Python

Pythonのメリットとは?初心者やビジネスにおすすめな理由

「プログラミング学習をスタートさせたいけれど、どの言語から学ぶべきか迷っている」という方は多いはずです。プログラミング言語には数多くの種類があるため、選択に困りますよね。

これから学習をスタートさせるなら、Pythonから学ぶのがおすすめです。
本記事では、
Pythonの具体的なメリットについてまとめました。
加えて、Pythonのメリットを生かせる人材になる方法もまとめてあります。

本記事を読むことで、Pythonを学ぶべき理由が分かりますよ
プログラミングを学ぼうと思っている方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

Pythonのメリット

Pythonは人気言語の1つです。Pythonが人気なのには、しっかりとした理由があります。主な理由は次の3つです。

  • コンパイルが不要
  • 初心者にもおすすめの言語と言われている
  • 機械学習ライブラリが充実

これらの特徴があるため、Pythonは将来性が高いとも言われていますね。
1つ1つの理由について詳しく解説していきましょう。

コンパイルが不要

Pythonはインタープリタ型言語であるため、コンパイルが不要です。
C言語などの言語は、ソースコードを実行する際、一度機械語に翻訳する作業が必要ですが、Pythonならいきなり実行することができます。Pythonはソースコードを一行ずつ機械語に翻訳しながら実行するためです。

反面Pythonは一行ずつ実行するため、処理速度が遅いというデメリットがあります。
しかしそのデメリットはそこまで気にしなくても問題ありません。その理由に関しては後ほど解説しましょう。

初心者にもおすすめの言語

Pythonは初心者にもおすすめの言語と言われています。
なぜなら、Pythonは文法が分かりやすく。覚えることも少ない言語だからです。Javaなどの言語に比べ記述量が少なく、ソースコードも読みやすくて初心者に優しいです。

Pythonは学習コストが低く、未経験者が最初の言語として選択するのに適しています。難しい言語から勉強を始めてしまうと、途中で挫折する可能性が高いので注意が必要です。

機械学習ライブラリが充実

Pythonは機械学習ライブラリが充実しています。
ライブラリとは特定のプログラムがひとまとめになったもののことで、インストールすることで誰でも活用することが可能です。ライブラリは他の言語にもありますが、なかでもPythonは機械学習ライブラリが豊富であり、機械学習やデータ分析の開発に適していると言われています。

また、ライブラリ自体は速度の速いC言語で作られているため、Pythonの処理速度の遅さを補うことが可能です。Pythonの処理速度が遅くても問題ないというのは、ライブラリが豊富にあるためです。

機械学習やAI・人工知能は最近注目されている分野です。AIが運転する車が普及するなどすれば、私達の生活が大きく変わる可能性があります。そんな注目分野で使われるPythonの将来性が高いことは明らかですね。

ビジネスにおけるPythonのメリット

続いてビジネスにおけるPythonのメリットを紹介します。Pythonを習得すると、ビジネスの面において様々な得があります。
たとえばPythonでは次の2つが可能です。

  • Webスクレイピング
  • Excel作業の自動化

これら2つについて詳しく解説しますね。

Webスクレイピング

WebスクレイピングとはWebページから情報を取り出してまとめる作業です
たとえば、天気予報サイトから特定地域の天気のみを取り出してまとめる、などですね。

PythonはWebスクレイピングに向いている言語と言えます。なぜならPythonにはWebページの情報を加工するための機能が豊富にあるからです。

Webスクレイピングを行うプログラムを毎日動かせば、Webページの最新情報をすぐに確認できるようになります。人力でWebページの情報をまとめるコストを削減することができますね。

Excel作業の自動化

また、Excel作業の自動化もPythonで行えます
PythonにはExcelを扱うためのライブラリもあり、ライブラリを使えばExcelファイルの作成やデータの追加などが簡単に可能です。

ExcelだけでなくWordやPDFファイルの編集もPythonから行えます。Pythonであらゆる雑務を自動化させてしまえは、コア業務に集中することができ、生産性もアップするでしょう。

Pythonのメリットを活かせる人材になるには

最後にPythonの習得方法について解説します。
Pythonを習得する主な方法には、次の3つがあります。

  • 研修に参加する
  • 独学する
  • プログラミングスクールに通う

1つ1つの方法について詳しく解説しましょう。

研修に参加する

新入社員にPython研修を受けさせる企業は多くあります。
それらの企業に入社することで、
給料を貰いながらPythonの勉強をすることが可能です。

Pythonの文法だけでなく、機械学習やデータ解析といった応用分野に関しても研修で学べる可能性があります。Pythonの実務経験がない方は研修に力を入れている企業に入社するのも良いでしょう。

ただし、ベンチャー企業などは研修を導入していないことも多いです。

独学する

Pythonは独学でも習得は可能です。
独学で習得する場合おすすめなのは、Progateドットインストールなどの学習サイトを使うことです。学習サイトは教材が分かりやすくまとめられていますし、料金も月額1,000円程度なのでコスパが良いです。

学習サイトでPythonの基礎を習得したら、自分で簡単なWebアプリを作ってみましょう。Webアプリを1人で作成すればそれをポートフォリオに掲載し、転職時にスキルをアピールすることが可能です。

プログラミングスクールに通う

独学が続かない場合はプログラミングスクールに通うのがおすすめです。
プログラミングスクールなら講師の方に分かりやすくPython基礎を教えてもらうことができます。

Pythonは人気言語であるため、Pythonを教えているスクールは多くあります。中には「機械学習コース」などの専門コースを設けている場合があり、特定分野を深く勉強することが可能です。

Pythonの個別指導なら『Tech Teacher』

引用元:Tech Teacher

このBlogを運営するTech Teacherは、Pythonを学習する社会人を対象に、初心者から挫折した人まで、一人ひとりの目的や学習状況にあわせた個別指導を行っています。

また、オンライン指導も選べるので、自宅でも対面でも受講できます。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導で着実に身につく!

Tech Teacherでは専任の教師が完全マンツーマン指導を行います。
学習状況や目標をしっかり把握した教師が、生徒様のご要望もふまえながら最適なオーダーメイドの指導をご提供します。

お仕事と両立しながら続けられる!

Tech Teacherなら、受講日時や回数を生徒様のご都合に合わせて柔軟に調整することができます。
そのため、お仕事との両立がしやすく、プログラミング学習を継続的に学習することができます。忙しい合間にプログラミングを学びたいという方におすすめです。

授業料は受けた分だけ!

Tech Teacherでは、生徒様が受けた授業の時間分だけ後払いで請求させていただきます。そのため、気軽にプログラミングの学習を始めることができます

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

本記事ではPythonのメリットについて解説しました。Pythonは様々なことに活用できる言語であることが、お分かり頂けたかと思います。

PythonはWebスクレイピングやAPI・エクセルの自動化が可能です。そのためPythonを学んでおけば、日々の業務を効率化することができるでしょう。