スキルアップ

【打倒スランプ】プログラミングが伸び悩み始めたときの対処方法!

プログラミングの勉強を何ヶ月かやっているが、ここ最近伸び悩みを感じているという方はいますでしょうか?プログラミングの勉強は挫折率が高いです。そのため伸び悩みを感じたときは、早めに対処するのが肝心でしょう。

そこで本記事では、プログラミング学習が伸び悩んだときの対処方法を解説します。伸び悩みの原因を元に、どんな解決方法があるか、詳しく解説しましょう。

本記事を読むことで、プログラミング学習のスランプを打破することが可能です。伸び悩みを感じている方は本記事をぜひ参考にしてください。

プログラミングの伸び悩みの原因を見つけよう

「参考書のページが先へ進まない」「本当プログラミングスキルが身についているか分からない」こんな場合はまず、伸び悩みの原因を追求することが肝心です。原因が分からないことには、対処のしようがありません。

プログラミングが伸び悩む原因として良くあるのが、次の5つです。

  • そもそも伸ばす方向が決まっていない
  • 練習ばかりで実践が足りていない
  • ログラミングが楽しめていない
  • 一度に全部理解しようとしている
  • 相談できる人がいない

伸び悩んでいる方は、自分がこれらに該当していないか、まず確認してみましょう。それでは1つ1つの原因について詳しく解説していきます。

原因1.そもそも伸ばす方向が決まっていない

伸び悩んでいる人の中には、そもそも伸ばす方向性が決まっていない方もいます
方向性が決まっていないと、開発環境を整えて、文法を覚えて、その後何をすべきか分からなくなります。

エンジニアとして転職したいのか、アプリで稼ぎたいのか、フリーランスになりたいのか、自分が目指すべき道を定める必要があるでしょう。
たとえば、転職を目指すなら、IT系の資格を取得する、ポートフォリオを作成する、といった方向に進むと良いです。

自分が何を目指しているのか、今一度整理してみましょう。

原因2.練習ばかりで実践が足りていない

ソースコードの写景や文法の反復練習ばかりで、実践が不足している人は多いです。
確かに基礎は大事ですが、いつまでも同じことは繰り返しても、先へは進めません。

ある程度基礎が固まったら、自分で簡単なアプリを作っていきましょう

原因3.プログラミングが楽しめていない

そもそもプログラミングが楽しくないのが原因かもしれません。
学習が楽しくないと、自分で積極的にアプリを作ったり、Q&Aサイトに質問したりしないため、学習が遅れてしまいます。

プログラミングが楽しめないのは、仕方がないことです。ただ、ある程度楽しむために工夫できることはあります。

原因4.一度に全部理解しようとしている

一度に全部理解しようとしている人も多いです。特に始めてプログラミングを勉強する方は、いきなり高度なことは理解できません。

参考書を読んで、一度目は30%程度理解できれば良いです。2度目、3度目で50%、80%……と理解できる箇所を増やしていけば問題ありません。

たとえばソースコードを写経する場合に内容が理解できなければ、理解できる部分だけ取り出して、そこだけを写しましょう。そうして徐々に写す部分を増やしていくのがコツです。

原因5.相談できる人がいない

伸び悩んだときに相談できる相手がいないと大変です。
プログラミングスクールに通っている人なら、先生にサポートしてもらえます。そして、学習スケジュールを変更してもらうなど、何らかの対処をしてくれるのです。

ただ、独学の場合、自分でスランプを打破する方法を見いださないといけません

プログラミングの伸び悩みを解決する方法

プログラミングの伸び悩みを解決する具体的方法を解説します。方法は次の4つです。

  • 何を作りたいか目標を明確にする
  • 簡単なアプリケーションを作ってみる
  • 実際に案件を獲得してみる
  • エンジニアのコミュニティに参加する

これらを実践することで、スランプを打破することが可能です。全部試す必要はありません。できそうなものから取り組んでみてくださいね。

それでは1つ1つの解決方法について詳しく解説していきす。

解決方法1.何を作りたいか目標を明確にする

まず自分が作りたいアプリやサービスの種類を明確化することです。目標を明確化すれば、何を勉強すべきか分かります。

たとえばスマホアプリを作りたいなら、Kotlinの基礎を抑えた後、レイアウトを整えるためにHTMLを勉強したり、「Android技術者認定試験」への合格を目指したり、といったことをするのが良いでしょう。

