ソフトウェア開発

ソフトウェア開発におけるWebシステム開発とは?言語や手順を解説

「最近はやりのプログラミングって、実際の現場ではどんな手順で進められているの?」

「ソフトウェア開発に興味があるけど、そもそもソフトウェアって何?」

上記のような疑問をもつ方に向けて、ソフトウェア開発について解説します。また、ソフトウェア開発の中でも、Webシステム開発に必要なプログラミング言語開発手順について紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ソフトウェア開発の概要

まずは、ソフトウェア開発の概要を解説します。そもそもソフトウェアとは何なのか、システム開発とはどう違うのかを確認しましょう。

ソフトウェアの定義

ソフトウェアとはコンピューター上で動作するプログラムです。例えば、Microsoftの「Excel」や「Word」といったデスクトップアプリや、Googleの「Gmail」のようなWebシステムなどがあります。ソフトウェアの特徴は、目に見えないことです。

一方、ソフトウェアの対義語であるハードウェアは、目に見える物理的な機器です。パソコン本体やディスプレイなどが例として挙げられます。

そして、ソフトウェアとハードウェアを体系的に組み合わせて利用するのが「システム」です。

ソフトウェア開発とシステム開発の違い

コンピューター上で動作するプログラムを開発することが、「ソフトウェア開発」です。ソフトウェア開発とよく混同される用語に「システム開発」があります。

ソフトウェア開発とシステム開発とでは、意味の広さに違いがあります。システム開発とは業務の仕組みを改善するためのシステムを開発することです。例えば、小売店で用いるレジシステムや営業が使用する日報システムなどを効率よく扱えるように構築します。

システム開発ではハードウェアの中身にくわえ、業務内容も考慮しなければなりません。システム開発がソフトウェア開発を内包していると考えてもいいでしょう。

ソフトウェア開発の種類3つ

ソフトウェア開発は3種類に分けられます。順に確認しましょう。

①Webシステム開発

「Webシステム開発」では、Webブラウザ上で動くソフトウェアを開発します例えば、GmailのようなメールソフトやAmazonに代表されるECサイトなどです。インターネットの特徴を活かし、パソコン同士の通信やサーバー内での情報管理を可能にします。

また、Webシステムの強みは、インターネット環境があれば利用できる手軽さです。Webブラウザで動かすため、開発には通信技術に関する知識が求められます。

②アプリケーション開発

「アプリケーション開発」では、特定の目的を達成するためにプログラムしたソフトウェアを開発します以下のようなユーザーがおこないたい作業を効率よく実現することを目指します。

・動画編集

・表計算

・チャット

・スケジュール管理

・プレゼンテーション など

ある特定の機能だけをもつソフトウェアだけでなく、複数の機能が搭載されたアプリケーションを開発することもあります。そのため、規模に応じて開発に要する期間やコストはさまざまです。

③組み込みソフトウェア開発

「組み込みソフトウェア開発」では、冷蔵庫や洗濯機などの生活家電から産業用のロボットまで、さまざまな電子機器に埋め込まれるソフトウェアを開発します

近年はIoTの普及もあり、組み込みソフトウェアの需要は増加傾向にあります。しかし、組み込みソフトウェアの開発にはソフトウェアとハードウェア、両方に精通したエンジニアが求められるため、幅広い知識が必要です。

組み込みエンジニアを目指す場合は、C言語やJavaなどのプログラミング言語だけでなく、各ハードウェア機器に関しても理解を深めましょう。

Webシステム開発に必要な開発言語7選

ソフトウェア開発の中でも、Webシステム開発に絞って解説します。まずは、Webシステム開発で使用される言語を確認しましょう。

①HTML

HTMLは「HyperText Markup Language」の略で、エイチティーエムエルと読みます。Webページを作成するための言語で、インターネット上で公開されているWebサイトのほとんどがHTMLで作られています。

②CSS

「Cascading Style Sheets」の略であるCSSは、Webページの文字の色や大きさなどの見た目を設定する言語です。シーエスエスと読みます。

HTMLと組み合わせて使用することで、Webページの装飾を指定できます。HTMLと同様にCSSもWebシステム開発には必須の言語です。

③JavaScript

「JavaScript」は、動きをもたせるためのプログラミング言語です。ジャバスクリプトと読みます。カーソルを合わせるとメニューが開いたり、画像がスライドされたりといったWebサイト上でのアニメーションを表現できます。

