Python

Python初心者必見!おすすめの学習法や活用法を紹介

Pythonの学習を始めてみたものの、独学で最後までがんばり続けられるか不安ですよね。

この記事では、初心者が最初に学ぶべきことを解説します。
学習のロードマップが分かれば安心して学習を進められます。
Python初心者の方はぜひ参考にしてくださいね。

Pythonとは?

Pythonは、1991年にオランダ人のグイド・ヴァン・ロッサム氏によって開発されました。Pythonは30年も使われている比較的古いプログラミング言語です。

Pythonの特徴は、少ないコードでかんたんに書けて読みやすいことです。
Pythonは可読性を重視して開発されました。そのため、初心者でも学習しやすいです。

またPythonは、機械学習やデータ分析ができるだけではなく、Webアプリのサーバーサイドでも使えます。Pythonはこのように様々なことができるため、注目が集まっている言語です。

Pythonは企業でも採用されています。たとえば、GoogleやFacebookがPythonを採用しています。
また、普段私たちが使っているWebアプリにもPythonが使われています。たとえば、YouTubeやInstagramにPythonが使われています。知らないうちに私たちはPythonを使っているのですね。

日経XTECHが調査したプログラミング実態調査では、今後スキルを磨きたい言語の1位がPythonでした。現役のエンジニアもPythonに注目しています。

また、国家試験にもPythonが影響を与えています。
経済産業省が行っている基本情報技術者試験で問題にPythonが出題されています。

Python初心者が学ぶべきことは?

プログラミングを始めるならPythonは良い選択肢であることは理解していただけたと思います。

次に、Python初心者が学ぶべきことについて解説します。
まずは下記のことを学びましょう。

  • 言語の全体像を知る
  • 書き方を知る
  • 動かせる環境を用意する
  • アプリを作る

言語の全体像を知る

まず言語について知りましょう。かんたんにPythonの全体像を見てみましょう。

Pythonはたくさんのことができます。たとえば、画像認識・音声認識 ・機械学習・Webアプリケーション開発・Webスクレイピング・サイバーセキュリティ・ゲーム開発ができます。Pythonはなんでもできる汎用性の高い言語です。

書き方を知る

そして、書き方を学びましょう
Pythonにも文法があるので書き方のルールについて学習します。

たとえば、Pythonはインデントしなければなりません。インデントとは字下げです。
他には、1つのコードは1行で書いたり、コメントを書くときには#をつけます。

このように言語によって書き方があるのでPythonの書き方を知りましょう。

動かせる環境を用意する

Pythonが使える環境を準備しましょう

普段使っているパソコンにPythonをインストールします。
Pythonの公式サイトからダウンロードとインストールができます。
Python2はサポートが終了しているので、Python3をインストールをしましょう。

Pythonをインストールしたらエディタを準備します。これでPythonを動かせる環境が整います。

Pythonのインストール方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています!

【初心者向け】Pythonをインストールしよう!動作確認方法まで解説「Pythonのインストール方法がわからない」 「参考書を見ても古い情報しか書かれてないから、最新のやり方を教えてほしい」 本記事で...

アプリを作る

パソコンにPythonがインストールできたら、実際にアプリを作ってみましょう。1番の学習は実際に作ってみることです。

たとえば、掲示板や作業報告書のようにExcelを使って行っていたことなら、かんたんにアプリ作成ができます。Pythonには開発用のフレームワークが用意されています。

フレームワークをダウンロードして自分用にカスタマイズすれば、Webアプリを作ることができますよ。クラウドサービスにアップロードすれば友人や同僚も使えるようになります。

Python以外の勉強もする

プログラマーやエンジニアに求められる知識は幅広いです。
Python以外にも下記のこれらの言語を学習しましょう。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

