スキルアップ

【初心者向け】プログラミングのスキルアップ方法を徹底解説!

プログラミングのスキルアップを目指しても、途中で挫折してしまったり、中々思うように上達しなかったりする人は多いです。

プログラミングの勉強を行う前に、勉強方法についてまず考える必要があります。間違った勉強方法では、時間を無駄にしてしまう恐れがあります。

そこで本記事ではプログラミングのスキルアップ方法について解説します。
プログラミングを勉強したものの、中々伸びない人には必見の内容となっていますよ。スキルアップを目指す人はぜひ読んでみてくださいね。

プログラミングの家庭教師Tech Teacher(PR)


引用元:Tech Teacher

本Blogを運営するTech Teacherは、一人ひとりに最適化された形の完全マンツーマン指導を提供します。プログラミングのスキルアップを目指す方におすすめです!

また、オンライン指導も可能なので、全国どこにいても家庭教師の授業を受けることができます。

Tech Teacherのさらに詳しい情報は以下のボタンからご覧にいただけます。

プログラミングのスキルアップで得られること

まずプログラミングのスキルアップで得られることを紹介します。得られることは次の4つです。

  • プログラマーとして稼ぐ道が開かれる
  • アプリやサイトを自分で作れる
  • 面倒な作業をプログラムで自動化できる
  • 論理的思考力が身に付く

スキルアップで得られることを知っておくと、勉強のモチベーションアップに繋がります。何事もゴールが分からないと、そこにたどり着くことはできません。

それでは、1つ1つの得られることについて解説していきましょう。

プログラマーとして稼ぐ道が開かれる

やはり1番のメリットはプログラマーとして稼げるようになることです。
プログラマーは他よりも求人数が多く、スキルさえ身につければ転職するチャンスがありますよ。

また、プログラマーはリモートで働ける場合も多いです。
会社に通勤せず、自宅で働くことが出来ます。満員電車にストレスを感じていた人は、プログラマーになることで解決するかもしれません。

アプリやサイトを自分で作れる

プログラミングを学ぶことで、アプリやサイトを自分で作れます
アプリやサイトを作ることで、お金を稼ぐことも可能です。本業ではなく副業でもお金を稼げるようになれば、プログラミングを勉強したかいがあるでしょう。

「稼げるようになるのは難しいんじゃない?」と思うかもしれません。
しかし、たとえばスマホゲームを開発して稼げたなら、自動的に毎月お金が入ってくるようになります。いわゆる不労所得と呼ばれるものです。

不労所得を得られるのであれば、可能性が低くてもチャレンジしてみる価値はあるでしょう。

面倒な作業をプログラムで自動化できる

稼げるほどのアプリを作れなかったとしてもメリットはあります。自分で使う用のツールを開発し、面倒な作業を自動化することができるのです。

たとえば、エクセルに毎日データを入力するのが面倒な場合、その作業を自動化することが可能です。こういったプログラムの開発なら、そこまで高いスキルは必要としません。プログラミングを学んで半年くらいで作成できてしまいます。

また、仕事で面倒な作業を自動化するツールを開発すれば、社内で評価が上がるかもしれません。特に社内にエンジニアがいない場合、プログラミング技術は重宝されるでしょう。

論理的思考力が身に付く

プログラミングを学ぶことで、論理的思考力も身につきます。論理的思考力とは、物事を筋道立てて考えていく力のことです。

論理的思考力はプログラマー以外の仕事にも役立ちます。たとえば営業力でも、説得力あるように話すために論理的思考力が必要になりますよ。

プログラミングのスキル向上方法

それではプログラミングのスキルを向上させる具体的方法をみていきましょう。方法は全部で7つあります。

  • 勉強会に参加する
  • プログラミングに関するブログを作成する
  • オープンソースのコートを読む
  • アルゴリズムの勉強を行う
  • 資格取得を目指す
  • 実際にアプリサイトを作って公開する

