Python

Pythonのおすすめ独学方法4選!プログラミング初心者必見

Pythonを習得しエンジニアとして転職したいが、独学でPythonを学べるか不安という方は多いでしょう。

プログラミング学習の挫折率は高いと言われています。Pythonを独学で習得するなら、効率的な方法を選択することが大切でしょう。

本記事では、Pythonの独学方法についてまとめました。独学する際に使いたいサービスやサイトについて解説してあります。

本記事を読むことで、Pythonを効率的に習得する方法が分かります。Pythonをこれから独学しようと思っている方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

Pythonは独学で“ある程度まで”学べる

最初に、Pythonは独学でも習得できるのか?ということを解説します。結論から言うと、Pythonの基礎なら、独学でも十分に習得可能です。

たとえば、Pythonの文法や基本的な関数、ライブラリの使い方などは、独学でも学びやすいでしょう。Pythonは文法も平易であり、コードも読みやすいので、独学でも他言語に比べれば挫折する人は多くないですね。

ただし、独学で学べるのは「ある程度まで」です。Pythonの基礎ではなく、応用に関しては、中々独学では難しいことが多いでしょう。

AI開発など難しい分野は独学だと厳しい

AI開発など難しい分野に関しては、独学だと学びにくいかもしれません。ネットに日本語の情報が少なく、調べながら学習するのが困難だからです。また、書籍もそこまで種類が多い訳ではないですね。

こういった難しい分野を学ぶなら、大学の情報工学部に通うか、プログラミングスクールを活用するかがおすすめでしょう。最近では、機械学習コースのあるプログラミングスクールもありますよ。

現場で働かないと分からないこともある

加えて、現場で働かないと、身につけられないスキルも多くあります。たとえば、Webアプリの設計方法や、実用的なプログラミングスキルなどは、働きながら身につけていくことが多いでしょう。

ある程度Pythonの基礎を固めたら、現場で働いてみても良いかもしれません。実務をこなすことで、はじめて見えてくるものも多くあります。

Python学習のメリット

プログラミング言語には、様々な種類があります。その中でも、Pythonを選択する方は多いです。なぜPythonの人気は高いのか、理由をみていきましょう。

Python学習のメリットは、次の3つです。

・将来性が高いスキルを習得できる

・他の言語よりも難易度が低い

・AI開発や統計解析分野で使える

1つ1つのPython学習のメリットについて、詳しく解説しましょう。

将来性が高いスキルを習得できる

Pythonは他の言語に比べ、将来性が高いと言われています。プログラミング言語は、技術の進歩と共に、現場で使われる種類がどんどん入れ替わっています。これから使われていく言語を先回りして学習するのが、市場価値の高いエンジニアになるポイントですね。

たとえば、COBOLなどの言語は、昔は主流で使われていたものの、現在は案件数が減ってきています。また、Pythonと同じWeb系の言語のRubyも、案件数が伸び悩んでいると言われています。

Pythonは現状日本での案件数が多い、というほどではありませんが、海外では既に主流で使われています。海外で使われる技術が、日本で遅れて主流になるのはよくあることです。そのため、Pythonは日本でこれから一気に流行る可能性がありますね

他の言語よりも難易度が低い

Pythonは、他の言語よりも難易度が低いのもメリットです。Pythonは文法が平易であり、覚えることが少ないですね。

プログラミング言語の中には、難易度が高いものもあります。たとえば、C言語はポインタという、コンピュータの内部処理まで理解していないと難しい概念があります。Pythonにはこういった難しい概念がないのです。

また、Pythonはソースコードも読みやすいです。コードの記述ルールが決まっており、誰が書いても似たようなコードになるためです。自分と異なる書き方をする人がいないため、ソースコードの読解に苦労せすスムーズに学習できます。

AI開発や統計解析分野で使える

PythonはAI開発や統計解析など、今人気の高い技術分野で使えるのも利点です。Pythonにはデータ分析ライブラリが豊富にあるため、こういった分野で活躍させることができます。

Pythonは処理速度が若干遅いため、AIやデータ分析では使えないと思う人もいるかもしれません。しかし、Pythonのライブラリ自体は、処理速度が早いC言語で作られているので、処理速度に関しては問題ないでしょう。

Pythonのおすすめ独学法

続いて、Pythonを独学するおすすめの方法を解説します。Pythonのおすすめ独学法は、次の4つです。

・書籍を購入する

・学習サイトを使う

・Youtubeの動画を観る

・Pythonコミュニティに参加する

独学しても途中で挫折してしまったという方は、これらのやり方を参考にしてみてくださいね。1つ1つの独学法について、詳しく解説していきます。

書籍を購入する

書籍を購入して勉強するのは、最も一般的な学習方法と言えるでしょう。Pythonは人気の高い言語のため、書店に行くと多くの本が並んでいます。

書籍を購入する際は、なるべく最新のものを選んでください。最新のものは、Python3に対応しているからです。PythonはPython2とPython3で、文法が大きく変わります。Python2に対応している書籍を購入しても、あまり役に立たないでしょう。

