タイピングが面倒

タイピング作業が単調で面白くない、という方も多いかもしれません。サンプルコードを写したりするのが面倒という方もいるでしょう。

しかし、実際に手を動かさないと中々プログラミングは習得できません。タイピングが面倒という方は、恐らくタイピングが遅いから面倒なのではないでしょうか?

タイピングが遅い場合は、まずタイピング練習から始めるのも良いでしょう。「e-typing」「寿司打」などの無料サイトで楽しく練習が可能です。試してみてください。

エラーの解決方法が分からない

エラーの解決方法が分からないという方も多いです。エラーを解決するのに何分もかかるケースもあります。分からないことを長時間考え続ける作業は決して面白いとは言えませんよね。

エラーと格闘する時間はなるべく減らす方が、プログラミングを学習する上でのストレスが軽減されます。そこで、解決しないエラーは、質問サイトを使って質問してみることをおすすめします。

質問サイトを使えば、ベテランのエンジニアが答えてくれる可能性があります。こういった方法でエラーをすぐに解決しましょう。

覚えることが多い

覚えることが多くて面倒、という方もいるかもしれません。確かに1つの言語だけでも、文法を全部記憶するのは大変ですよね。

また、一度覚えたことも忘れてしまうこともあるでしょう。何回も覚え直さないといけないのは苦痛が伴います。

おすすめは、勉強したことをブログやSNSにまとめることです。そうすることで、記憶に定着しやすくなり、勉強をやり直す回数が減りますよ。

プログラミングの勉強はインプットだけでなく、アウトプットも重要なのです。

プログラミング学習を楽しむには

プログラミングがつまらないのは当然と解説しました。しかしそうは言っても勉強を続けるためには、少しでも楽しくすることが大切ですね。
楽しいと感じる瞬間が増えれば、挫折する確率も低くなるでしょう。

そこで、プログラミングを楽しくための具体的コツを解説します。コツは全部で4つです。

  • わからないところは即解決する
  • 一緒に勉強する仲間を作る
  • 学習内容をSNSで発信する

1つ1つのコツについて詳しく解説していきましょう。

わからないところは即解決する

分からないところを放置しておくと、どんどん分からないことが増えていき、勉強が楽しくなくなります。できればその日の内に解決しましょう

先程解説した質問サイトを使う手もありますし、お金に余裕があるならプログラミングスクールに通うのも良いです。分からないところはチャットで質問すれば、すぐに答えが返ってきます。スクールの講師は現役エンジニアなことが多く、分かりやすく解説してくれるでしょう。

一緒に勉強する仲間を作る

一緒に勉強する仲間を作るのも、モチベーションを保つ上で効果的です。仲間と成果を競い合うことで、どんどん勉強が前へ進んでいきますよ。また、分からないところがあったら、仲間に質問することもできます。

勉強仲間を作るなら、勉強会に参加するのがおすすめです。Web業界などでは定期的に勉強会を開催しているので、一度参加してみましょう。

学習内容をSNSで発信する

学習内容はSNSで発信するのがおすすめです。今日学習した内容をTwitterに書き込むことで、他の人なら「いいね」を貰うことができます。

SNSで他の人から承認されることで、モチベーションがアップしますよ。プログラミングがつまらないという方は、Twitterもやってみてください。

また、SNSを通じて勉強仲間を作ることも可能です。特にTwitterには、勉強内容を発信しているプログラミング初学者が多くいますよ。

プログラミングの家庭教師『Tech Teacher』


引用元:Tech Teacher

「スクールに通い続ける自信がない…」
「時間がなくてスクールに通えない…」

そんな方にはプログラミングの家庭教師『Tech Teacher』がおすすめです。
Tech Teacherはマンツーマン指導なので、生徒様一人ひとりに最適な指導を行うことができます。また、オンライン指導も可能なので、全国どこにいても家庭教師の授業を受けることができます。

Tech Teacherの3つの特徴


生徒様に最適化されたマンツーマン指導
完全マンツーマンの指導なので、生徒様の目的・学習状況・ご要望に合わせて、最適な指導をご提供いたします。

指導力・人柄・相性の優れた教師のご紹介
Tech Teacherには採用率20%の選考を突破した、指導力の高い教師が在籍しています。また、選考では指導力だけではなく人柄も重視しております。

1,000人の教師が在籍!幅広い指導に対応可能
業界トップレベルの1,000人の教師が在籍しています。そのため、幅広い言語・ツール・目的に対応することができます。

家庭教師ならではの5つの魅力


オーダーメイドのカリキュラム
生徒様一人ひとりに習熟度・目的・期間に応じて最適なカリキュラムを提供いたします。

きめ細やかなフォローが可能
生徒様からのご要望にきめ細やかに対応し、学習計画や勉強法などの指導もできるので、普段の勉強も捗ります。

習い事・学業・お仕事との両立が簡単
教室に通う必要がないので親御様の送迎も不要です。授業時間・頻度を生徒様のご都合に合わせて自由に調節することができます。

自分のペースで進められる
生徒様の理解度や意欲に応じて授業のスピードを調節できます。不明点や疑問点は都度立ち止まって解消できるので、着実に理解して進むことができます。

すぐ質問できるから挫折しない
先生を独り占めできるので、周りの目を気にすることなく分からないところをいつでも質問できます。

Tech Teacherへのお問い合わせ

無料体験授業・資料請求のお問い合わせはこちらから

質問のみのお問い合わせも受け付けております。

まとめ

本記事ではプログラミングがつまらないと感じる場合の対処方法を解説しました。どうすれば楽しく勉強できるのか、方法が見つかりましたでしょうか?

プログラミングがつまらないのは当たり前のことです。そのため、少しでも楽しくするために、様々な工夫をする必要があるでしょう。本記事で解説したことを参考に、ぜひ楽しくプログラミングを学ぶことを意識してみてくださいね。