Python

【初心者必見】Pythonでできることと必要なスキルを解説

Pythonのスキルを高めたいと思っても、具体的にどの分野のスキルを高めればよいか分からない、という方も多いのではないでしょうか。

スキルを高める前にやるべきことが1つあります。それはPythonでやりたい分野を明確に定めることです。やりたい分野を定めれば、身につけるべきスキルも自ずと見えてきます。

本記事ではPythonでできることを紹介します。また、それぞれの分野に必要なスキルも解説しましょう。

本記事を読むことで、今自分が身につけるべきスキルの種類が分かります。Pythonを学習中の方は、本記事をぜひお読みください。

Pythonでできること4選

Pythonでできることは大きく4つに分かれます。

・業務効率化

・Webアプリ開発

・機械学習

・データ分析

まずはこの4つの中から、自分がどれをやりたいか考えることです。やりたい分野を決めれば、身につけるべきスキルも分かりますよ。1つ1つのPythonでできることについて、詳しく解説します。

業務効率化

PythonでExcel作業などを効率化させるプログラムを作ることが可能です。こういったちょっとしたプログラムなら個人でも短時間で作成することができますね。

たとえば、毎日の売上情報が書かれたWebページのデータをExcelに移す、といった作業もPythonによって自動化できます。こういった作業を手動でやるのはとても非効率ですので、Pythonにやらせてしまいましょう。

他にも、メールを自動返信したり必要ないファイルを削除したり様々なことが可能です。日常生活で「これ面倒だな」と思うことがあれば、Pythonで自動化できないかやってみてください。

Webアプリ開発

PythonでECサイトやSNS、動画サイトなどのWebアプリを開発することが可能です。最近はスマホの普及もあってSNSを利用する人や暇なときに動画を閲覧する人が増えたりしています。そのためPythonでのWebアプリ開発はかなり需要があります。

Webアプリ開発で使える言語には他にPHPやRuby、Perlなどがありますが、Pythonが最も将来性が高いです。なぜならPythonはソースコードの可読性が高く、効率的にWebアプリ開発を行うことができるからです。

Webアプリはユーザーの反応を見てこまめに改善する必要があり、開発スピードが求められるため、Pythonと相性が良いのです。

機械学習

Pythonは機械学習やディープラーニングといった分野でも活躍しています。AI開発は今人気を集めている分野の1つであり、力を入れている企業が増えています。そのためPythonを使ったAI開発ができる人材は、市場価値がどんどん上がっていますね

機械学習にも使えるというのは、Python人気を更に上げている理由でもあります。

データ分析

Pythonはデータ分析にも使うことが可能です。データ分析とは数多くあるデータを分析し、有益な情報を導き出す作業のことです。

昨今SNSやWebサイトに大量の情報が書き込まれるようになり、これらの情報をいかに活用するかは重大な企業課題となっています。たとえば、SNSからサービス利用ユーザーの声を収集し、UI/UXの改善に活かすことが可能です。

データ分析も機械学習同様今後伸びる分野ですので、その分野で活躍するPythonを学ぶのはおすすめできます。

Pythonで必要なスキル

続いて、Pythonで必要なスキルについて解説します。最初に、どの分野でも共通して必要なスキルを解説し、その後各分野によって身につけるべき個々のスキルを紹介します。

身につけるべきスキルが分かったら、早速勉強に取りかかってみましょう。

どの分野でも共通して必要なスキル

どの分野でも必要なスキルはPythonの基礎文法です。入出力や条件分岐、ループ処理、関数の使い方などPythonの各文法ルールを覚え、ソースコードを自由に書けるようになりましょう。

Pythonの基礎文法だけなら、Progateやドットインストール、Paizaなどの学習サイトで学ぶのが良いです。学習サイトは基礎部分にフォーカスして分かりやすく教材がまとめられており、効率的に習得することができます。

業務効率化のシステム開発で必要なスキル

業務効率化用のシステムを開発したいなら、PythonやExcelやWord、PDFを扱う方法を覚える必要があります。Python経由でこれらのソフトを操作するには、Pythonライブラリの使い方を抑える必要があります。

たとえは、Excelファイルの読み書きを行うにはopenpyxlというライブラリが必要です。ライブラリに備わっているメソッドを使いこなすことで、PythonでスムーズにExcelファイルの管理が行えるようになります。

また、Wordファイルを扱うならpython-docx、PDFファイルを扱うならPyPDF2というライブラリを使います。これらのライブラリはインストールすることで、自分のパソコンで自由に使うことが可能です。

業務を効率化するためのシステムを作るなら、ライブラリの使い方を合わせて勉強しましょう。

Webアプリ開発で必要なスキル

Webアプリ開発を行うならPythonフレームワークの使い方を覚えてくださいフレームワークとはアプリ開発で必要な機能をあらかじめパッケージ化したもののことを言います。フレームワークを使うことで、Webアプリの主要機能を簡単に作成することが可能です。

PythonフレームワークにはDjangoとFlaskという代表的なものがあります。DjangoはWebアプリ開発で使える多くの機能が入った万能なフレームワークです。Flaskは最低限の機能のみを備えた軽量なフレームワークです。

PythonでWebアプリを開発したいなら、DjangoとFlaskを使いこなせるようになりましょう。

機械学習・データ分析で必要なスキル

Pythonで機械学習・データ分析を行うなら、機械学習ライブラリの使い方を覚えましょう。Pythonには代表的な次の3つの機械学習ライブラリがあります。

・Numpy

・Pandas

・matplotlib

Numpyは複雑な計算処理を高速で行ってくれるライブラリです。Pandasはデータの加工や分析に特化したライブラリです。matplotlibは折れ線グラフや円グラフなどを描くことができるライブラリです。

1からAIを作るのは非常に難しく初心者にはまずできません。しかし、機械学習ライブラリを使えばPythonの基礎文法を習得するだけで、AI開発を行うことが可能です。

その他、機械学習・データ分析を行うなら数学の知識も必要です。具体的には統計や微分積分、線形代数といった高校・大学レベルの数学です。こういった数学を勉強したことがない方は、Pythonの勉強と平行して数学の勉強も行っていきましょう。

機械学習についての記事はこちら

Pythonのマンツーマン指導を提供する『Tech Teacher』

Tech Teacher本Blogを運営するTech Teacherは、Python学習を一人ひとりに最適化された形の完全マンツーマン指導で提供します。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導

集団授業は周囲の生徒に進度を合わせる必要があったり、雰囲気に呑まれてしまったり…といったお悩みが多くあります。

完全マンツーマン指導ならプログラミングに没頭することができます。

決められたカリキュラムやコースがない

カリキュラムやコースが決められていると、教材の難易度が合わなかったり、やりたいことができなかったりといったお悩みがあります。

Tech Teacherでは、あえてカリキュラムやコースを用意せず、小学生のお子様の性格・目的・プログラミング経験などに合わせて講師や指導を調整します。

ご家庭様の負担を最小限にする柔軟なシステム

Tech Teacherは家庭教師形態のサービスであるため、例えば以下のような柔軟な対応が可能です。

オンライン/オフラインの選択が可能(送迎の必要なし!)

スケジュールを固定にする必要なし!不定期にすることが可能

月ごとに授業の頻度を変更することが可能

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

本記事ではPythonで必要なスキルについて解説しました。Pythonでできることの種類および、それぞれに必要なスキルがお分かり頂けたかと思います。

まずはPythonで何をやりたいか、を明確化しましょう。その上で必要なスキルをリスト化し、簡単なものから勉強していくと良いです。