Python

Pythonでゲーム開発は可能?入門者向けの真相を解説!

ゲーム開発に挑戦したいが、Pythonでもゲーム開発はできるのか分からない、という方も多いかと思います。Pythonは入門者でも習得が容易な言語ではあるもののゲーム開発はできない、という意見も多く見かけますね。

しかし、実はPythonでもゲーム開発は可能です。また、Pythonでゲーム開発を行うことには様々なメリットがあるのです。

本記事では、Pythonでゲームを作れるのか、という点について解説します。Pythonでゲーム開発に取り組みたい、という方には大いに参考になるでしょう。

Pythonでゲームは作れる

PythonはAI開発やWebアプリ開発に多く使われる言語です。Pythonがゲーム開発に使われる事例は、決して多くはありません。しかし、だからといってPythonがゲーム開発に使えない、という訳でもないのです。

なぜ、Pythonはゲーム開発に使うことができるのか、理由を詳しく解説していきましょう。

Pythonの特徴

Pythonの特徴は習得難易度が低いことです。文法も簡単ですし、覚えることもそこまで多くはないでしょう。また、ソースコードの可読性の高さも評価ポイントです

PythonはWebアプリ開発で多く使われています。Pythonのフレームワークを使えば、SNSやECサイトなど定番のアプリなら低コストで開発することが可能です。スピーディーな開発が求められるWeb系に適した言語でしょう。

また、Pythonと言えばやはりAI開発でしょう。ディープラーニングや機械学習でPythonは大活躍しています。人工知能開発に携わりたいなら、Pythonはまず学ぶべき言語と言えますね。

Pythonはゲーム開発にも使える

Pythonは処理速度が遅いのが、よくデメリットとして挙げられます。そのため、処理内容の多いゲームの開発には不向きと言われることも多いです。

しかし、Pythonには多くのライブラリがあります。これらのライブラリはC言語などで開発されていることも多いです。C言語は、処理速度が非常に早い言語です。そのため、ライブラリを活用すれば、そこまで処理速度の遅さは問題にならないでしょう

また、PythonにはPygameというライブラリがあります。こちらは、ゲーム開発で多く用いられるものです。Pygameを使えば、効率的にゲーム開発が行えます。

確かにPythonを使うゲーム企業は多くはありません。しかし、Pythonはゲーム開発ができない訳ではないのです。

Pythonで作られたゲーム例

Pythonで作られたゲームの一部を紹介しましょう。まず、こちらはPygameでマリオを作っている動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=HBbzYKMfx5Y

Pygameを使うことで、マリオのような処理が複雑なゲームも個人で作ることが可能です。他にも、Pythonでストリートファイターを作成した例も見かけました。

ストリートファイターのソースコードは、こちらで公開されています。興味がある方は、覗いてみると良いですね。

https://code.google.com/archive/p/street-pyghter/downloads

ゲームを作れるプログラミング言語

Python以外にも、ゲーム開発で使われる言語は多くあります。特に次の3つは、ゲーム業界ではよく使われていますね。

・C#

・C++

・JavaScript

これらの言語がPythonと比べてどうなのか、という点について解説します。それぞれの言語の難易度や特徴についても、触れていきましょう。

C#

C#はマイクロソフトが開発したプログラミング言語です。C言語を元にして作られた言語の1つです。C言語にオブジェクト指向の概念が追加され、かつ初心者でも学習が容易である特徴を持ちます

C#はコンシューマーゲームやPCゲームに多く使われています。Unityというゲームエンジンを使うことで、ゲーム開発に応用できるのです。画面構築や処理の設定などが比較的容易に行えます。

C++

C++はC#同様C言語から派生した言語の1つです。C言語の良い所はそのままに、オブジェクト指向の概念を追加して作られました。C同様処理速度が早く、ゲーム開発に向いているとされています。

C++を使って、家庭用ゲームやPCゲームなど幅広くゲーム開発が可能です。ただし、C++は習得難易度がPythonに比べかなり高いですね。そのため、C++を初心者が最初に勉強するのは、少し危険かもしれません。

JavaScript

JavaScriptはWebアプリケーション開発で使われる言語です。主に、フロントエンド側の処理を担当します。JavaScriptを使ってPCゲームを作ることが可能です

JavaScriptは現役で長く使われ続けている言語です。その代わり、機能が豊富で全てを理解するのは難しいと言われています。

Pythonとどちらを選択すべきかは難しいですが、機械学習やデータ分析など、トレンド分野の開発にも使える分、Pythonにやや軍配が上がるといった印象ですね。

これからはPythonの時代

Pythonは、ゲーム業界でメインに使われているという訳ではありません。しかしPythonには「容易に習得できる」「開発コストを抑えることができる」というメリットがあります

そのため個人でゲームを開発する場合、Pythonが役立つ場合は大いにあるでしょう。実際、Pythonでゲーム開発を行う書籍も、多く販売されています。

たとえば「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」という本は、入門者向けにゲーム開発の基礎について分かりやすく解説されていますね。

http://www.sotechsha.co.jp/sp/1239/

また、Pythonはゲーム業界でメインという訳ではありませんが、一部ではPythonが使われていることもあります。たとえば、任天堂の求人ページを見ると、QAエンジニアやネットワークライブラリ開発エンジニアのスキル欄に、Pythonが書かれていることが分かります。

https://www.nintendo.co.jp/jobs/career/kyoto_sec2.html

確かに任天堂Switchのソフト本体を、Pythonで作ることはないでしょう。しかし、ゲームが正しく動作するかテストを行うためのプログラムを作る場合は、Pythonが重宝されます。なぜなら、Pythonはスピーディーに開発ができる言語だからです。

このように、Pythonエンジニアもゲーム開発に携わる方法はあります。

Pythonのマンツーマン指導を提供する『Tech Teacher』

Tech Teacher本Blogを運営するTech Teacherは、Python学習を一人ひとりに最適化された形の完全マンツーマン指導で提供します。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導

集団授業は周囲の生徒に進度を合わせる必要があったり、雰囲気に呑まれてしまったり…といったお悩みが多くあります。

完全マンツーマン指導ならプログラミングに没頭することができます。

決められたカリキュラムやコースがない

カリキュラムやコースが決められていると、教材の難易度が合わなかったり、やりたいことができなかったりといったお悩みがあります。

Tech Teacherでは、あえてカリキュラムやコースを用意せず、小学生のお子様の性格・目的・プログラミング経験などに合わせて講師や指導を調整します。

ご家庭様の負担を最小限にする柔軟なシステム

Tech Teacherは家庭教師形態のサービスであるため、例えば以下のような柔軟な対応が可能です。

オンライン/オフラインの選択が可能(送迎の必要なし!)

スケジュールを固定にする必要なし!不定期にすることが可能

月ごとに授業の頻度を変更することが可能

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

本記事では、Pythonでゲームを作れるのか、という点について解説しました。Pythonでもゲーム開発は可能です。特に個人でゲームを開発を行う場合、短時間で開発ができるPythonは向いていると言えるでしょう。

また、大手のゲーム会社でもテストプログラム開発などで、Pythonが使われることはあります。Pythonエンジニアも、ゲーム系の会社への転職は、目指すことができるでしょう。