挫折

プログラミングの独学は無理?スクールに通うべき?結論を出します!

プログラミングを独学したいが、独学の方が良いのかスクールに通うべきなのか迷っている方は多いのではないでしょうか。プログラミングは独学では無理、という声もあり、判断に困っている方は多いですよね。

プログラミングスクールは受講料が高いため、受講すべきかどうか慎重にならざるを得ないでしょう

そこで本記事では、プログラミングの独学のコツおよび、独学をおすすめしない理由、独学以外でプログラミングを学習する方法、を解説していきます。本記事を読むことで、独学でプログラミングを習得すべきかどうか、判断できるようになりますよ。

プログラミングの独学は無理ではない

プログラミングの独学は無理、という人もいますが、結論から言うと、無理という訳ではありません。なぜなら、最近は初心者向けのプログラミング学習サービスが普及しているからです。それらを上手く活用することで、独学でもプログラミングを習得できます。

具体的には次の3つを行うと、独学でもプログラミングを習得しやすくなりますよ。

  • 1.質問サイトを活用する
  • 2.有料学習サービスを利用する
  • 3.プログラミングのコミュニティに参加する

1つ1つの独学のコツについて詳しく解説します。

1.質問サイトを活用する

独学で学習するなら質問サイトを活用するのが良いです。質問サイトとは、プログラミングで分からないところやエラー箇所を書くと、不特定多数の人が解決方法を教えてくれるサイトのことです。

独学の場合、分からない所を解決できないのでどうしてもネックになります。質問サイトを使うことで、その問題を解決できるでしょう。

2.有料学習サービスを利用する

有料学習サービスを活用するのも、独学の基本と言えるでしょう。参考書よりも内容が分かりやすくまとめられており、スムーズに学習が進めやすい構成になっています。

たとえば、Progateというサイトはイラストや図が多く使われており、初心者でも理解しやすいです。こういったサイトを活用するのが、独学の近道と言えます。

3.プログラミングのコミュニティに参加する

プログラミング関連のコミュニティに参加するのもおすすめです。コミュニティに参加することで、独学仲間を作ることができます。

独学は一人で黙々とこなす必要があり、どうしても辛いと感じやすいです。独学仲間を作ると、途中でくじけそうなとき、頑張ることができるでしょう。

PythonやPHPなど、各言語ごとに多くのコミュニティがあります。これらに参加してみることをおすすめしますよ。

プログラミングの独学はおすすめしない

プログラミング独学のコツを、ここまで解説してきました。独学でもプログラミングを実務レベルまで高めるのは、不可能ではありません

しかし、全員が独学を成功できるとは限らず、大抵の人は途中で挫折してしまいます
そのため、プログラミングの独学は不可能ではないが、おすすめはできない、ということになりますね。まず独学で学習を行い、難しそうだと判断したらプログラミングスクールなどに通うのが良いでしょう

プログラミングの独学はおすすめしない理由は、次の4つに分けられます。

  • 1.時間がかかりすぎる
  • 2.分からないことを解決できない
  • 3.モチベーションが続かない
  • 4.何から勉強すべきか分からない

1つ1つの理由について、詳しく解説していきます。

1.時間がかかりすぎる

プログラミングの独学をおすすめしない理由として、時間がかかりすぎる、というのがあります。プログラミングスクールではだいたい、600時間程度のカリキュラムが用意されていますが、独学の場合これ以上かかってしまうでしょう。

600時間以上の勉強時間を働きながら確保するのは大変です。独学する場合はまず、学習時間をどのように確保するか、を考えるべきでしょう。

2.分からないことを解決できない

分からないことを解決できないのも、独学の問題点です。たとえばエラーが発生したときも、自分で解決策を導き出さないといけません。

エラー文で検索しても、すぐには解決策が見つからないことが多いです。ソースコードに一文字でもミスがあると、プログラムは正しく動きません。バグをなくす作業は地道であり、途中で嫌になる人も多いでしょう。

エラーが出たときは、質問サイトを利用するのがおすすめです。質問サイトを使えば、分からない所を解決できる確率が高まります。

3.モチベーションが続かない

独学でプログラミングを学ぶ場合、考えるべきなのがモチベーションの維持方法です。最初はプログラミングが楽しくても、徐々に嫌になってくることがあります。

実際に動かせるアプリやWebサイトを作るには、長期間の学習が必要です。その期間ずっとモチベーションを保ち続けるのは、難しいでしょう。

4.何から勉強すべきか分からない

プログラミングに全く触ったことがない人の場合、何から勉強すべきか分からない場合もあるでしょう。どの言語を学習すれば良いのか、どの参考書を買えば良いのか、こういったことを初心者が調べるのは大変です。

たとえば、Webアプリを作りたくてJavaScriptを勉強する予定の筈が、間違えてJavaを勉強してしまう人がいます。JavaScriptとJavaは全く違う言語なのですが、名前が似てるので間違えられやすいのです。

勉強の手順を間違えたり、自分が勉強すべきものとは別のものを勉強してしまったりすると、スキルの習得が遅れてしまいます。何から勉強すべきか分からないと、余計に学習ハードルが高くなってしまいますよね