これらは、フロントサイドの言語でよく使われる言語です。
Pythonはサーバーサイドの言語ですが、プログラムの開発にはフロントサイドの言語が必要になります。

HTMLはサイトに文章、リンク、画像を入れるためにコンピュータに文章構成を指示する言葉です。

CSSはHTMLで文章構成を指示したものにデザインやレイアウトの見た目を作ります。
たとえば文字のサイズを変更したり、下線をつけたり、背景の色を変えたりできます。HTMLで文章を作ってCSSでサイトの見た目を整えます。

JavaScriptはサイトに動きをつける言語です。ボタンを押したり、ページのスクロールができたりします。Webサイトを作るのに必要な言語なのでPythonと共に学習しましょう。

Python初心者におすすめの勉強方法

次に、初心者におすすめなPythonの学習方法について解説します。

独学のおすすめ学習方法

学習を始めるならまずは独学で始めましょう。
無料で使えるものが多くあるので安心して始めることができますね。

教材としてはサイトやYouTube、書籍がおすすめです。

サイトならドットインストールProgateで学習を始めましょう。どちらも無料で学ぶことができます。サイトを見ながら実際に手を動かして学習を進めることができます。

また、YouTubeにもPythonに関する動画はたくさんアップされています。YouTubeでも、動画を見ながら手を動かして学習していくことができます。

Pythonの学習方法についてはこちらの記事でも詳しく解説しています!

Pythonの効率的な学習方法を解説!オススメの学習サイトと書籍を紹介! 「Pythonを学習する方法がわからない、誰か教えてほしい」 本記事はこのような悩みに応えていきます。 本記事で...

おすすめの書籍

サイトではなく本で学習したい方はこちらの書籍で学習を始めましょう。
おすすめ書籍は下記の3冊です。

『Python1年生 体験してわかる!会話でまなべる!プログラミングのしくみ』

Python1年生 体験してわかる!会話でまなべる!プログラミングのしくみ引用元:Python1年生 体験してわかる!会話でまなべる!プログラミングのしくみ

かんたんなサンプルを使いながら、対話形式でPythonを学べる1冊です。

イラストを交えながら文法について解説しています。
基本的なプログラムから人工知能アプリの作成までプログラミングの仕組みが学べます。

『プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門(1) セットアップ・文字列・数値編』

プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門1引用元:プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門1

こちらは3部作の1冊目で、Pythonの導入や文字列と数字といった初歩の操作から学べます。

これまで入門書で挫折した方でも、Pythonを楽しみながら1冊やり遂げたという達成感を味わえます。

『Pythonスタートブック 増補改訂版』

Pythonスタートブック引用元:Pythonスタートブック

イラストやサンプルコードの記載が満載で、Pythonの基礎から応用まで学べる1冊です。

Pythonの基礎からしっかり学びたい方や、オブジェクト指向の考え方を学びたい人にはおすすめの1冊です。

挫折しないための勉強方法

プログラミング学習は失敗しやすいです。
ひとりで勉強していると分からない点が出てきます。すぐに解決できれば挫折することはないのですが、プログラミングはひとりでは解決できないことが多々あります。

学習を続けるために大切なのは、ひとりで学習しないことです。
挫折しない勉強法は下記の通りです。

  • プログラミングスクールに通う
  • 家庭教師をお願いする

まずは無料で学習できるサイトや書籍を使って学習を始めましょう。
もっと本格的に学びたいときや、挫折しそうなときは
、プログラミングスクールや家庭教師で学習することがおすすめです。

プログラミングスクールや家庭教師で本格的にPythonを学べば、挫折せず学習を続けることができます。学習を続けるほど転職や副業で案件を取るスキルも身につきますよ。

初心者がPythonを使ってできること

初心者でもPythonでできることがあります。Pythonには開発を助けてくれるライブラリやフレームワークがあるからです。
初心者でもできることは下記の通りです。

  • 自動化
  • スクレイピング
  •  Webアプリ

自動化

初心者でもできることの一つ目は、自動化です。

自動化と聞くと難しく感じる方もいるかもしれませんが、APIと呼ばれるツールを使うとかんたんに自動化ができます。

自動化の具体例は、Twitterのbotです。自動化によって同じ内容のツイートを投稿することができます。ツイートだけではなく、いいねやフォローも自動化ができます。

