Python

PythonでIT業界の就職をつかもう!将来性と学習方法を解説

IT業界に興味はあるけれど、IT業界についてくわしく知らない方は多いのではないでしょうか?ITなんて聞くと難しそうですよね。この記事ではIT業界への就職とおすすめ言語の学習方法について解説します。IT業界への就職に興味がある方はぜひ参考にしてくださいね。

IT業界の就職について

エンジニアやプログラマーは未だ足りていません。優秀なエンジニアやプログラマーは引っ張りだこで、年収も高いです。今のうちから学習を始めてIT業界への就職を目指しましょう。

IT業界でも業種により年収に差がある

IT業界の年収は高いです。下記の表は129の業種を年収順にランキングにしたものです。年収1位は航空機操縦士、2位は医師、3位は大学教授です。エンジニアは19位の568万円プログラマーは93位の365万円です。

 

業種 年収
1位 航空機操縦士 1,694万円
2位 医師 1,169万円
3位 大学教授 872万円
19位 システムエンジニア 568万円
93位 プログラマー 365万円

参考元URL:https://clabel.me/occupations

同じITでもエンジニアとプログラマーでは年収に差があります。実は仕事内容が異なるので年収に開きがありますよ。

皆さんが想像しているパソコンにひたすらプログラムを打ち込むのはプログラマーです。

一方、エンジニアはプログラムを組む仕事に加えて仕様書を作成して顧客との対応を行います。プログラマーよりエンジニアの方が仕事の範囲が大きいので、エンジニアの方が年収が高くなります。

参考元URL:https://jna.co.jp/blog/knowledge/3560

IT業界を目指すならITパスポートを取得しよう

就職をする前にITパスポートを取得しましょう。最低限の資格ですが、IT音痴ではないと証明できます。ITの資格としてITパスポートがなぜおすすめかというと、ITの下地になる資格だからです。ITパスポートの取得にかかる時間はITの知識がない方なら50〜60時間です。忙しい就活の中でも取得できる資格ですよ。

大企業では仕事が細分化され企業独自のルールが多いので、資格を持っている人材を欲しがります。一方、ベンチャーでは即戦力を求めていることが多いので実績を重視した採用を行なっています。

資格はないよりある方が就職には有利です。IT業界を目指すならITパスポートを取得しておきましょう。

参考元URL:https://www.kurume-it.ac.jp/future/it-qualification

IT業界で就職するならプログラミングは必須

IT業界にはハードウェア・ソフトウェア・情報処理サービス・インターネットの業種があります。それぞれの業種ではプログラムを組むプログラミングが必要です。IT業界を目指すならプログラミングを学習しましょう。

参考元URL:https://www.manpowerjobnet.com/haken_guide/jobtype/it_type/

プログラマーとして就職を目指そう

卒業後の進路はプログラマーを目指しましょう。プログラマーの仕事内容はエンジニアが作成した仕様書に従ってプログラムを組むことです。プログラムを組むとは、たとえばボタンをクリックすると画面が表示するというようにパソコンに命令を送ることです。

プログラマーの業種にはWeb・アプリ・ゲーム・家電・通信系があります。コンピュータメーカーやソフトウェア開発会社へ就職してプログラマーになりましょう。

参考元URL:https://www.dhw.ac.jp/faculty/game/howtobe2/

次のステップでエンジニアへ進もう

プログラマーとして成長していけばエンジニアを目指せます。エンジニアの仕事内容はプログラムとハードウェアを組み合わせてお客様の求めているシステムを設計することです。エンジニアの仕事はプログラマーがする仕事も含まれているので、エンジニアになると高い収入が望めます

 

お客様が求めているシステムを作るのがエンジニアの仕事です。お客様の要望を聞き出すのが仕事の第一歩なので、お客様とのコミュニケーションは欠かせません。そしてチームメンバーへ的確に指示を出し一緒にシステムを作るのがエンジニアです。エンジニアに何よリも必要なのはコミュニケーション能力ですよ。

参考元URL:https://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/job/list/198/howto/index.html

 

プログラミングを学ぶならPythonがおすすめ

プログラミングを始めるならPythonを学びましょう。PythonはAIで使われていて将来性が高いので高収入が望めます。他の言語に比べて学習がしやすいのもPythonを学ぶメリットです。

Pyhonを学ぶメリット

プログラミングを始めるならPythonを学びましょう。Pythonを学ぶメリットとして以下の点があります。

・年収が高い

・転職しやすい

・将来性が高い

Pythonを使う業種はエンジニアの中でも年収が高くなります。年収順ではPythonは3位ですね。

 

年収中央値(万円) 最大年収提示(万円) 求人数(件)
1位 Go 600 1,600 2,202
2位 Scala 600 1,300 1,489
3位 Python 575.1 1,499 9,344

参考文献:ビズリーチ

1位のGoはCの置き換え言語です。GoはOSシステムで使われていて、Webサーバーの構築やアプリの開発ができます。世界的に人気な言語なので1位になっていますね。2位のScalaはセキュリティの高い言語でTwitterなどで使われています。使える人が少ないので年収は高いです。