④Java

JavaScriptと名前が似ているので、混同されることもある「Java(ジャバ)」ですが、両者はまったく別のプログラミング言語ですWebシステム開発だけでなく、ゲームやAndroidアプリなどの開発にも用いられるJavaは汎用性が高く、人気があります。

⑤PHP

「PHP(ピーエイチピー)」はデータベースと連携できるプログラミング言語で、HTMLに埋め込める点が強みです。Webシステムのひとつであり、多くのWebサイトで採用されている「WordPress」というCMSにもPHPが用いられています。

⑥Ruby

「Ruby」は日本人が開発したプログラミング言語です。ルビーと読みます。決済や予約機能の開発に用いられます。コードがシンプルで、開発もスピーディーにおこなえるため、初心者におすすめの言語のひとつです。

⑦Python

文法がシンプルで読みやすく書きやすいプログラミング言語に「Python(パイソン)」があります。人気の高い言語で、機械学習やアプリケーション開発にも使用されています。

Webシステム開発の手順

Webシステム開発の手順を紹介します。ソフトウェア開発の中でも、Webシステム開発に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

要件定義

「要件定義」では発注者と受注側とが話し合い、開発するWebシステムの仕様を細かく設定します。予算や期間とともにWebシステム開発の目的も明確にし、両者の認識をすり合わせる重要な工程です。

設計

設計は「外部設計」と「内部設計」のふたつに分けられます。外部設計では要件定義で決めた内容に合わせて、ユーザーから見えるWebシステムの外側の部分を設計します。対して、内部設計は成果物の中身であるプログラミングの設計です。

コーディング

「コーディング」の段階では、設計した内容に沿って開発を進めます。内部設計が細部まで練られていれば、コーディングもスムーズです。各プログラミング言語を駆使して、コーディングしましょう。

テスト

コーディングのあとは、開発したプログラムが要件定義通りに動作するかどうか確認するために「テスト」を実施します。

・単体テスト

・結合テスト

・総合テスト など

上記のような複数のテストをおこなうことで、エラーがでた場合でも原因を特定しやすくなります。

リリース

テストまで完了し、問題がなければ「リリース」が可能です。クライアントに成果物を納品します。

保守

リリース後のWebシステムにトラブルが発生することは、珍しくありません。エラーを修正したり、新機能を追加したりといった「保守」の業務があることも覚えておきましょう。

ソフトウェア開発の個別指導なら『Tech Teacher』

引用元:Tech Teacher

このBlogを運営するTech Teacherは、ソフトウェア開発をする社会人を対象に、初心者から挫折した人まで、一人ひとりの目的や学習状況にあわせた個別指導を行っています。

また、オンライン指導も選べるので、自宅でも対面でも受講できます。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導で着実に身につく!

Tech Teacherでは専任の教師が完全マンツーマン指導を行います。
学習状況や目標をしっかり把握した教師が、生徒様のご要望もふまえながら最適なオーダーメイドの指導をご提供します。

お仕事と両立しながら続けられる!

Tech Teacherなら、受講日時や回数を生徒様のご都合に合わせて柔軟に調整することができます。
そのため、お仕事との両立がしやすく、プログラミング学習を継続的に学習することができます。忙しい合間にプログラミングを学びたいという方におすすめです。

授業料は受けた分だけ!

Tech Teacherでは、生徒様が受けた授業の時間分だけ後払いで請求させていただきます。そのため、気軽にプログラミングの学習を始めることができます

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

ソフトウェア開発とは「コンピューター上で動作するプログラムを開発すること」を意味します。ソフトウェア開発は、以下の3種類に分類できます。

・Webシステム開発

・アプリケーション開発

・組み込みソフトウェア開発

ソフトウェア開発の中でもWebシステム開発は、さまざまなプログラミング言語の知識が必要です。また、クライアントと成果物の目的や仕様をすり合わせる場面では、コミュニケーション能力をはじめとするビジネススキルも求められます。

Webシステム開発をおこないたい場合は、書籍やプログラミングスクールなどで必要な知識を身につけてくださいね。