作りたいものがない場合、自分が勉強している言語で何を作れるか、調べてみましょう
たとえば「python サービス例」で検索すると、どんなサービスがPythonで作られたか分かります。それらのサービスを使ってみて、「ここが不便だな」とか「もっとこうしたら良いのに」という箇所を見つけましょう。

このようにすることで、自分が作りたいサービスが次第に分かってきますよ

解決方法2.簡単なアプリケーションを作ってみる

簡単なアプリケーションを自分一人で作ってみましょう。アプリを一通り作ることで、実践的なスキルが身につきます。たとえば、エラーが発生したときにどう解決するか、など。

練習ばかりやっていても、プログラミングスキルは高まりませんし、自信も身につきません。アプリを作って公開する経験を得ましょう

解決方法3.実際に案件を獲得してみる

実際に案件を獲得してみるのもおすすめです。たとえば、クラウドワークスには、未経験者でも獲得可能な案件もいくつかあります。

実際に仕事をこなすことで、今の自分がどのレベルか分かるでしょう。「伸び悩んでいる」と自分では思っていても、実際は結構成長していた、ということもあります。

仕事をやっていて初めて分かることも多いです。
たとえば、アプリのテスト方法やチームでの開発方法などは、実務を経験しないとイメージしにくいでしょう。また、実際に案件を獲得すれば、転職時にもアピールができます

解決方法4.エンジニアのコミュニティに参加する

エンジニアのコミュニティに参加するのもおすすめです。
たとえば、エンジニア向けのオンラインサロンに入会したり、SNSでエンジニアとつながったり、セミナーに参加したりするなど。

一人で勉強していると、どうしてもモチベーションを保ちにくいです。コミュニティに参加することで、他の人と切磋琢磨していくことができます。

また、コミュニティに参加すれば人脈も形成できます
たとえばセミナーに参加すれば、エンジニアを採用したい企業と知り合えたり、案件を獲得できたりすることも。

エンジニアのコミュニティには、積極的に参加するのがおすすめですよ。

プログラミングの家庭教師『Tech Teacher』


引用元:Tech Teacher

「スクールに通い続ける自信がない…」
「時間がなくてスクールに通えない…」

そんな方にはプログラミングの家庭教師『Tech Teacher』がおすすめです。
Tech Teacherはマンツーマン指導なので、生徒様一人ひとりに最適な指導を行うことができます。また、オンライン指導も可能なので、全国どこにいても家庭教師の授業を受けることができます。

Tech Teacherの3つの特徴


生徒様に最適化されたマンツーマン指導
完全マンツーマンの指導なので、生徒様の目的・学習状況・ご要望に合わせて、最適な指導をご提供いたします。

指導力・人柄・相性の優れた教師のご紹介
Tech Teacherには採用率20%の選考を突破した、指導力の高い教師が在籍しています。また、選考では指導力だけではなく人柄も重視しております。

1,000人の教師が在籍!幅広い指導に対応可能
業界トップレベルの1,000人の教師が在籍しています。そのため、幅広い言語・ツール・目的に対応することができます。

家庭教師ならではの5つの魅力


オーダーメイドのカリキュラム
生徒様一人ひとりに習熟度・目的・期間に応じて最適なカリキュラムを提供いたします。

きめ細やかなフォローが可能
生徒様からのご要望にきめ細やかに対応し、学習計画や勉強法などの指導もできるので、普段の勉強も捗ります。

習い事・学業・お仕事との両立が簡単
教室に通う必要がないので親御様の送迎も不要です。授業時間・頻度を生徒様のご都合に合わせて自由に調節することができます。

自分のペースで進められる
生徒様の理解度や意欲に応じて授業のスピードを調節できます。不明点や疑問点は都度立ち止まって解消できるので、着実に理解して進むことができます。

すぐ質問できるから挫折しない
先生を独り占めできるので、周りの目を気にすることなく分からないところをいつでも質問できます。

Tech Teacherへのお問い合わせ

無料体験授業・資料請求のお問い合わせはこちらから

質問のみのお問い合わせも受け付けております。

まとめ

本記事では、プログラミングの伸び悩みの解決方法について解説しました。
伸び悩みの原因とその解決方法が掴めましたでしょうか。スランプの原因は人によって違いますすから、自分が何で躓いているのか、まず把握することが肝心です。

初心者、上級者に関わらず、プログラミングというのは伸び悩む時期があるものです。
伸び悩むこと自体はあっても問題はありません。大切なのは、伸び悩んだときにどのように対処するか、予め考えておくことですね。

本記事が、プログラミング学習でスランプを感じている方にとって、有意義なものとなれば幸いです。