学習方法

機械学習関連で就職するには?機械学習エンジニアになる方法を解説!

機械学習を扱う仕事に就きたいならば、機械学習エンジニアを目指すと良いでしょう。本記事では機械学習エンジニアになるための方法を解説します。


本ブログを運営しているTech Teacherは、
プログラミング家庭教師サービスを運営しています。
完全マンツーマン・フルオーダーメイド
あなたが必要な指導を提供します。

機械学習の概要

機械学習とは何なのか基本的な点を説明します。

機械学習とは

機械学習とはAIを実現する技術の一種です。データを与えて学習するシステムを構築します。ビッグデータの収集とビッグデータを処理できるハードウェアの性能向上などが可能になったため、機械学習が注目されました。今では多くの分野で機械学習に基づいたAIが活躍しています。

機械学習ではデータを与えて規則性を見つけ出してモデルを構築することで予測や判断させることが可能です。人間には不可能なレベルで精度の高い予測ができます。製造業や小売業、医療、金融サービスなどあらゆる分野で機械学習が応用されているのです。

機械学習を扱うために必要なスキル

機械学習を扱うためには以下のスキルが必要になります。

  • プログラミングスキル
  • ハードウェアやデータベースの知識
  • 数学・統計学の知識

機械学習を実装するためにプログラミングスキルは必要不可欠です。機械学習のアルゴリズムを構築するためには数学や統計学の知識が求められます。また、機械学習のためのデータを扱うためにハードウェアやデータベースの知識も重要です。

機械学習を扱う仕事に就きたいならば、上記の知識やスキルを身につけましょう。

機械学習エンジニアの概要

機械学習エンジニアについて詳しく説明します。

機械学習エンジニア

年収

機械学習エンジニアの年収のデータとして、dodaエージェントサービスが発表している2020年9月〜2021年8月の年収データを紹介します。ただし、機械学習エンジニアそのものの年収データはないため、業務内容が似ているデータサイエンティストの年収を紹介します。

dodaのデータによるとデータサイエンティストの平均年収は512万円でした。男性は525万円、女性は453万円です。年代別では20代が427万円、30代が598万円、40代が729万円になっています。

IT/通信の平均年収データは438万円でした。したがって、データサイエンティストの平均年収は平均を大きく上回ります。機械学習エンジニアの年収も高い水準にあると予測できるでしょう。

就職事情

現在、機械学習はブームになっていて、多くの案件が出ています。需要が非常に高く、多くの企業が求人を出して機械学習エンジニアを求めている状況です。したがって、就職事情はとても良い状況であり、好条件で仕事に就ける可能性が高いといえます。

機械学習エンジニアは需要が高いのですが、人材が不足しているのが現状です。そもそも、日本はITエンジニアの数が不足していて、機械学習に対応できる人材はあまりいません。そのため、機械学習が未経験のITエンジニアであっても採用される可能性は高いです。

求人サイトをチェックすれば未経験でも応募できる機械学習エンジニアの求人を見つけられます。今後も機械学習の需要は高いと予想されているため、就職事情は良い状況が続くでしょう。

市場規模

「Report Ocean」が発表したデータによると機械学習の市場規模は2021年度で25億ドルでした。日本円に換算すると約3,375億円(1ドル135円)です。また、2030年までには1,210億ドルにまで市場規模が成長すると予測されています。

世界的なハイテク企業が機械学習に力を入れています。機械学習に関連した新しいデジタル製品やサービスが次々と立ち上げられていて、今後は加速するでしょう。そのため、将来的に機械学習の市場規模は大幅に拡大すると考えられています。

地域別では特に北米で拡大していき、中国や日本、韓国など東アジアでも大きく成長していくと予測されているのです。

【結論】機械エンジニアへの就職はおすすめ

機械エンジニアに就職するのはおすすめなのか解説します。

機械学習エンジニアの将来性は高い

機械学習の需要は高まっているため、機械学習エンジニアが求められています。機械学習の開発に対応できるエンジニアが少ないため、多くの企業が求人をだしているのが現状です。自社内で機械学習に対応できるエンジニアが少ないため、即戦力として活躍できる機械学習エンジニアは特に重宝されます。

