挫折

初心者でも挫折しないために!プログラミングを始める前に知っておきたい挫折原因と解決方法

プログラミングを始めてみたいけれど、
挫折率が高いと聞くし、自分も挫折しそうで不安

このようなお悩みをお持ちの方もいらっしゃいますよね。

この記事では、
・プログラミングの挫折率
・プログラミングで挫折する原因
・挫折しないためのポイント

を紹介いたします。

ぜひ最後までご覧ください!

プログラミングの挫折率はどのくらい?

プログラミングの挫折率は約9割

プログラミングの挫折率は約9割と言われています。

しかし、安心してください!
プログラミングを続けられている人が1割しかいないわけではありません。

多くの人が挫折して、立ち上がるのを繰り返しているのです。
現在プログラマーとして活躍している人でも、何度も挫折していることが多いです。

プログラミングの学習環境は年々整ってきていますし、挫折原因を押さえておけば、挫折しないように学習することは可能です!

プログラミングの挫折原因から紹介いたします!詳しく見ていきましょう!

プログラミングで挫折する3つの原因

始めるまでの環境構築が大変

プログラミング言語によっては、学習を始める前に環境構築が必要です。
コンピュータに関する知識がないと、この準備で数日かかってしまい、コードを書く前にやめてしまった人もいるのではないでしょうか。

プログラミングを始めてみたいけれど、コンピュータについて詳しくないし、不安…
という方には、環境構築が必要ない言語から始めることをおすすめします!

まずはプログラミングの全体像を掴みやすいプログラミングゲームや、ブラウザ上で動くJavaScriptから始めてみましょう。

プログラミング学習がある程度進んできてからであれば、環境構築が必要な言語に挑戦しても理解しやすくなっていると思います。

ただし、プログラミングで作りたいものが明確に決まっている場合は、ほかの言語から始めると遠回りになってしまいます

その場合プログラミングで自分の作りたいものを作るためには、ここで環境構築をするのが近道だと割り切って頑張りましょう。
もし躓いても、環境構築が難しい人がプログラミング学習も苦手なわけではないので諦めないでください!

エラーの解決ができない

プログラミング学習で一番大変なのがエラーの解決です。

つづりを1文字間違えただけでもプログラムは正常に作動しません
どこを間違えているのか自分では気づけないこともあります。
エラーの解決方法を検索しても、自分の状況にぴったり当てはまる回答がないこともあります。

特に、マイナーな言語だと情報が得られにくいです

1つのエラーが解決できないまま時間が過ぎてしまうとやる気もなくなってしまいますよね。

プログラミング学習にエラーはつきものなだけに、挫折する原因になりやすいです。

モチベーションが続かない

プログラミング学習には終わりがありません。
ある程度できるようになるまでにも、多くの学習時間が必要です。
そのため、途中でモチベーションが続かなくなってしまうことがあります。

先ほど確認した開発環境の構築やエラーなどの壁にぶつかると、学習の楽しさも半減してしまいますよね。

なんとなくプログラミングスキルが必要になりそうだと考えて学習を始めても、具体的なゴールがないとモチベーションは続きません

これらがプログラミングで挫折してしまう原因です。

挫折しないためのポイント

次に挫折しないためのポイントを見ていきましょう!

学習目標を明確にする

プログラミング学習で重要なことの一つは、目標を明確にすることです。

自分の作りたいものやどうなりたいのかといった目標がないと、モチベーションが続かずに挫折してしまいます。

挫折しないためには、できるだけ具体的に目標を立てることが大切です。

また、目標を立てるときは、すぐに達成できる小さな目標をたくさん立てることがおすすめです。
たとえ小さな目標でも達成することで自信がつきますし、達成感が得られます

できることが増えているのを実感できたら学習が楽しくなりますよね。

質問できる環境を作る

挫折する原因の1つにエラーが解決できないことを挙げました。

これは質問できる環境をつくることで挫折を回避することができます

エラーが出たとき、最初は自分でエラーの原因を考えたり、検索してみたりすることが大切です。
エラーを解決することで成長していきます。

しかし、どれだけ考えてもエラーの原因や解決方法が分からないこともありますよね。

そういうときは、周りの人に質問して教えてもらい、次に進みましょう!
身近にプログラミングを教えてくれる人がいない場合でも大丈夫です。

プログラミングについて質問したら答えてくれる無料のサイトがあります

一番おすすめの方法は、サポートサービスに登録することです。

プログラミングスクールはいつでも質問できるサービスがついているところが多いですし、独学でも質問などのサポートだけを提供しているサービスがあります。

エラーの解決に何時間も費やすのも、解決できずにプログラミング学習自体を挫折してしまうのも勿体ないです。

質問できる環境は整えておきましょう

仲間を見つける

プログラミング学習仲間をつくることも挫折をしないためのポイントです。

お互いに分からないところを教えあったり、進捗状況を報告しあったり。情報交換も気軽にできます

友達が頑張っていたら自分も頑張ろうと思えますよね。

プログラミング初心者向けのサークルやコミュニティは多数存在しています

オンライン勉強会や交流会、ゲスト講師を招いたセミナー開催など様々なイベントが開催されています

多くのプログラミング初心者は仲間を探しているので、人脈を広げるのは難しいことではありません

同じように勉強している仲間がいればモチベーションが維持できますし、簡単に学習を辞めにくくなります

仲間を見つけて楽しみながら学習を続けましょう!

挫折しないためのおすすめの学習方法

プログラミングの家庭教師 Tech Teacher


引用元:Tech Teacher

本Blogを運営しているプログラミングの家庭教師『Tech Teacher』は、プログラミング初心者でも挫折しないためのサポート体制が整っています!
Tech Teacherは完全マンツーマン指導なので、生徒様一人ひとりに最適な指導を行うことができます。

Tech Teacherでの学習が挫折しにくい理由


学習目標の明確化が可能だから
Tech Teacherは完全マンツーマンの指導なので、生徒様の目的・学習状況・ご要望に合わせて、最適な指導をご提供できます。

専属の家庭教師と相談しながら学習計画を立てるので、相談を通じて学習目標を明確化することができます。
その目標のために必要なプログラミングスキルを生徒様だけの学習計画に沿って効率よく身につけることが可能です。

質問できる環境が整っているから
先生を独り占めできるので、周りの目を気にすることなく分からないことをいつでも質問することが可能です。

指導時間以外でもコミュニケーションツールを使って教師に質問ができるチャットサポートもオプションでご用意しております。

Tech Teacherのさらに詳しい情報は以下のボタンからご覧にいただけます。

まとめ

プログラミング学習で挫折する原因と挫折しないためのポイントについて見てきました。
いかがでしたでしょうか。

これらを押さえておけば、挫折する可能性は大幅に減少するはずです

プログラミング学習を難しく捉えず、楽しみながら続けていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。