ソフトウェア開発

おすすめ環境がわかる!ソフトウェア開発を行うための環境について

ソフトウェア開発を行うには、開発を行える環境を準備する必要があります。この時に使用されるのが、統合開発環境と呼ばれるプログラミング環境です。

この記事では、ソフトウェア開発を行う際に使用するおすすめの統合開発環境を紹介し、どのようにソフトウェア開発を行なっていくのかを解説していきたいと思います。

ソフトウェア開発に欠かせない統合開発環境とは

ソフトウェア開発では、テキストエディタを使ってソースコードを書き、コンパイラを使ってコンパイルをして、デバッガを使ってデバッグをする、といったように一つの作業に対して、一つのソフトウェアを必要としていました。

しかし、これらをバラバラに行なっていると非常に効率が悪く、一部の人に負担がかかってしまいます。

そのため、ソフトウェア開発の負担を軽減させようと様々な開発環境が作られており、そのうちの一つが統合開発環境です。

統合開発環境では、テキストエディタやコンパイラ、デバッガが一つにまとめられており、これらの作業を1つのソフトウェアで行えるようになりました。

統合開発環境のメリット

統合開発環境の最大のメリットは、ソフトウェア開発に必要なソフトウェアをバラバラに準備する必要がないという点です。

さらに、

・自動入力補完

・構文チェック

なども用意されています。

おすすめ有料統合開発環境

統合開発環境には、有料のものと無料のものがいくつもあります。

有料の統合開発環境で人気なのは、

・IntelliJ IDEA

・Visual Studio

があります。

IntelliJ IDEA

IntelliJはJavaの開発をサポートするために作られたIDEです。

現在では、Java以外の言語に対応しており、KotlinやScala、Python、Rubyなどでも使用可能です。

IntelliJの魅力は、コードを書いている時の自動補完機能です。

他のIDEでも自動補完機能はついていますが、IntelliJの通常の補完機能のほかに、文脈や使用頻度を考慮して補完してくれる、スマート補完機能がついています。

スマート補完機能によって、よりスムーズにコードを書いていくことが可能です。

Visual Studio

Visual StudioはMicrosoftが開発したIDEです。

windowsでもMacでも使用することができますが、Mac版ではwindowsのソフトウェアを作成することができないので、注意が必要です。

Visual Studioの特徴は、Xamarinと呼ばれる機能を使うことで、クロスプラットフォームアプリの作成が可能な点です。

クロスプラットフォームアプリの開発とは、iOSやAndroid、webアプリなど異なる環境でも同じように動作するアプリのことを指しています。

クロスプラットフォームでの作成が可能になると、ソフトウェア開発の手間が半減されます。

おすすめ無料統合開発環境

無料で使用することができる統合開発環境には、

・Eclipse

・Xcode

・Android Studio

などが挙げられます。

Eclipse

EclipseはJavaの開発環境サポートのために使用されるIDEです。

Eclipseを導入すれば、すぐにJavaの開発を行うことができますが、プラグインを導入することでその他の言語での開発も可能になります。

Eclipseではコード編集をより効率化するための、構文エラーの表示や自動でインポート文の追加、クラスパスなどの機能がついています。

Xcode

Xcodeとは、Apple社が開発・リリースしているIDEです。

Apple製品のソフトウェア開発を行うには、Xcodeが必要不可欠です。

Xcodeはコードの補完はもちろん、現在編集しているファイルと関連性の高いファイルを自動で表示してくれたり、画面の部品をドラッグ&ドロップでコードと関連づけることができるなど、コード編集機能が強力です。

Android Studio

Android StudioはGoogleの公式開発ツールです。

Androidアプリの開発を行うのであれば、Android Studioの使用がおすすめです。

AndroidアプリはiPhoneアプリ数を超えており、世界で最も多いスマホアプリです。

そのため、Androidアプリ制作が可能となれば、ソフトウェア開発案件の獲得も期待できます。

Android Studioを使ったソフトウェア開発方法は、web上にも多くの情報があるため初心者にもおすすめです。

有料版と無料版、どちらがいいか?