また、電子書籍より紙の本を購入する方がおすすめです。電子書籍だと、本に掲載されているサンプルコードが途中で途切れてしまうことがあり、勉強しにくいからです。

こういった点に気をつけて、自分にとって分かりやすい書籍を選択しましょう。

学習サイトを使う

2つ目の方法は、学習サイトを使うことです。学習サイトは、Progateやドットインストール、Paizaなどのサイトのことです。こういったサイトは月額1,000円程度で利用できるので、おすすめですね。

Progateはスライドで、ドットインストールは動画で、Pythonを学習できます。またPaizaにはPythonの練習問題が多く掲載されてます。それぞれ特性が異なるので、自分に合ったサイトを選択しましょう。

Youtubeの動画を観る

3つ目の方法は、Youtubeの動画を観ることです。YoutubeにはPythonの基礎知識について、分かりやすく解説する動画が数多くアップされています。これらの動画は無料で観ることが可能です。

動画内ではYoutuberの方が実際に、ソースコードを書き、実行してくれます。実際に動かしている所を見れるので、理解しやすいのがメリットでしょう。

また、Youtubeの良い点は、コメント欄で質問もできることです。コメント欄で分からない点を質問すれば、コメントを見た人が回答をくれる可能性もあります。

Pythonコミュニティに参加する

Pythonコミュニティに参加するのもおすすめです。コミュニティ内で、Pythonを勉強している他のユーザーとコミュニケーションを取ることができます。分からないところを教えあったり、コミュニティ内での勉強会に参加したりできます。

コミュニティに所属して勉強仲間を作れば、意欲がアップします。仲間と切磋琢磨することで、プログラミング学習に挫折しにくくなるでしょう。

Pythonのコミュニティは、数多くの種類があります。自分にとって居心地の良さそうなものを選択し、使ってみましょう。あまり注目されていませんが、コミュニティに参加するのもおすすめです。

独学でないなら…

Pythonを独学してみたが、どうしても勉強が続かない、という方もいるでしょう。特に仕事が忙しい方の場合、勉強の気力を保つのは、中々大変です。また、Pythonの基礎は習得したのでもっと難しいことを学びたい、という方もいると思います。

そういった方におすすめなのが、プログラミングスクールに通うことです。プログラミングスクールなら、講師が学習を管理してくれるため、途中で挫折する可能性が低いです。また、周囲に一緒に頑張る仲間もいるため、学習意欲が持続しやすいでしょう。

また、分からない箇所は講師にいつでも質問できます。エラーの解決方法を聞いたり、コードレビューを行ってくれたりします。講師に教えてもらうことで、学習効率は一気にアップしますね。

こういったメリットがあるため、プログラミングスクールに通うのもおすすめします。

Pythonのマンツーマン指導を提供する『Tech Teacher』

Tech Teacher本Blogを運営するTech Teacherは、Python学習を一人ひとりに最適化された形の完全マンツーマン指導で提供します。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導

集団授業は周囲の生徒に進度を合わせる必要があったり、雰囲気に呑まれてしまったり…といったお悩みが多くあります。

完全マンツーマン指導ならプログラミングに没頭することができます。

決められたカリキュラムやコースがない

カリキュラムやコースが決められていると、教材の難易度が合わなかったり、やりたいことができなかったりといったお悩みがあります。

Tech Teacherでは、あえてカリキュラムやコースを用意せず、小学生のお子様の性格・目的・プログラミング経験などに合わせて講師や指導を調整します。

ご家庭様の負担を最小限にする柔軟なシステム

Tech Teacherは家庭教師形態のサービスであるため、例えば以下のような柔軟な対応が可能です。

オンライン/オフラインの選択が可能(送迎の必要なし!)

スケジュールを固定にする必要なし!不定期にすることが可能

月ごとに授業の頻度を変更することが可能

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

とにかく今始めよう

独学にせよプログラミングスクールに通うにせよ、大切なのは今すぐに始めることです。「また次の機会で良いか」と考えていては、いつまでも学習をスタートさせることができません。

プログラミング学習は敷居が高いと言われています。しかし、一度学習を始めてしまえば、後は意外と楽であることが分かります。まずは最初の一歩を踏み出してみてください。

まとめ

本記事では、Pythonの独学方法について解説しました。Pythonの独学を効率的に行う方法が、お分かり頂けたかと思います。

Pythonは難易度も低めな上、将来性も高い言語です。Pythonをこれから学習するのは、おすすめですね。Pythonに興味を持った方は、本記事を読んだことをきっかけに、ぜひ今日からでも学習をスタートさせてみましょう