Python

Pythonの案件にどんなものがある?エンジニアの言語別市場を解説

フリーとして働くのに憧れはあるけど、実際にフリーランスで仕事があるのか気になりますよね。この記事では言語別の市場やエンジニアに働き方について解説します。フリーランスの案件についてもご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

現在のプログラミング案件の言語別市場

プログラミングを学ぶなら、それぞれの言語の市場価値は気になりますよね。ここではPython、PHP、Javaの市場価値について見ていきましょう。「言語 案件」でGoogle検索してみました。結果は下記の通りです。

言語 案件 Python 案件 PHP 案件 Java 案件
検索数 690 390 480

Pythonの案件を探している人が多いですね。検索している人が多いということはPythonを求めている人が多いということですね。それぞれの言語の特徴や将来性をみていきましょう。

Python

PythonはAIやデータ分析に向いています。AI以外にもWebアプリケーションの開発ができます。WebアプリではYouTubeやInstagramでPythonは使われています。現状、日本での採用事例はPHPやJavaより少ないです。しかし海外ではたくさんの採用事例があります。

AIはこれから伸びる分野です。AIを使う分野はたくんさんありますね。たとえば自動運転はAIで開発されています。自動運転の話題はTVでもよく見かけますよね。PythonはAI分野の開発が得意です。日本ではPythonエンジニアが少ないので案件は高単価なものがありますよ。将来性の高いPythonエンジニアになって案件獲得を目指しましょう

PHP

PHPはWebサイトやECサイト、SNSで使われています。CMS最大手のWordPressでPHPが採用されています。ブログやLPはWordPressを使えばプログラミングの知識がなくても、かんたんに作成できます。ブログやLPの多くがWordPressで作られているので、WordPressは人気がありますよ。

すでにたくさんの採用事例があるので、PHPは今後も使われ続ける言語です。PHPは開発されてから20年が経過しており多くのエンジニアが存在しています。PHPはすでに成熟している分野であると言えますね

近年はRubyの需要が高まり、少しずつPHPからRubyに置き換わりつつあります。しかもRubyの方が年収が高いです。今からPHPを学んでも活躍するのはむずかしいでしょう

Java

Javaは基幹システムの開発に向いています。JavaはWebアプリケーションや金融システムで使われています。ゲームも作成することができ、『Minecraft』はJavaによって作成されました。

Pythonと違ってJavaは処理速度が早いです。ただ動かすまでの準備に時間がかかるのが難点です。またJavaは使える幅が広い分、Java以外の幅広いスキルが求められます。

Javaはこれまで大規模なシステムで使われてきました。だからJavaは今後も使われ続ける言語です。古い言語なのでたくさんのエンジニアが既にいます。既に多くのJavaエンジニアがいるので年収は他の言語より低くなります

Javaで年収を上げるならJava以外のスキルが必要です。たとえばマネジメントスキルなどですね。これからJavaを学んで市場価値は上げるにはかなりの時間を要するでしょう

今からプログラミングを学ぶならPython一択

これからプログラミングを始めるならPythonを学びましょう。Pythonは今後さらに需要の高まる言語ですよ。Pythonを学ぶメリットは下記の通りです。

・AI分野は伸びていくから

・年収が高いから

・初心者でも始めやすいから

AI分野は伸びていく

AIは今さまざまな形で私たちの生活を豊かにしています。YouTube、InstagramやDropboxでPythonが使われています。普段私たちが使用しているアプリですね。

その他にもAIの技術で開発されているものに自動運転があります。自動運転にもPythonは使われています。今後ますます私たちの生活にAIは入ってきます。今からプログラミングを始めるならPythonを学びましょう。

年収が高い

Pythonエンジニアは他の言語より年収が高いです。日本ではまだPythonエンジニアが少なく、需要があるので年収が高いですよ。同じエンジニアとして働くなら年収が高い方がいいですよね。

初心者でも始めやすい

今からプログラミングを始めるならPythonを学びましょう。Pythonなら初心者でも挫折しにくいからです。プログラミングを始める人の多くが挫折します。プログラミングは分からないことが多く解決できないからです。

しかしPythonはコードがかんたんです。しかも書きやすく読みやすい言語です。初心者が学習しやすい言語ですよ。

Pythonエンジニアの概要

Pythonエンジニアはどんな仕事をするのでしょうか?Pythonエンジニアの概要をご紹介しますね。

Pythonエンジニアの仕事内容

Pythonエンジニアの仕事内容は下記の通りです。

・クライアントとシステムの打ち合わせ

・システムの概要の設計

・プログラマーへの指示

・プログラムを組む

・データ解析ツールの作成

エンジニアの仕事はシステムの設計を行うことです。もちろんプログラムを組みますが、依頼されたシステムを稼働させるのがエンジニアの仕事です。エンジニアはプログラムを組む以外にもマネジメントスキルが必要ですよ

