Python

Pythonの資格検定を受けるメリットはある?試験の対策も解説!

Pythonの資格検定に興味があるが、資格を取得しても意味がないという意見を聞き受けるべきか迷っている方もいるかと思います。

確かに資格を取得するだけで転職できる、という訳ではないですが、それでも資格を獲得することには様々な意味があるのです。

本記事ではPythonの資格検定について解説します。Python資格の優位性や、資格対策の勉強方法などについてまとめました。

本記事を読むことでPythonの資格検定について、知識を深めることができます。Pythonの資格検定に興味がある方は本記事をぜひ参考にしてくださいね。

pythonそのものについて

まずはPythonそのものについて詳しく解説します。Pythonとは何か、Pythonを活用するメリット、活用事例、将来性などについてまとめました。

Pythonはプログラミング言語の中でも、初心者におすすめできる言語です。なぜそうなのかに関しても、詳しく解説します。

Pythonとは

Pythonは1991年に登場した、プログラミング言語の1つです。プログラミング言語の中でも、高い人気を誇っています。特に海外ではPythonが主流になっており、日本でもPythonの人気が高まりつつあります

Pythonはスクリプト言語に分類されます。スクリプト言語は学習コストが少ない言語として知られています。また、Pythonはスクリプト言語の中でも、ソースコードの読みやすさを重視して開発されました。

Pythonはソースコードの記述ルールが厳格に定められており、誰が書いても似たようなコードになります。そのため、他の人が書いたソースコードもスラスラ読めるのが特徴です。Pythonと対象的なのがPerlという言語で、Perlは様々な書き方ができるように作られています。

Pythonを活用するメリット

Pythonは他にも様々なメリットがありますね。まずPythonはインタープリタ型言語にも分類されます。インタープリタ型言語は、プログラムの実行時にコンパイルを必要としません。そのため、実行結果をスピーディーに確認できる利点があるのです。

また、Pythonには現在主流の技術分野で扱われやすいのもメリットです。Webアプリ開発や機械学習、データ分析などの分野でPythonは活躍しています。

Pythonの将来性

Pythonの将来性は高いと言われています。Pythonは初心者でも習得が容易な上に、データ分析や機械学習でも活躍できるからです。機械学習やデータ分析は今後市場を伸ばす分野と言われていますね。

Pythonには、機械学習やデータ分析で使えるライブラリが多くあります。ライブラリとは、特定のプログラムをひとまとめして再利用できるようにしたもののことです。ライブラリを使えば、プログラムを自分で作らなくて良いので開発作業が一気に効率化されます。

Pythonは将来性が高い上に、初心者でも習得が容易です。そのためPythonを最初に学ぶ言語にするのは、非常におすすめですよ。

python資格の優位性などについて

Pythonがどういう言語か分かったところで、Pythonの資格検定についてみていきましょう。まずPythonの資格検定には2種類のものがあります

・Python3エンジニア認定基礎試験

・Python3エンジニア認定データ分析試験

この2つの試験の出題範囲や難易度についてみていきましょう。

Python3エンジニア認定試験とは

Python3エンジニア認定試験とは「一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会」が実施する資格検定のことです。Pythonの人気の高さもあって、受験者数がとても多い資格です。

Pythonの基礎文法や知識が問われます。合格率はかなり高く、Pythonでの実務経験がない人でも、勉強すれば十分合格は可能です。

試験はCBT方式であり、マウスで選択する形式となっています。また、試験時間は60分で、問題数は40問です。

Python3エンジニア認定データ分析試験

Python3エンジニア認定データ分析試験も、育成推進協会が実施する資格です。こちらは2020年より開始されました。

上記の試験がPythonの基礎知識を問うのに対し、こちらはPythonでのデータ分析に関する問題が出題されます。データ分析ライブラリでお馴染みのPandasの使い方に関する問題も多くありますね。

こちらも難易度はそこまで高くはありません。データ分析の基礎を満遍なく抑えておけば、合格は可能です。また、試験時間は60分で問題数は40問となっています。

Pythonスキルを体系的に身につけられる

ここからはPython検定試験を受けるメリットを解説します。1番のメリットはPythonスキルを体系的に身につけられることでしょう。実務で役立つスキルを幅広く得ることができます。

趣味でアプリ制作をしている人などは、知識が偏っていることも多いです。そのため、資格検定で今一度基礎をおさらいするというのは、良いことでしょう。

Pythonエンジニアとしての自信がつく

エンジニアとしての自信がつくのも、資格検定のメリットです。Python資格検定に合格すれば、一定の知識はあることが証明されます。エンジニアとしての自信がつけば、どんどん新しいことを学んでいけるようになるでしょう。