独学以外でプログラミングを学習する方法

独学以外でもプログラミングを学習する方法は、いくつかあります。特に次の3つの方法はおすすめです。

  • 1.プログラミングスクールに通う
  • 2.企業の研修を受ける
  • 3.MENTAなどのサービスを使う

これら3つの方法を取ることで、独学せずにプログラミングスキルを習得できます。1つ1つの学習する方法について、詳しく解説しましょう。

1.プログラミングスクールに通う

やはり一番おすすめの方法は、プログラミングスクールに通うことでしょう
プログラミングスクールなら、分からないところを先生に質問できるため、エラー解決もスムーズに行えます。また、学習計画も立ててくれるので、効率的な学習が可能です。

また、プログラミングスクールの講師は現役エンジニアであることが多いため、実際の開発に役立つノウハウも教えてくれます。こういったノウハウは独学だと得ることが中々できないでしょう。

加えて、プログラミングスクールでは転職支援も行ってくれます。IT企業の優良求人を紹介してくれたり、職務経歴書添削を行ってくれるため、転職できる確率がアップするでしょう。

このように、プログラミングスクールに入会するメリットは多いです。ただし、プログラミングスクールは受講料が高めなのが、皆さんが躊躇する点でしょう。

そこで、まずは独学である程度学習し、継続して学習する意思が固まったら、プログラミングスクールに入会するのが良いでしょう。こうすることで、受講料が無駄にならなくなりますよ。

2.企業の研修を受ける

企業の研修を受けて、プログラミングスキルを身につける手もあります。研修が手厚い会社は、プログラミング経験が全くなくても採用してくれる場合があり、そういった会社ならゼロから学ぶことが可能です。

ただし、未経験でも入社できる会社は、SESである場合も多いですね。SESとは客先に常駐で開発を行う形態のことで、IT業界の中では敬遠されがちなのものの一つです。
また、未経験でも入社できる会社は、給料が安いなどのデメリットもあります。

とはいえ、1から研修でスキルを習得できるのは魅力的です。独学と異なりサボることができないので、確実にスキルを身につけられます。こういった選択も視野に入れてみると良いでしょう。

3.MENTAなどのサービスを使う

最近はMENTAなどの、マッチングサービスも増えました。
MENTAとは、プログラミングのメンターと繋がることができるサービスのことです。MENTA経由でプログラミングを教えてもらうことで、プログラミングスクールより安い値段でスキルを習得できます。

料金はメンターによって異なりますが、だいたい月10000円未満なことが多いです。
メンターには分からないところを質問できる他、学習の管理も行ってくれます。やり取りは全てオンライン上で完結するため、コロナの状況でも安心です。

ただし、相性の悪いメンターと出会ってしまう可能性もあります。また、自分の目的に合わせたメンターを自分で選択しないといけません。
メンターの評判や職歴などはサイトで調べられるので、確認した上で契約しましょう

プログラミングの家庭教師『Tech Teacher』


引用元:Tech Teacher

「スクールに通い続ける自信がない…」
「時間がなくてスクールに通えない…」

そんな方にはプログラミングの家庭教師『Tech Teacher』がおすすめです。
Tech Teacherはマンツーマン指導なので、生徒様一人ひとりに最適な指導を行うことができます。また、オンライン指導も可能なので、全国どこにいても家庭教師の授業を受けることができます。

Tech Teacherの3つの特徴


生徒様に最適化されたマンツーマン指導
完全マンツーマンの指導なので、生徒様の目的・学習状況・ご要望に合わせて、最適な指導をご提供いたします。

指導力・人柄・相性の優れた教師のご紹介
Tech Teacherには採用率20%の選考を突破した、指導力の高い教師が在籍しています。また、選考では指導力だけではなく人柄も重視しております。

1,000人の教師が在籍!幅広い指導に対応可能
業界トップレベルの1,000人の教師が在籍しています。そのため、幅広い言語・ツール・目的に対応することができます。

家庭教師ならではの5つの魅力


オーダーメイドのカリキュラム
生徒様一人ひとりに習熟度・目的・期間に応じて最適なカリキュラムを提供いたします。

きめ細やかなフォローが可能
生徒様からのご要望にきめ細やかに対応し、学習計画や勉強法などの指導もできるので、普段の勉強も捗ります。

習い事・学業・お仕事との両立が簡単
教室に通う必要がないので親御様の送迎も不要です。授業時間・頻度を生徒様のご都合に合わせて自由に調節することができます。

自分のペースで進められる
生徒様の理解度や意欲に応じて授業のスピードを調節できます。不明点や疑問点は都度立ち止まって解消できるので、着実に理解して進むことができます。

すぐ質問できるから挫折しない
先生を独り占めできるので、周りの目を気にすることなく分からないところをいつでも質問できます。

Tech Teacherへのお問い合わせ

無料体験授業・資料請求のお問い合わせはこちらから

質問のみのお問い合わせも受け付けております。

まとめ

本記事では、プログラミングの独学は無理かどうか、について解説しました。独学を行うべきか、判断できましたでしょうか?

独学は無理という訳ではありませんが、人によっては難しい場合も多いです。
独学以外にも、プログラミングスクールに通ったり企業の研修を受けたりすることで、スキルを身につけることはできます。もちろん、それらの方法も向き不向きはありますので、本記事も参考にしつつ、自分に合った学習方法を見つけていきましょう。