また、Excelも自動化ができます。数値を違うファイルに自動的に移すことができます。手作業では時間がかかりますが、自動化すると効率よく仕事をすることができます。

Pythonの長所は、ライブラリやフレームワークと呼ばれる作業を効率よくできるツールがあることです。
ライブラリやフレームワークを活用することで、開発が簡単にできるようになりますよ。

スクレイピング

初心者でもできることの二つ目は、スクレイピングです。

スクレイピングはWebサイトからデータを抜き出す技術のことです。
たとえば、ショッピングサイトから商品の値段を抜き出して、値段の比較をすることができます。

スクレイピングはクラウドソーシングにたくさんの案件があります。スクレイピングができるようになれば副業やフリーランスで案件を獲得できますよ。スクレイピングは多くの企業が求める技術だということですね。

Webアプリ

初心者でもできることの三つ目は、Webアプリ制作です。

もちろん1からWebアプリを作るのは難易度が高いです。しかし、PythonにはWebアプリ開発に適したフレームワークがあり、フレームワークを使えばかんたんなアプリを作ることができます。
たとえば、FlaskやBottle、Djangoといったフレームワークがあります。これらのフレームワークを使えば、掲示板のようなかんたんなアプリを作成することができます。

Pythonの学習を進めるとできるようになること

Pythonの学習を進めていくと、他にもいろんなことができるようになります。
具体的には下記のこともできるようになりますよ。

  • 機械学習
  • AI
  • ブロックチェーンの開発

機械学習

Pythonの学習を進めて行くと機械学習ができるようになります。

機械学習はコンピュータにデータを学習させるなどして分析する技術です。
データ解析ができると、データサイエンティストにもなれますよ。

AI

Pythonの学習を進めていくとAIの開発ができるようになります。
具体的には画像解析音声解析などができます。

たとえば、画像解析はInstagramで使われています。音声解析はスマホやスマートスピーカーで使われていますね。

AIはすでに私たちの生活に入ってきています。今後も多くの分野でAIは使われていくと言われています。

ブロックチェーンの開発

Pythonの学習を進めていくとブロックチェーンの開発ができるようになります。

ブロックチェーンはデータの改ざんに強い技術で、Pythonはブロックチェーンの強さ支えています。

Pythonはブロックチェーンのハッシュ値で使われています。
ハッシュ値とは、データをハッシュ関数によって適当な値にしたもので、ハッシュ値からは元のデータは分からないようになっています。これによって改ざんを防ぐことができます。

Pythonの個別指導なら『Tech Teacher』

引用元:Tech Teacher

このBlogを運営するTech Teacherは、Pythonを学習する社会人を対象に、初心者から挫折した人まで、一人ひとりの目的や学習状況にあわせた個別指導を行っています。

また、オンライン指導も選べるので、自宅でも対面でも受講できます。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導で着実に身につく!

Tech Teacherでは専任の教師が完全マンツーマン指導を行います。
学習状況や目標をしっかり把握した教師が、生徒様のご要望もふまえながら最適なオーダーメイドの指導をご提供します。

お仕事と両立しながら続けられる!

Tech Teacherなら、受講日時や回数を生徒様のご都合に合わせて柔軟に調整することができます。
そのため、お仕事との両立がしやすく、プログラミング学習を継続的に学習することができます。忙しい合間にプログラミングを学びたいという方におすすめです。

授業料は受けた分だけ!

Tech Teacherでは、生徒様が受けた授業の時間分だけ後払いで請求させていただきます。そのため、気軽にプログラミングの学習を始めることができます

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

Python初心者でも続けていけばスキルアップできる!

今回はPythonの初心者ができることを解説しました。

どんな人でも初心者からのスタートです。
コツコツ学習していけば分かるようになって楽しくなります。
あきらめずに学習を継続しましょう!