特にWeb業界の場合、周囲が凄腕エンジニアばかりのことも多いです。周囲と比べてしまい自信を失ってしまった方は、資格検定に合格して自信を取り戻すのも良いですね。

転職活動でのアピール材料になる

資格検定に合格することで、転職活動で学習意欲をアピールできます。ただし、誤解してはいけないのが、資格を獲得しているだけで、選考有利になる訳ではないということです。

大切なのは、資格を通じてどういうスキルを得たか、そのスキルを実務でどう活用する予定なのか、面接で詳細に語ることです。単に履歴書に資格獲得を記載するだけでは、アピールとしては弱いでしょう。

現在流行中のデータ分析スキルも身につけられる

データ分析分野は現在流行している技術分野でもありますね。今後流行する分野は、先回りして習得しておくのが、高年収を獲得するコツです。

「Python3エンジニア認定データ分析試験」を受験することで、データ分析の基礎を身につけられますよ。

Pythonの資格検定の勉強方法

つづいて、Python資格検定の勉強方法を紹介します。Pythonの資格検定に合格することを目指すなら、書籍を使うのが良いです。なぜなら、資格検定は出題範囲が広いため、Pythonの基礎を浅く広く網羅している書籍が適しているからです。

特におすすめのPython書籍は次の3つです。

・Pythonスタートブック

・スッキリわかるPython入門

・Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書

1つ1つのPython書籍のおすすめな点を紹介していきましょう。

Pythonスタートブック

Pythonスタートブック

Pythonスタートブックは、名前の通りこれからPythonをスタートさせる方におすすめの書籍です。本書は「いちばんやさしいPythonの学習書」をリニューアルしたものです。リニューアルしたことで、より初心者に分かりやすい解説が増えました。

本書は最新のPython3に対応しています。Python3の基礎をしっかり学びたい方にはおすすめでしょう。

また、本書の後半では、Webアプリの開発方法やデータ処理の基礎まで解説しています。本書を読み通すことで、1人前のPythonエンジニアを目指すことが可能です。

Pythonの資格検定はそこまで難しい問題は出題されないので、本書で学習すれば十分に対応できます。

スッキリわかるPython入門

スッキリわかるPython入門

スッキリわかるPython入門

スッキリわかるPython入門も、評価の高いPython入門書の1つです。本書はPythonの基礎を丁寧に説明されており、初心者がつまずかないように配慮されています。「なぜ」こうなるかをきちんと解説しているため、疑問点を解決しながら読み進めることが可能です。

更に、本書には練習問題も多く掲載されています。練習問題を解けばより理解を深めることができますよ。

また、「エラー解決・虎の巻」も収録されています。よくあるエラーの解決方法がこちらで解説されています。

Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書

Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書

Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書は、「Python3エンジニア認定データ分析試験」の合格を目指す方におすすめですね。データ分析の基礎が、本書に網羅されており、資格対策として最適でしょう。

Pythonの基本的な文法をはじめ、データの前処理技術や可視化技術、機械学習の実装など、幅広く学ぶことができます。

Pythonのマンツーマン指導を提供する『Tech Teacher』

Tech Teacher本Blogを運営するTech Teacherは、Python学習を一人ひとりに最適化された形の完全マンツーマン指導で提供します。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導

集団授業は周囲の生徒に進度を合わせる必要があったり、雰囲気に呑まれてしまったり…といったお悩みが多くあります。

完全マンツーマン指導ならプログラミングに没頭することができます。

決められたカリキュラムやコースがない

カリキュラムやコースが決められていると、教材の難易度が合わなかったり、やりたいことができなかったりといったお悩みがあります。

Tech Teacherでは、あえてカリキュラムやコースを用意せず、小学生のお子様の性格・目的・プログラミング経験などに合わせて講師や指導を調整します。

ご家庭様の負担を最小限にする柔軟なシステム

Tech Teacherは家庭教師形態のサービスであるため、例えば以下のような柔軟な対応が可能です。

オンライン/オフラインの選択が可能(送迎の必要なし!)

スケジュールを固定にする必要なし!不定期にすることが可能

月ごとに授業の頻度を変更することが可能

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

本記事ではPythonの資格検定について解説しました。Pythonの資格検定の種類や資格対策方法などがお分かり頂けたかと思います。

Pythonの資格検定を取得することで、スキル向上に結びついたり、転職でのアピール材料になったりします。合格はさほど難しくなく、勉強方法も取られないので、資格検定の勉強を行ってみるのも良いでしょう。