AI

機械学習を自動化する方法は?基礎を学びツールを使うと導入できる

機械学習を自社に導入する場合、その作業を自動化できれば業務の効率化は進みます。

しかし、そもそも機械学習の自動化がどのようなもので、導入する方法もいまいち理解できていない方も多いはずです。

そこで本記事では、機械学習の自動化の概要とメリット、代表的なツールを紹介し、機械学習に必要な知識の習得方法について紹介します。

これから自社に機械学習の導入を考えている方は、自動化も視野に入れておいて損はないため、最後までご覧ください。

機械学習の自動化とは?

機械学習の自動化とは、Automated Machine Learningとも呼ばれており、機械学習の一部を自動化する方法です。AutoMLとも表現されます。

機械学習は以下のような流れで実行されます。

  1. 仮説の定義
  2. データの収集
  3. データの加工
  4. 特微量設計
  5. モデルの生成
  6. モデルの運用

上記の流れの中でもデータの収集までは人の手で実行しなければなりませんが、機械学習を自動化するとデータの加工からモデルの運用まで自動で実行してくれます。

そのため、AutoMLは機械学習の大部分を自動化する方法のことを指します。

機械学習を自動化するメリット

機械学習を自動化すると、業務が効率化できるだけでなく、他にもメリットがあります。

機械学習を自動化するメリットは主に以下の3つです。

  • 専門家が必要ない
  • 企業内のみで機械学習を導入できる
  • 構築し、導入までが早い

それぞれのメリットを簡単に解説します。

専門家が必要ない

機械学習の工程を全て人の手で実行するためには、データサイエンティストと呼ばれる専門家が必要です。

専門的なプログラミングの知識や統計、数学の知識を有している専門家が機械学習を構築しています。

しかし、機械学習の自動化を導入すると専門家が機械学習を構築する必要はありません

仮説の定義やデータの収集は専門家でなくても実行できるため、専門家がいなくても機械学習の工程を最後まで実行できるのです。

企業内のみで機械学習を導入できる

機械学習の自動化の構築は、ツールを使えばすぐに導入できます。

そのため、専門家を採用したり、外部企業に業務委託をしたりという作業が必要ありません。

機械学習の基礎知識と仮説の定義、データ収集さえできれば、その後の工程は自動化できるので、自社のみでの開発が可能となります。

注意しなければならないのは、機械学習のすべての工程が自動化できるわけではないので、全くの素人が構築し、分析できるわけではないという点です。

ある程度の知識を有した人材が必要となることは理解しておきましょう。

構築し、導入までが早い

機械学習を一から構築するためには、仮説の定義、データ取集からモデルの運用まで多くの時間を要します。

しかし、機械学習の一部の工程を自動化できれば構築も早いため、導入もスムーズです。

そのため、機械学習を導入しようと検討してから実際に運用するまでの期間を大幅に短縮できます。

導入の期間を短縮できれば、時間的なコストも大幅に削減できるため、企業にとっては機械学習の自動化を取り入れるメリットは大きいでしょう。

機械学習を自動化させる代表的なツール

機械学習を自動化させるためには、既存のツールを使う方法が一般的です。

自動化させるためのシステムを開発するためには、莫大な時間を要するため、ツールを使い構築の手間を省く方法がおすすめです。

今回は、たくさんの機械学習を自動化させるためのツールの中でも最も導入しやすいツールを紹介します。

AutoML Tables

AutoML Tablesは、IT企業でも最大手のGoogleが提供している機械学習の自動化ツールです。

AutoML Tablesは、機械学習の中でも教師付きの学習ツールです。

機械学習の教師付き学習とは、一つの参考となるサンプルデータを入力し、そのデータを元に学習を開始し、モデルを生成します。

例えば、既存の顧客データを参考にし、どのような新規顧客をターゲットとすると売上が上がるかなどのマーケティングに活用します。

AutoML Tablesは、収集したデータを表に入力することで、モデルの作成を自動で実行してくれます。

料金は、使用する時間により変動しますが、機械学習の基礎さえ理解しておけば、簡単に操作できるメリットがあります。

AutoML Tablesのホームページより使い方や料金の詳細が記載されているので参考にされてください。

AutoML Tablesのホームページ

機械学習を自動化させる流れ

機械学習の自動化を導入する場合の流れは、以下の4ステップです。

  1. 仮説と問題点を定義する
  2. データを収集する
  3. ツールにデータ打ち込み、モデルを作成する
  4. 作成されたモデルを参考に、分析する

仮説の定義とデータの収集は人力での実行が必須です。仮説や問題点を定義しないと、結果の解釈が難しくなるため、事前に準備しておきます。

仮説や問題点からデータを収集し、自動化ツールにデータを入力します。