Pythonエンジニアの年収

日経XTECHの調査によれば、Pythonエンジニアの年収は636万円です。エンジニアの年収で1番多いのは500万円台なのでPythonエンジニアの年収は高いですね。Pythonはまだ日本では採用事例が少ないです。今後AI分野の発展が見込まれるので、年収はこれからさらに上がりますね。

参考元URL:https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00138/082100615/?P=2

フリーランスエンジニア

エンジニアは企業に勤めるだけではありません。フリーとしてPythonのエンジニアはできますし、フリーランスのメリットもありますよ。フリーランスのエンジニアのメリットは下記の通りです。

・年収アップが期待できる

・仕事に集中できる

年収アップが期待できる

フリーランスエンジニアのメリットは年収アップが期待できることです。フリーランスは業務委託として企業に常駐します。1つのプロジェクトごとに採用され、プロジェクトが完了すれば契約は終了になります。

1つのプロジェクトで報酬は70〜80万円です。同時に複数のプロジェクトをこなすと企業に勤めるエンジニアの年収を超えることもできます。フリーランスはプロジェクトごとの採用なので年収アップが望めますよ

仕事に集中できる

フリーランスのもう1つのメリットは仕事に集中できることです。企業に勤めると、人間関係が苦しかったり、望まない仕事もしなければなりませんよね。フリーランスなら嫌な人間関係は一切ありません。自分がやりたい仕事に集中できます。嫌な仕事がないのでストレスフリーですね。

ただメリットばかりではありません。もちろんデメリットもあります。フリーランスは企業に勤めていないので収入が安定しません。エンジニアは不足しているとはいえ応募すれば必ず採用されるとは限りません。業務委託なので扱いが正社員と同等でないこともあります。採用された企業により当たり外れがありますよ。

具体的なPythonの案件例

Pythonの案件をご紹介します。勤務地はフルリモートの案件もありますが、企業で勤務する常駐の場合が多いです。

媒体 案件数 価格帯 勤務地 URL
PE-BANK 77件 50〜120万円 企業に常駐

フルリモート

https://pe-bank.jp/project/python/?p=2
レバテックフリーランス 102件 35〜95万円 企業に常駐 https://freelance.levtech.jp/project/search/?show_public_only=1&order=2&skill%5B0%5D=7&srchbtn=list_search&tag_order=skill7
テックストック 205件 38〜160万円 企業に常駐

フルリモート

https://tech-stock.com/projects/skill/language_python/
フリーランススタート 5,285件 12〜160万円 企業に常駐

フルリモート

https://freelance-start.com/jobs/skill-3
テクフリ 460件 〜132万円 企業に常駐

フルリモート

https://freelance.techcareer.jp/skills/40/

 

Python案件の特徴は下記の通りです。

・企業に常駐がメイン

・平均単価は70万円

企業に常駐がメイン

Pythonの案件は企業に常駐して開発するのがメインです。Pythonの案件は数人で行うプロジェクトではありません。もっと大人数で開発を行います。大人数で行う案件なので企業に常駐して仕事をしていきます。

リモートが可能な案件ももちろんあります。ですが、リモート可の案件は数人でできる案件のみとなっています。

平均単価は70万円

Pythonの案件の平均は70万円です。価格帯としては10万円代から100万円を超える案件も存在します。単価が大きくなるほど求められるスキルは高くなります。Python以外の言語ができることを求められたり、マネジメントを求められます。高い単価を受注したいなら、Python以外の言語も習得しましょう。

Pythonのマンツーマン指導を提供する『Tech Teacher』

Tech Teacher本Blogを運営するTech Teacherは、Python学習を一人ひとりに最適化された形の完全マンツーマン指導で提供します。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導

集団授業は周囲の生徒に進度を合わせる必要があったり、雰囲気に呑まれてしまったり…といったお悩みが多くあります。

完全マンツーマン指導ならプログラミングに没頭することができます。

決められたカリキュラムやコースがない

カリキュラムやコースが決められていると、教材の難易度が合わなかったり、やりたいことができなかったりといったお悩みがあります。

Tech Teacherでは、あえてカリキュラムやコースを用意せず、小学生のお子様の性格・目的・プログラミング経験などに合わせて講師や指導を調整します。

ご家庭様の負担を最小限にする柔軟なシステム

Tech Teacherは家庭教師形態のサービスであるため、例えば以下のような柔軟な対応が可能です。

オンライン/オフラインの選択が可能(送迎の必要なし!)

スケジュールを固定にする必要なし!不定期にすることが可能

月ごとに授業の頻度を変更することが可能

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

独立するなら将来性のあるPython案件で仕事をしよう

Pythonの案件について解説しました。フリーランスで仕事をしていくなら将来性のあるPythonで仕事を獲得しましょう。

あなたのキャリアアップの一助になれたら幸いです。