Python

Pythonでアプリ開発に挑戦しよう!ゼロから分かりやすく解説

近年、人気の高いPython。
実は有名な動画共有サイトや写真共有アプリにもPythonが使われています。

「Pythonでどんなアプリが開発できるか知らない…」
「Pythonでアプリを開発したいけど、何を学べばいいかわからない…」

こんな疑問や不安はありませんか?
本記事では、Pythonで作られたアプリの具体例や開発手順などを徹底解説します!

Pythonでアプリを開発したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

Pythonで開発できるアプリとは

Pythonできることは、AI開発や音声認識、ブロックチェーン開発など、多岐にわたります。Pythonで可能なことの中でも、アプリ開発について確認していきましょう。

そもそもアプリとは

アプリはアプリケーションソフトウェアの略です。
アプリケーションは「適用」や「応用」をソフトウェアは「コンピュータを動かくためのプログラミング」を意味します。つまり
アプリケーションとは「特定の作業をおこなう目的で作られたソフトウェア」のことです。
具体的には、以下のようなアプリです。

  • SNS
  • メール
  • 地図アプリ
  • 表計算ソフト
  • 画像・動画編集ソフト

どれも現代の日常に欠かせないものとなっていますね。

Pythonで開発できるアプリの具体例

Pythonでどのようなアプリが開発できるのでしょうか。具体例を3つ紹介します。

  • YouTube
  • Instagram
  • Dropbox

順に見ていきましょう。

①YouTube

YouTubeは動画共有サービスとして世界中で利用されており、日本でも人気が高いですね。実はYouTubeの開発言語にも、Pythonが採用されています。

主にサーバーサイドの処理で活用されており、動画のアップロードやスムーズな動画視聴に役立っています。

②Instagram

Instagramは写真共有アプリとして人気の高いSNSです。

Instagramの開発当初、Pythonは使用されていませんでした。しかしユーザーの増加に対応するため、PythonのフレームワークであるDjangoによる開発がなされました。Pythonの汎用性の高さがうかがえますね。

③Dropbox

オンラインストレージサービスであるDropboxにも、Pythonが使われています。

Dropboxは世界中で利用されているため、すばやいデータ表示が必要です。そこでコード量の少ないPythonが処理速度の高速化に役立っています。

Pythonでアプリ開発をするメリット

世界的に人気の高いアプリの開発でPythonが採用されているのは、下記のメリットがあるためです。

  • 初心者でも学びやすい
  • 可読・保守性が高い
  • フレームワークが豊富

ひとつずつ確認しましょう。

①初心者でも学びやすい

Pythonは初心者でも学びやすいプログラミング言語のひとつです。なぜならPythonには、シンプルかつコード量が少ないという特徴があるからです。
1行で多くの処理を実行でき、エラーも発生しづらく、発生した場合でも容易に発見可能です。学習コストの低いプログラミング言語であることがわかりますね。

②可読・保守性が高い

プログラミング言語によっては、コードの書き手の癖やレベルの違いによって、コードの質に差が生まれます。しかし、Pythonは他の言語よりもシンプルでコード量が少ないプログラミング言語です。誰が書いても似たコードになるため、開発者以外が読んでも読みやすく、修正作業も楽におこなえます。

③フレームワークが豊富

Pythonには、アプリ開発のための豊富なフレームワークが用意されています。
フレームワークは、アプリ開発の骨組みとなる部分です。開発に必要な機能がある程度、最初から実装されています。
フレームワークを用いればゼロから開発せずに済むため、開発スピードは向上し、短期間でのアプリ開発が可能です。

Pythonでアプリ開発をするデメリット

使い勝手の良いPythonですが、2つのデメリットが存在します。

1つ目は、日本語の情報が少ないことです。
Pythonは世界的に人気のプログラミング言語です。しかし、日本でPythonが伸びてきたのは2010年代後半のことで、日本語の情報が少ないのが現実です。

2つ目は、インデントが必須であることです。
Pythonの文法ではインデント、つまり字下げが求められます。なぜならPythonでは、インデントで文のブロックを表現するからです。インデントがないとエラーが生じることがあるため、常に注意しなければいけません。

Pythonでアプリを開発する方法

豊富なフレームワークがあることで、アプリ開発を効率よくおこなえるPython。しかし、初めてPythonを使う場合は何から初めればいいかわかりませんよね。
Pythonでアプリを開発する方法を解説します。

初心者も安心!Pythonでアプリ開発するための環境構築

まずは、Pythonを使う環境を整えましょう。環境構築の方法は下の3つがあります。

  • 公式サイトからインストール
  • パッケージでインストール
  • クラウド環境を導入

順に紹介します。

①公式サイトからインストール

Pythonを公式サイトからインストールするのが、オーソドックスな方法です。
公式サイトへアクセスしたら、PCのOSに合わせてインストーラーをダウンロードしてください。インストーラーを実行すれば、完了です。

Python公式サイトはこちら

②パッケージでインストール

パッケージをインストールすることでもPythonは使用可能です。
パッケージとは、Pythonのコードが記載された複数のテキストファイルをまとめたものです。

初心者におすすめのパッケージに「Anaconda」があります。
Anacondaは、Python本体とPythonで使用頻度の高いライブラリも含まれたパッケージです。
Anacondaを使うにはまず、Anacondaのインストールページにアクセスします。次に、PCのOSに適したインストーラーを選択し、Python 3.X versionをダウンロード。インストーラーを実行して完了です。