これらの方法を全て実践する必要はありません。自分にできるものだけ取り入れてみましょう。

勉強会に参加する

都内ではプログラミングの勉強会が多く開催されています。こういった勉強会に参加することで、プログラミングの理解を深められるでしょう。

また、勉強会では人脈を作ることも可能です。人脈を作れば転職したい場合や副業をしたい場合に役立ちますよ。

プログラミングに関するブログを作成する

プログラミングに関するブログを作成するのもおすすめです。やはりインプットだけでなく、アウトプットも行わないと中々上達は難しいですよ

ブログに今日学んだことをまとめれば、その分理解度が上がります。分からないところもあやふやではなくりますよ。

オープンソースのコードを読む

オープンソース(ネットに公開されているコード)を読んでみるのもおすすめです。オープンソースは誰でも改良ができるように、わかりやすく書かれている場合が多いです。

そのため、オープンソースを読むことで初心者でも十分勉強になります。オープンソースはgithubなどのサイトで見られるので確認してみましょう。

アルゴリズムの勉強を行う

スキルアップをするには文法を覚えるだけでなく、アルゴリズムの勉強もしましょう
アルゴリズムを覚えることで、効率的なプログラムを書けるようになります。

こういった少し高度な勉強も行うことで、習熟度を上げていきましょう。

資格取得を目指す

ある程度勉強が進んだら資格取得を目指すのもおすすめです。
資格取得を目指すことで、プログラマーに必要なスキルを体系的に身につけることができますよ。

IT系の資格には「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」などがあります。こういった試験にチャレンジしてみましょう。

実際にアプリやサイトを作って公開する

実際にアプリやサイトを作って公開してみるのもおすすめの勉強です。自分一人で何か動かせるものを作ることで、自信も高まるでしょう。

作成する上で分からないところは、ネットで検索して調べていきます。こういった作業を通じて、プログラマーとしての基礎力が身につきます。

作成物はできればネットで公開するのがおすすめです。

プログラミングスキルを効率的に上げるコツ

プログラミングスキルを効率的に上達させるコツを最後に紹介します。

  • 学習スケジュールを立てる
  • 簡単なプログラミング言語からチャレンジする
  • インプットだけでなくアウトプットも行う
  • 誰かにソースコードをみてもらう

これら4つのコツを意識することで、更にプログラミングが上達するでしょう。

学習スケジュールを立てる

学習スケジュールを組み立てることは肝心です。学習スケジュールがないと、自分が前に進んているのか分からなくなってしまいます。

学習スケジュール通りに進んでいることが分かれば、勉強のモチベーションも湧いてくるでしょう。まずは具体的なゴールを見据え、それを達成するためにどんな勉強が必要か、考えてみることが重要ですね。

簡単なプログラミング言語からチャレンジする

プログラミング言語には難しいものと簡単なものがあります。もしどうしても学習が進まないなら、思い切って言語を変えてみるのも手です。

例えばPHPやRuby、Pythonといった言語は、初心者でも文法が分かりやすくおすすめですね。逆にCやC++などは初心者には少しハードルが高いかもしれません。

簡単な言語を習得すれば、難しい言語もその後習得できるようになります。まずは簡単な言語からチャレンジしましょう

インプットだけでなくアウトプットも行う

参考書を何回も読んだり、ソースコードをひたすら読んだりする勉強方法はおすすめしません。インプットだけでなくアウトプットもバランスよく行いましょう

たとえば、参考書のサンプルコードを移して自分で実行してみるのが大切です。
さらに、サンプルコードを少し変更し、実行結果がどう変わったか確認すると、より理解が深まりますよ。

他にも、ブログやSNSに学習した内容をまとめるなどしましょう。
自分で手を動かしてみると、理解が足りているかどうか分かりますよ。こういったアウトプットもプログラミング勉強では大切です。

誰かにソースコードをみてもらう

最後に、誰かにソースコードをみてもらうこともしましょう。プログラマーの知り合いでも良いですし、プログラミングのレビューサービスを利用するのも良いです。

誰かにソースをみてもらうことで、自分の書き方に変なところがないか分かります。変なところを放置しておくと、癖がそのまま抜けない恐れがあります

たとえば、関数の使い方がおかしかったり、インデントに違和感があったり。たとえ文法的に間違いはなくても、プロから見て変なところはあります。こういったことを矯正するためにも、誰かにソースコードをみてもらうのがおすすめです。

まとめ

本記事ではプログラミングのスキルアップ方法について解説しました。

プログラミングが上達せず悩んでいる人は結構多いです。そういった方はぜひ本記事で解説したことを参考に、学習を進めてくださいね