そして、機械学習の需要は今後も高まると予測されているのです。機械学習によって、既存のサービスの質を高めるだけではなく、新しい価値の創造も実現できます。機械学習を実装したAIはさまざまな分野の問題に対応できるため、多くの企業がこれから機械学習による開発に着手するでしょう。

機械学習エンジニアの将来性は高く、今後も必要とされる存在になります。機械学習の開発に対応できるスキルや実績を持っているならば、引く手あまたの存在になれるでしょう。

未経験から機械学習エンジニアを目指すことは可能

これから機械学習エンジニアとして就職したいならば、未経験から目指すこともできます。そもそも機械学習エンジニアの人材が不足している状況のため、企業は未経験の人材でも採用しようとするためです。

今から独学で機械学習の開発に必要なスキルや知識を身につけましょう。そうすれば、未経験であっても採用してくれる企業はあります。非エンジニアであっても、機械学習やプログラミングなどの学習を進めれば、将来的には未経験から機械学習を扱う仕事に就ける可能性はあるのです。

機械学習エンジニアの待遇は良い

今よりも高待遇な仕事に就きたいと考えている人には、機械学習エンジニアはおすすめです。需要が高く人手不足が続いているため、企業は機械学習エンジニアを採用するために高待遇を提示しています交渉すれば待遇を高められる余地もあるのです。

年収水準が高いため、高収入の仕事に就きたい人にとって機械学習エンジニアは魅力的な仕事といえます。

機械学習エンジニアへの就職はおすすめ

以下の理由から機械学習エンジニアへの就職はおすすめです。

  • 将来性が高い
  • 未経験可の求人もある
  • 待遇が良い

これから機械学習エンジニアを目指すことはおすすめの選択といえます。

機械エンジニアになるための学習

機械学習エンジニアになるためにはさまざまな知識やスキルを学ぶ必要があります。未経験の人が学習した方が良い内容は以下の通りです。

  • プログラミング言語
  • ライブラリやフレームワーク
  • 機械学習
  • 数学・統計学
  • データベースやクラウド

機械学習が可能なプログラミング言語はたくさんあります。その中でもおすすめはPythonです。文法構造がシンプルで初心者でも学びやすくなっています。また、機械学習に便利なライブラリが揃っていて、効率よく開発を進められるのもメリットです。

プログラミング言語の基本的な文法に加えてライブラリやフレームワークの使い方を学びましょう。機械学習関連のライブラリは豊富にあるため、それぞれの基本的な利用方法を確認すると良いです。

機械学習を実装するためには数学や統計学の知識も求められます。大学教養レベルの内容で十分なため、初学者向けの書籍を読んで勉強しましょう。

さらに、データベースやクラウドなどの知識も学んでおくと便利です。実際に開発を進める際に必要になる場面があります。

以上の知識やスキルを身につけて、実際に機械学習を実装したAIの開発経験を積み重ねることで、機械学習エンジニアになれるでしょう。

「Tech Teacherで!~家庭教師ならではの3つの魅力~」

『Tech Teacher』3つの魅力

魅力1. オーダーメイドのカリキュラ

『Tech Teacher』では、決められたカリキュラムがなくオーダーメイドでカリキュラムを組んでいます。「質問だけしたい」「相談相手が欲しい」等のご要望も実現できます。

    魅力2. 担当教師によるマンツーマン指導

    Tech Teacherでは完全マンツーマン指導で目標達成までサポートします。
    東京大学を始めとする難関大学の理系学生・院生・博士の教師がが1対1で、丁寧に指導しています。
    そのため、理解できない箇所は何度も分かるまで説明を受けることができます。

    魅力3. 3,960円/30分で必要な分だけ受講

    Tech Teacherでは、授業を受けた分だけ後払いの「従量課金制」を採用しているので、必要な分だけ授業を受講することができます。また、初期費用は入会金22,000円のみです一般的なプログラミングスクールとは異なり、多額な初期費用がかからないため、気軽に学習を始めることができます。

    まとめ

    ・魅力1. 担当教師によるマンツーマン指導

    ・魅力2. オーダーメイドのカリキュラム

    ・魅力3. 3,960円/30分で必要な分だけ受講

    質問のみのお問い合わせも受け付けております。

    まとめ

    機械学習エンジニアは市場価値があり将来性も期待できます。非エンジニアの方は本記事を参考にして機械学習エンジニアを目指してください。