③クラウド環境を導入

Pythonの環境構築にクラウド環境を用いる場合、PCへのインストールは不要です。

クラウド環境にはAmazon社のAmazon Web ServiceGoogle社のGoogle Cloud PlatformMicrosoft社のAzureなどがあります。クラウド環境を使用するには、アカウント登録が必要です。プランによっては有料ですので注意してください。

Pythonでアプリ開発をするための3ステップ

Pythonの開発環境が整ったら、アプリ開発を進めましょう。
アプリ開発のための手順は以下の通りです。

  • 企画・設計
  • 開発
  • テスト

大まかな流れをつかみましょう。

①企画・設計

まずは、どのようなアプリを何のために作るのか企画し、画面のレイアウトや動きを設計しましょう。Pythonは汎用性が高いため、企画・設計の幅は広いと言えます。

②開発

企画・設計の後は開発です。実際にコードを書いていきますが、ゼロからはじめるのは難易度が高いため、フレームワークを使いましょう。

③テスト

最後にテストを実施します。設計した通りにアプリが作動するか確認しましょう。誤差があれば修正し、再度テストをおこないます。テストと修正を繰り返すことで、アプリの質を向上させましょう。

Pythonでのアプリ開発に便利なDjango

Pythonでのアプリ開発には、Djangoがおすすめです。
Pythonの代表的なフレームワークであるDjangoは、アプリ開発に必要なひととおりの機能を備えています。

Djangoは規模の大小にかかわらずアプリ開発が可能で、その汎用性の高さが人気の理由です。また、利用ユーザーが多いため、インターネット上の情報が多いのも魅力です。

Pythonでアプリを開発するために学ぶべきこと

学習コストの低いPythonですが、アプリを開発するためにはPythonの基本的な文法だけでなく、その他の付随したスキルが必要です。
Pythonでのアプリ開発に必要なスキルや知識が何なのか、確認しておきましょう。

Pythonでのアプリ開発に必要な3つのスキル

アプリを開発するには、Python以外にも次の3つのスキルを学んでおくと良いでしょう。

  • HTML・CSS
  • SQL
  • Django

どれもアプリ開発には必要な知識ばかりですので、確認してください。

①HTML・CSS

HTML・CSSはWebページの見た目を作る言語です。文字のフォントや大きさ、色、ボタンの配置などを調整するために必要な言語であり、アプリ開発には必須です。

②SQL

SQLはWebアプリに欠かせないデータベースを操作するための言語です。ユーザーの情報や商品データを扱うときに用いられます。

③Django

Pythonだけでアプリ開発をおこなうのは非効率です。開発の土台となるフレームワークのDjangoを学習しておきましょう。Djangoは広く普及しているフレームワークですので、インターネット上や書籍での学習が容易です。

Pythonでのアプリ開発におすすめの書籍3選

Pythonでのアプリ開発に向けて、おすすめの書籍3冊を紹介します。
自分のニーズに合ったものを探してみてくださいね。

①『スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング』

スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング引用元:『スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング』

ふりがなをふるようにPythonによるコードの意味を逐一説明してくれる良書です
まだPythonに触れたことのない初心者に適した入門書となっています。

②『独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで』

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで引用元:『独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで』

Pythonの基本だけでなく、プログラマーの心得や仕事のやり方までを網羅しているのが特徴の1冊独学でPythonを学びたい人は、ぜひ手にとってみてください。

③『Python Django 3超入門』

Python Django 3超入門引用元:『Python Django 3超入門』

Pythonのフレームワークで特に人気の高いDjangoの入門書です。サンプルアプリを開発しながら、Djangoを学べるのがメリット。実際にアプリを開発する感覚を感じてみてくださいね。

Pythonの個別指導なら『Tech Teacher』

引用元:Tech Teacher

このBlogを運営するTech Teacherは、Pythonを学習する社会人を対象に、初心者から挫折した人まで、一人ひとりの目的や学習状況にあわせた個別指導を行っています。

また、オンライン指導も選べるので、自宅でも対面でも受講できます。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導で着実に身につく!

Tech Teacherでは専任の教師が完全マンツーマン指導を行います。
学習状況や目標をしっかり把握した教師が、生徒様のご要望もふまえながら最適なオーダーメイドの指導をご提供します。

お仕事と両立しながら続けられる!

Tech Teacherなら、受講日時や回数を生徒様のご都合に合わせて柔軟に調整することができます。
そのため、お仕事との両立がしやすく、プログラミング学習を継続的に学習することができます。忙しい合間にプログラミングを学びたいという方におすすめです。

授業料は受けた分だけ!

Tech Teacherでは、生徒様が受けた授業の時間分だけ後払いで請求させていただきます。そのため、気軽にプログラミングの学習を始めることができます

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

Pythonを学んでアプリを開発しよう!

今回はPythonでのアプリ開発に焦点を当て、アプリの具体例や環境の構築方法、開発手順、開発に必要な知識などを解説しました。

シンプルでコード量が少なく初心者でも扱いやすいPython。
必要な知識をインプットした後は、ぜひPythonでアプリを開発してみてくださいね!