3位のPythonは少ないコードでプログラムが書けてコードが読みやすいのが特徴です。AI、ゲーム、Webアプリケーションの開発をすることができます。

例えば、YouTubeやInstagram、PinterestなどのWebアプリケーションはPythonで動いています。

Pythonはデータ分析やAIでも使われています。AIは今後さらに需要が増す領域なので将来性は高いです。将来性が高いので求人数が多く転職がしやすいのもPythonを学ぶメリットですよ。

Javascriptとの比較

Web系の言語で有名なJavascriptとPythonを比較してみましょう。

Python Javascript
難易度 簡単 難しい
人気ランキング 2位 7位
活用分野 機械学習
データ分析AIの開発
Web開発

引用元URL:https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/2106/09/news058.html

プログラミング言語人気ランキングではPythonは2位、Javascriptは7位です。JavascriptはHTMLやCSSの学習も必要です。Javascriptだけではこと足りないのでJavasriptが難しい言語です。

PythonならPythonの学習だけすれば事足ります。JavascriptはWeb開発で必須の言語と言えるのですが、すでに多くの開発が行われてきました。PythonはAI開発に必要な言語であり今後ますます必要になる言語です。

これから学習するならPythonがおすすめです。学習がしやすく今後さらに需要のある分野だからです。Pythonを学習をして他に代わることのできない人材になって就職を有利に進めましょう

参考元URL:https://miyabikno-jobs.com/comparison-python-js/

PHPとの比較

サーバーサイド言語のPHPと比較してみましょう。

Python PHP
難易度 簡単 簡単
人気ランキング 2位 8位
活用分野 機械学習

データ分析

AIの開発

サーバーサイドの言語
Web開発

引用元URL:https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/2106/09/news058.html

人気ランキングではPythonは2位、PHPは8位です。PythonとPHPはどちらも比較的学習がしやすい言語です。文法がかんたんでコードが短くて済みます。

参考元URL:https://www.sejuku.net/blog/97598

PHPはHTMLに埋め込みWeb開発に使うサーバーサイドの言語です。サーバーサイドでは必須の言語と言えますが今後伸びていく分野とは言えないです。

これから始めるならPythonがおすすめです。Pythonはわかりやすくて初心者が始めても挫折しにくいからです。PHPはWeb開発には長けていますが、Pythonはできることが多いです。PythonはPHPができることはもちろんその他にもデータ分析ディープラーニングAIの開発などもできます。Pythonを学んでますます求められる分野で活躍しましょう。

参考元URL:https://www.fenet.jp/dotnet/column/language/3693/

Pythonを学ぶなら、最初は無料の教材から始めよう

Pythonの学習方法を解説します。まずは無料のもので学習を始めましょう。

最初は無料で学びましょう

無料で学べるものがありますのでまずは無料で勉強を始めましょう。興味があって勉強を始めるのは素晴らしいことです。無料で学べるものは以下の通りです。

・Progate

・ドットインストロール

・Python-izm

・YouTube

Progateはアプリがありますのでスキマ時間に勉強ができておすすめです。Python特化で勉強するならPython-izmですね。

無料のいいところは費用がかからない点にありますが、挫折をしてもリスクがないのが無料学習のメリットです。いきなり有料の教材で始めてみたはいいが、案外勉強が楽しくなかったときに後戻りできませんよね。そうなってしまっては時間がもったいないのでいわゆる「損切り」をするしかなくなります。まずはリスクがない無料のものから始めてみましょう。

本気で目指すなら有料のもので学びましょう

無料の教材をやってみてもっと本気で学びたいなら、有料のものでガッツリ勉強しましょう。下記が有料教材です。

・PyQ月々3,040円(税込)参考元URL:https://pyq.jp/

・テックアカデミー163,900円(税込)

・デイトラ89,800円(税込)

本気で目指すなら有料の教材で学習しましょう。身銭を切るわけですから、後戻りはできません。しっかり学んでプログラマーやエンジニアを目指しましょう。

参考元URL:https://toukei-lab.com/python-learn

Pythonの個別指導なら『Tech Teacher』

引用元:Tech Teacher

このBlogを運営するTech Teacherは、Pythonを学習する社会人を対象に、初心者から挫折した人まで、一人ひとりの目的や学習状況にあわせた個別指導を行っています。

また、オンライン指導も選べるので、自宅でも対面でも受講できます。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導で着実に身につく!

Tech Teacherでは専任の教師が完全マンツーマン指導を行います。
学習状況や目標をしっかり把握した教師が、生徒様のご要望もふまえながら最適なオーダーメイドの指導をご提供します。

お仕事と両立しながら続けられる!

Tech Teacherなら、受講日時や回数を生徒様のご都合に合わせて柔軟に調整することができます。
そのため、お仕事との両立がしやすく、プログラミング学習を継続的に学習することができます。忙しい合間にプログラミングを学びたいという方におすすめです。

授業料は受けた分だけ!

Tech Teacherでは、生徒様が受けた授業の時間分だけ後払いで請求させていただきます。そのため、気軽にプログラミングの学習を始めることができます

以下のボタンからさらに詳しい情報をご覧いただけます。

まとめ

IT業界におけるPythonの有効性について解説しました。

これからプログラミングを始めるならPythonがおすすめです。Pythonを学習してIT業界への就職を目指しましょう。