自動化ツールより生成された結果を元に、分析し、事前に準備しておいた仮説や問題点と照らし合わせて、機械学習の自動化は完了です。

特別に必要な知識は必要ありませんが、機械学習の基礎知識や分析、統計の知識は必須です。

機械学習を自動化させるために必要な知識

機械学習の自動化はツールを使えば、誰でも導入できるとされていますが、知識が不要というわけではありません。

ここでは、機械学習の自動化を導入するために必要な知識を以下の2つにわけて紹介します。

  • 機械学習の基礎知識
  • 統計や分析能力

それぞれの詳細を解説します。

機械学習の基礎知識

機械学習の自動化は、ツールを使用すれば、機械学習の知識は必要ないと思われるかもしれませんが、基礎知識は必要です。

どのような流れで機械学習が行われるかを理解し、結果を解釈するためには知識が必要となるためです。

例えば、機械学習に使われているプログラミング言語であるPythonの簡単な記述方法やデータの入力方法などは理解しておかないとツールは使用できません。

上記のように、機械学習の自動化を導入するためには、基本的な知識が必要となることは理解しておかないといけません。

統計・分析能力

機械学習の一部の工程を自動化できますが、データの収集や結果の分析は人の手で作業しなければなりません。

そのため、データを統計する能力や機械学習の結果を分析する能力は必須です。

特に、機械学習の自動化ツールより抽出された結果を分析し、運用する知識がなければ、機械学習を用いても意味がありません。

ただ、自動化ツールを導入するだけでなく、結果を分析し、運用する能力も開発しておく必要があるでしょう。

機械学習を学ぶ方法

機械学習の自動化ツールを導入する前に、機械学習の基礎知識を習得しておきましょう。

機械学習を学ぶ方法は、主に以下の3つがあります。

  • 独学
  • 専門学校
  • スクールや家庭教師

自社で機械学習の知識を習得させる人材を教育する場合には、専門学校の選択肢はありません。

そのため、独学スクールや家庭教師を活用する方法が最適です。

独学

機械学習の知識は独学でも習得できる可能性はあります。

今では、動画サービスやネットから情報を手に入れられるためです。

独学で学べば、時間に縛られることなく、ゆっくり勉強できるでしょう。

しかし、独学では必要な知識を分別し、効率よく学ぶことは難しいため、習得まで時間が掛かります。

機械学習の自動化を導入するための知識を習得するためには、独学は向かないかもしれません。

スクールや家庭教師

自社で仕事をしながら、機械学習を学ぶのであればプログラミングスクールや家庭教師が最適な選択となるでしょう。

今はオンラインで学べるスクールや家庭教師も多いため、終業後に学習することも可能だからです。

特に、家庭教師を活用できれば、完全に在宅で学べるうえにマンツーマンが基本となるので、機械学習の習得までの時間を短縮できます。

自社で機械学習の知識を有した人材を教育していく場合には、スクールや家庭教師の受講を検討しましょう。

機械学習の個別指導なら『Tech Teacher』

引用元:Tech Teacher

このBlogを運営するTech Teacherは、機械学習を学習する社会人を対象に、初心者から挫折した人まで、一人ひとりの目的や学習状況にあわせた個別指導を行っています。

また、オンライン指導も選べるので、自宅でも対面でも受講できます。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導で着実に身につく!

Tech Teacherでは専任の教師が完全マンツーマン指導を行います。
学習状況や目標をしっかり把握した教師が、生徒様のご要望もふまえながら最適なオーダーメイドの指導をご提供します。

お仕事と両立しながら続けられる!

Tech Teacherなら、受講日時や回数を生徒様のご都合に合わせて柔軟に調整することができます。
そのため、お仕事との両立がしやすく、プログラミング学習を継続的に学習することができます。忙しい合間にプログラミングを学びたいという方におすすめです。

授業料は受けた分だけ!

Tech Teacherでは、生徒様が受けた授業の時間分だけ後払いで請求させていただきます。そのため、気軽にプログラミングの学習を始めることができます

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

機械学習の自動化は、これからも進歩していく技術です。そのため、今のうちに自社へ導入できれば、業務を効率化し、コスト削減にも繋がるでしょう。

しかし、機械学習の自動化を導入するためには、基礎知識を有した人材が必要です。機械学習の基礎知識を有した人材がいなければ、スクールや家庭教師の受講を検討しましょう。

Tech Teacherでも機械学習の基礎を学べますので、一度資料請求、もしくは無料体験にお越しください。

機械学習の自動化を導入し、業務を効率化し、新しい事業へ投資していきましょう。