個人でのソフトウェア開発であれば、無料版で十分と言えます。

有料版では、

・追加のプログラミング言語の導入

・詳細なサポート

・商用利用

などが可能となります。

まずは無料版でソフトウェア開発を進め、必要に応じて有料版に切り替えるのがいいですね。

ソフトウェア開発の手順

ここまででおすすめの統合開発環境をいくつか紹介してきました。

ここからは実際にどのようにソフトウェア開発を進めていくかをお伝えしていきたいと思います。

要件定義

まずは要件定義でどのようなシステムを開発するのか、どういった性能が必要なのかを明確にしていきます

要件定義では、要件定義書と呼ばれるものを作成し、現在の業務プロセスを把握し、顧客側と開発側の役割分担、必要業務タスクを明らかにします。

その後、新業務プロセスを作成し、予算や実現性などから今回のシステムに盛り込む内容と盛り込まない内容を明確化します。

外部設計

外部設計では、ソフトウェアやシステムを外から見た時に、どのように作動させるかを決めていきます

この時に、要件定義で作成した要件定義書を元にユーザー向けの仕様を設計していきます。

内部設計

内部設計では、外部設計を元に、ソフトウェアやシステム内部の構造を設計していきます

システムの機能やデータベース機能、プログラムが作られるまでの具体的な開発工程を考えていきます。

コーディング

外部・内部設計を元に、コーディングを進めていきます。

ここでソフトウェアやシステムの形を作っていき、ソフトウェア開発で最も重要になる部分です。

テスト

コーディングが終了後、テストを行なっていきます。

テストには、単体テスト、結合テスト、システムテスト、運用テストと4つのテストがあります。

単体テストでは、モジュールごとにテストを行い、各モジュールで問題がなければ、ソフトウェア全体の動作を確認する結合テストに移ります。

その後、ユーザーが求めている機能や仕様を確認するシステムテスト、実際にユーザーが使用する環境下で動作を確認する運用テストでバグや不備がないかをチェックしていきます。

全てのテストをクリアできれば、無事ソフトウェアの完成となります。

ソフトウェア開発の個別指導なら『Tech Teacher』

引用元:Tech Teacher

このBlogを運営するTech Teacherは、ソフトウェア開発をする社会人を対象に、初心者から挫折した人まで、一人ひとりの目的や学習状況にあわせた個別指導を行っています。

また、オンライン指導も選べるので、自宅でも対面でも受講できます。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導で着実に身につく!

Tech Teacherでは専任の教師が完全マンツーマン指導を行います。
学習状況や目標をしっかり把握した教師が、生徒様のご要望もふまえながら最適なオーダーメイドの指導をご提供します。

お仕事と両立しながら続けられる!

Tech Teacherなら、受講日時や回数を生徒様のご都合に合わせて柔軟に調整することができます。
そのため、お仕事との両立がしやすく、プログラミング学習を継続的に学習することができます。忙しい合間にプログラミングを学びたいという方におすすめです。

授業料は受けた分だけ!

Tech Teacherでは、生徒様が受けた授業の時間分だけ後払いで請求させていただきます。そのため、気軽にプログラミングの学習を始めることができます

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

この記事では、おすすめの統合開発環境について紹介し、実際にソフトウェア開発を行う流れについて解説をしました。

統合開発環境を使用することで、効率良くソフトウェア開発を行うことができます。

統合開発環境はご自分が使用する言語によって使用するものが多少変わってきますが、プラグインなどを使用すれば、どの言語も扱うことができます。

また独学でソフトウェア開発を考えている場合には、書籍のサンプルコードから学び始めるのがおすすめです。

ある程度学び進めたら、実際に自分が作成したいソフトウェアを決め、作成していくことでプログラミングの知識が深まっていきます。

特に独学の場合は、作りたいソフトウェアを決めておかないと挫折することがあるため、具体的な内容を決めておくといいですね。